地球は青い!

浦和は今後のことを考え始めるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合を重ねる毎に内容が悪くなっている。ただ、やられ方、失点は同じような感じだ。 練習で取り組んでいること、チームとしてもっている共通認識、メンバー、全て変わらずに進んでいるのだから、まあ当然だろう。

しかし、色々な観点から、磐田戦のこの負け方は重いよ。浦和というクラブとして、重く受け止めるべき試合だった。 そして、今後のことも考えていかなければならないレベルのものだと思うよ。

磐田は浦和の弱点を突いてきた。清水戦を見ているようだった。前線の3枚は浦和のビルドアップをさせず、何度も形を変えながら、速い攻撃で浦和の守備陣に的を絞らせない。まあ、あれくらいのプレッシングで回せなくなるようでは浦和のビルドアップもたかが知れている。何年同じメンバーでやってきている?どれだけの時をその練習に費やしている?申し訳ないが、それで対策を練ってきたチームには何もできないのか。ならば、もう辞めてしまえ。6年目なので、何年やっても良くならない。

今季は浦和が例年以上に極端な戦術を取っているので、例年以上に相手は対策を練りやすいだろう。私も浦和とやるときの戦い方のビジョンがはっきりと思い浮かぶ。

すぐに思いつくだけでも・・・、こんな感じか。 まず、システムとしては、相手の3枚に対して2トップの方が良いだろう。さらに両サイドが上がるので、遠藤の両脇がホットスポットだ。後ろは3枚にして両サイドを中盤で見て、関根と駒井には必ず2枚付けること。興梠にはファールで良いので、前を向かせない。今の浦和は興梠のワンマンチームで、そこで起点を作らせなければ、縦のロングパスかサイドでの強引な仕掛けに絞られる。あとは全体をコンパクトにして、柏木に入ったときにボランチと前線で挟み込む。彼はフリーの状態でなければ、縦パスは入らない、またロストも多い。また、速攻に移れず、遅攻になったときは慌てず後ろから組み立てれば良い。浦和はラインを一旦下げる。が、浦和の守備時の2ラインはバランスが悪く、バイタルが空きやすいので、そこに選手が入っていくこと、また、2列目からの飛び出しには特に浦和の中盤はボールウオッチャーになりやすい傾向があるので、バイタルに入れた後、必ず裏への抜け出しを行うこと。

まあ、主な対策としてはまずボール奪取からの速攻と浦和の後ろ4枚でのパス回しの前からの追い込み方に重点に置くかな。 おそらく、これで浦和は苦戦する。

話を戻そう。 2-1で勝っている状況で森脇のアダイウトンとの距離感はDFとしては失格だ。相手のスピードを考えた間合いが必要。柏木の失い方も酷すぎたが、森脇のポジショニングも酷い。2失点目に関しては西川はあそこでどうなろうが、結局1対1を作られていただろうし、あれに関しては浦和全体の問題。そしてここまで来ていまだに解決されないのだから、選手主導の守備での限界なのだろう。ちなみに、1失点目は100%GK責任だ。西川はまだ日本代表から漏れた理由を知らないのかな。そう思われても仕方のない今日のプレーの数々だった。本来であれば、榎本に代えて、チーム内で競争をもたらすところだが、ペトロビッチならばそれは間違いなくやらないだろう。それが長期的に見て、良くないことなのは、海外含めて、これまでのサッカーの歴史を見れば、明らかなのだが・・・。

そしてそれを言い始めれば、宇賀神を何故今日スタートで使ったのか、何故遠藤だったのか。明らかに最初からボールが足についていなかった。実力が同じであれば、今までの選手を変えない、という昨日の監督の言葉にまた唖然とさせられた。これじゃあ、チームに好循環は生まれない。実力が同じで、試合にたまにしか出させてくれなければ、ずっと溶け込めず、その持っているであろう同じ実力さえ、出し切れずに終わる。それが今の控え組なのではないか。それで天皇杯やナビスコでポッと出して、ほらダメだろう、と。結局いつものメンバーなんだよって。私のサッカーはオーケストラのようなものだから、なじむには時間が必要だ?オーケストラで一緒にやっている時間が極端に違うのに、馴染むころには浦和にはもういないだろう。今の浦和は、血が古くなってきている。ピークは昨年だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

《セレッソ》時には開き直ってみても【南大阪に吹くマリンの風】

2017 J1 リーグ 第15節 札幌戦 アツタカ【アントラーズ晴れ時々曇り】

【弱気は最大の敵】ファジアーノ岡山-FC岐阜(J2第19節 2017/6/17@Cスタ)【すべてはファジのため】

ACLの疲労?いやいや・・・【地球は青い!】

【浦和レッズ】激しく戦った120分!「おかえり、森脇良太」とは。【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

2017ACL R16 2nd 浦和☓済州 熱戦【浦和な生活】

勝つことよりも【赤い日々】

【浦和レッズ】勝ち上がれば良し!【スポーツが好き過ぎて】

ブロガープロフィール

profile-iconredine

ほぼ浦和レッズブログです。

スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。

サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・
よくどこのポジションと聞かれるのですが、サッカーずっとやっているとGK以外大体のポジションは経験するので、いつも返答に困ります。当時中村俊輔と田中達也に憧れ、真似てました。

ちなみに、高校時代にサンフレのユースと対戦したことがあり、柏木選手たちもいました。なんやかんや、同い年です。
  • 昨日のページビュー:48
  • 累計のページビュー:2307926

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss