地球は青い!

ミシャは勝負の世界に不向き

このエントリーをはてなブックマークに追加

体調が悪いので、今日は長々とは書けない。39度の熱が下がらない中で、今日の試合はきつい。

鹿島とセビージャの試合を見たけど、おそらくリーグ戦で何度もやれば、勝ち越すのはセビージャだろう。でも鹿島の勝ち方だった。今日のセレッソも前半は前に出てきた分、打ち合いになったが、我慢すべき所で我慢することが出来たので勝利できた。

対して、浦和は我慢の仕方を知らない。選手任せ。監督はひたすら攻撃側が数的有利の練習ばかりして、満足しているのだから、当然だ。

サッカーは点がなかなか入らないスポーツ。そしてよほどの実力差がなければ、守備の時間帯も来る。そこで我慢できるかどうか、それがチームの強さ。前のドルトムント戦も私、言ったよね。競り合った展開で、あっさりとやられる、勝負強さとはそういう所だ。

何か、ドルトムント戦で監督含めて手応えを感じていたようだけど、だから今日のような試合展開になるんじゃないの。あの試合でピックアップすべきは、結局競り負けたこと。相手がビッグとかそんなの関係ない。どこをピックアップして物事を考え、取り組むかで状況は変わる。浦和が甘い、監督も含めて、それが発言にも如実に表れる。

監督は何を勘違いしているのか分からないが、日本のメディアは結果ばかりって、当たり前だよ。そういう勝負をしてるんだもの。わずか1チームにしか与えられないタイトルを目指して、クラブは戦う。内容を見てくれって、この失点ばかりのどこを見ればいいのか。ドルトムント戦だって、内容は良くはない。

今年も人件費はトップクラス。ミシャは何故監督として、お金をもらえているのか。選手も同じ。サポーターがついて、スポンサーがつくからでしょ。この世界は残念ながら2位では評価されないのよ。光を浴びるのは勝った方。何のために攻撃の戦術を練習しているのか、勝つためでしょ。マスコミじゃなくても、サポーターは勝てなくなれば離れる、勝てなければスポンサーもいつまでも付いていない。宣伝効果も薄くなってくるからね。

ミシャ、みんなスポーツは勝負をしている。それが嫌なのであれば、次は草サッカーの監督でもやればいい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

遊ばれ続けた90分を経て【赤い日々】

『グランパス』VS 京都戦~過去の亡霊~【赤の血潮と、青の魂】

【鹿島】 vs セビージャ。Jリーグに鹿島あり。【常勝紅鹿】

中断期間にあたり【ゆるゆるレッズサポ】

乗っかってるのはサポではなく、選手達ですよ【サッカーバカのブログ】

鈴木啓太引退試合 ~角田修一引退試合~【浦和な生活】

【浦和レッズ】ウラワの歓喜【スポーツが好き過ぎて】

赤い同窓会-ー浦和レッズのアイデンティティー【地球は青い!】

ブロガープロフィール

profile-iconredine

ほぼ浦和レッズブログです。

スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。

サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・
よくどこのポジションと聞かれるのですが、サッカーずっとやっているとGK以外大体のポジションは経験するので、いつも返答に困ります。当時中村俊輔と田中達也に憧れ、真似てました。

ちなみに、高校時代にサンフレのユースと対戦したことがあり、柏木選手たちもいました。なんやかんや、同い年です。
  • 昨日のページビュー:115
  • 累計のページビュー:2338267

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss