地球は青い!

ブログは赤い!

redine

ほぼ浦和レッズブログです。 スタートしてもうすぐ10年になる長いブログになってきましたが、もうしばらく続けます(2017年9月現在)。 サッカーはずっとやってましたが、プロの壁は高かったです・・・ よくどこのポジショ もっと見る
  • 昨日のページビュー:1128
  • 累計のページビュー:2312640
  • (11月21日現在)

最新の記事

雌雄は埼玉スタジアムで決する

アウエーで1-1は勝ちに等しい引き分けとは思っていない。有利とも思っていない。 感覚的にはホームへと繋げられた試合という感じだ。ただこれは本当に大きいことなのだ。アルヒラルは強く、しかも中東のアウエーというものはより厳しいもの。それに今日の試合を見ればわかる通り、この試合で結果が決まってしまっていた可能性もあった。それだけにホーム埼スタに雌雄を決する舞台を悪くない形で持ってこられたことは大きい。 ......続きを読む»

活力、勇気がない堀レッズ

スポナビブログが今季限りで終わってしまうので、このブログもここでは終了します。 が、「地球は青い」ブログは場所を変え、続けていこうと考えています。名前はそのままです。 そして、今日の鹿島戦。 前日に意地を見せるとか、言っていた堀監督。今日の内容は意地を見せるとか、とてもそんなものには見えなかった。 戦術云々というより、やはり堀監督になって一番納得がいかないことはサッカーが小さくまとまりすぎてい......続きを読む»

広島戦、「結果的に」勝っただけ

ACL決勝まで、公式戦はあと鹿島戦を残すのみとなった。大事に大事にしていきたい中で、広島戦で槙野のCBをやれたのは大きかった。そして、広島相手であれば問題なく、やれていたと思う。あとは次の鹿島戦でやれれば、今日の最終ラインでGOになるのではないかな。 しかし、別の不安はとても多い。無失点だったことを喜ぶのではなく、失点していた可能性のある場面が2度ないしは3度あったことを反省すべき試合である。うち......続きを読む»

浦和の限界と伸びしろと長澤

いやしかし、ACLを終えて、リーグ戦ももうほぼACL圏内も難しいとなると、試合をここまで落ち着いて見れるとは。客観的に見るとガンバ戦はとても面白い試合だった。 浦和の視点に戻せば、もったいない試合であったと思う。今シーズンはもったいない試合が多く、これだけでどれだけの勝ち点を落としているか。しかし、もったいない試合もここまで続けば、それは紛れもなく、今年の浦和の明確な答えである。このガンバ戦は今年......続きを読む»

ACL、遂に最後まで続く・・・

90分がこんなに長いものなのか。普段は1時間とか2時間なんてあっという間なのに。 ただ、おそらく上海とは何回対戦してもこんな展開、試合になると思う。やはり上海はボールが持てる選手が前線に多く、オスカルとフッキは攻めているときも常に見ておかなければならないので、浦和は攻撃に人数もかけられないし、トーナメントのような固い試合では特にこうなるだろうね。 1stlegの時にも言ったけど、川崎や鹿島より対......続きを読む»

浦和のサッカーから失われた「展開」

上海戦に向け、非常に不安の残る試合であった。やはり、休み明けの浦和はピリッとしない。というより、ピリッとしない入り方をしたのは浦和自身なので、本当に浦和の敵は浦和であり、これが強いチームになれない浦和の緩い部分だ。力のあるチームは開始4分にああいった形の失点はしない、力のあるチームは最後の数分でも決めて勝ち切る。 2週間でどういった準備をしてくるだろうか、と思ったが、その前とはほぼ変わらなかった。......続きを読む»

仙台戦は勝ち点3が合格基準

何とか逃げ切った。今日の失点は2つとも防げたもので、むしろ他に入らなかった仙台の決定機の方が崩された形だったので、サッカーはよく分からないものだ。チャンスはお互いにあったし、両チーム共に守備は緩かったが、最後の崩しの部分で浦和と仙台で、質の差があったように思う。そして、仙台の守備も前の埼スタでの試合程ではないが、やはり中盤高い位置からプレッシングが剥がされた後の対応が中途半端な印象で、守備に関しては......続きを読む»

ACL、物語はまだまだ続く・・・

次の2ndlegに繋がった。悪くない結果で、自分たちの巣へと彼らは戻ってくる。あとは、本当に浦和次第だ。選手だけでなく、クラブに関わるみんな、全員の力次第だよ。 フッキのミドルは凄かったけど、形はどうあれ、無失点は難しいと思っていたし、どこかでどういう形かで、フッキかオスカルにやられるとは思っていた。問題はアウエーゴールを奪えるかどうか、だった。この試合も前半で取れず、ずるずる行くと分からなかった......続きを読む»

鳥栖戦の浦和はプロじゃない

苦しい戦いが続くな。鳥栖戦はまさにそんなことを思わず呟いてしまうような中身と結果だった。シーズン序盤から守備がフワフワしていて、結果も出なくなり、改善できずに監督も代わった時点で苦しいシーズンになることは明らかだった。しかし、修正は難しいのか。 開始直後にまたも先制点を与える。これで何試合連続だろうか。先制点を取った試合をすぐには思い出せない。それだけに浦和の選手たちは注意して入ったであろうが、外......続きを読む»

浦和には今を乗り切る駒が足りない パート2!

天皇杯の鹿島戦、レッズサポには悪いが、あまり勝てるとは思っていなかった。理由は色々あるが、まずチームの完成度云々もそうだし、メンバーを見ても浦和の方が1ランクか2ランクくらいは劣っていたんじゃないかな。前の投稿と連続になるが、メンバーが足りていない。 浦和は興梠のチーム。それ以上でもそれ以下でもなく、彼がいないときはサッカーは変わる。むしろ、今日はよくやった方だと思う。 負けはしたものの、浦和の......続きを読む»

浦和には今を乗り切る駒が足りない

先制点を与えすぎだ。これだけ先制点を与えていれば、そりゃ勝ち点は伸びない。 リズムは取れるようになったし、中盤の動きも増えてきた。しかし、前半をどうしても堪えられない。そしてその多くはセットプレイ。ニアでやられていたので、ニアをケアするようになったら、中央やファーでやられる。よく見ていると、失点にはならなかった場面でも相手に先に前へ入られる場面も多くあり、この辺りはマンマークの限界か。特に今のメン......続きを読む»

ベスト4進出!勝敗を分けたのは・・・

すみません、勝ち上がりの可能性はかなり低いと思っていた。いや、実際低かったと思う。 しかし、川崎に退場者が出たこととその前に興梠が1点を返していたことで可能性はぐっと高くなり、スタジアムもいける、という空気になったし、逆に川崎にとっては不安となっただろう。個人的には特に1点目の興梠の得点の後の退場というのに価値があったと感じている。川崎側の立場なら、1-0で退場と1-1で退場では感じ方が全然違う。......続きを読む»

4-1-4-1は浦和の未来を作れるか

柏戦はなかなか評価の難しい試合だった。私個人の考えを言わせてもらえば、一定の評価はしたい。これは別に開き直っているわけでも何でもない。 正直、敗れた後のブーイングは当然といえば、当然かもしれないが、今日のブーイングは矛先が選手個人に向けられるものであるべき試合だったと思う。個人的には監督がチャレンジをしてきたことに関しては評価したいし、今の苦しいメンバー事情でやれることはやったのではないかと思って......続きを読む»

浦和の模索は続く・・・

結果的に2-2から3-2に出来るチャンスはあったし、どちらが勝ちあがってもおかしくはない試合だったので、あとさらにルヴァンだし、結果はもう深く問わない。欲を言えば、準決勝も若手を入れなければならない大会なので、もう1試合見たかったかな、という感じかな。 ただ、不満が残る点としては、攻撃の改善が見られないこと、シャドーの動きがあまりに少ないこと。矢島に関しては、前半45分ですら引っ張りたくないくらい......続きを読む»

橋岡は浦和の未来!

アウエーでの0-0はアドバンテージとして考えると、良くもないし、かといって悪くもない。そして試合の中身自体は、まさに最近のレッズという内容だった。セレッソもリスクを冒すことなく、前線に複数のタレントがいるわけでもなく、守備を意識する今のレッズにとって0-0は難しいものではなかっただろう。それだけに1点が欲しかったところ。 浦和の守備はここ最近のいつも通りであったが、縦パスに対しては結構激しくいけて......続きを読む»

レッズ浮上のカギはラインコントロール

なんだかんだ、リーグ戦は3連勝。そんな感じはあまりしないけど、3連勝。 また、今日は逆転勝ちってことも良かった。失点を最少失点で抑えたからこそなので、今日の勝利は浦和としては、ある程度達成感のあるものではないかと思う。しかし、清水も良くないね。ビルドアップも縦にあまり入ってこないから恐さがないし、カウンターでの工夫も全く。誠に申し訳ないが、まさに順位が中の下くらいのチームに感じた。 浦和としては......続きを読む»

浦和さー、守備的を履き違えるなよ!

前置きをしておきます。今日はかなり厳しいことを書きます。 正直、川崎に対して、ベスト3に入るくらいやってはいけない戦い方だった。一体分析は誰がして、何故こんなやり方を選んだんだ?川崎の試合の一体、何を見てきたんだ?ミシャ時代よりも腹が立つ試合だった。こんなサッカーやるんだったら、不戦敗でもしておけ。 前から何度も言っているが、川崎は中盤でトライアングルを作って、ミシャの時の浦和以上にショートエリ......続きを読む»

苦戦必至のACL川崎戦、どうしようかね

五分の戦いだった。決定機の数も同じだけあったが、運もあり、勝ち切った。ただ、決定機は同じだけあったものの、浦和の方がチャンスの場面でフリーでのフィニッシュまで持っていけていた一方で、後半の東京は浦和がブロックを作っていたこともあってか、シュートレンジは遠めだった。ポストという結果を見ると運もあったが、2点目を先に崩し切った浦和に軍配が上がったことは勝ちに値していたと評しても良いと思う。 そして、浦......続きを読む»

浦和は泥船なんかじゃない

監督交代後、2試合目。 大宮戦の延長のように感じた試合であった。相手が変わっても良くなった点は継続し、悪かった点もそのまま継続という感じであったと思う。中3日なので、と思われる部分もあるが、私は少しずつ堀監督のチームはこのサッカーの先にあるのではないか、とも感じ始めた。 浦和が1番変わった点は、中盤と後ろの連携。だからこそ、前線からの守備が目立ち、機能する。前から追うことくらいはミシャの時もやっ......続きを読む»

関根移籍?・・・うん、問題なしだ

いやまた急な移籍ですな。最近流行ってるの? でも心配するな浦和サポたちよ、たぶん関根いなくても問題ない。サッカーって形を変えるチームスポーツなんだよ。 もちろんダメージではあるが、それは今の関根仕様になっているサッカーだから。やっぱり誰か上手い選手がいるとどうしてもそこばかり使いたがるようになる。原口の時もそうだった。でもそれが本当に最善なのかは分からない。 それに原口が抜けた時でも持ちこたえ......続きを読む»

浦和、剥がさないといけない固定概念

大宮戦、この試合では何も判断できない。 何故か。 まず、この試合の浦和は今までとは全く異なる戦いをしていた。結局今までのミシャサッカーじゃん、と言われる方もいらっしゃるかもしれないが、同じなのはシステムとビルドアップの手段くらいではなかったか。 基本は守備から入る。いつもより若干プレスが連動していて、ラインは2~3mくらい低かった。特筆すべきはチャレンジした後のカバーが早かったこと。これが相手......続きを読む»

もう一度取り戻そう”浦和レッズ”を

ペトロビッチ監督が解任された。よく遅きに失すなどと言われているが、私はそうでもないと思う。前にも言ったように今年優勝するという選択肢は浦和にはもう大分前にはなかった。浦和が取るべき選択肢は2通りだった。監督そのままで、それなりに良い順位で終わるか、監督を変えて今年を捨てるか。予想と違ったことは、監督そのままで本当に回復の兆しが見えなかったこと。内容は良くはないが、例年通り、それなりの順位の所までは戻......続きを読む»

浦和は過去ではなく、今、目の前を直視せよ

戦前の予想通り厳しいものだった。高さのある札幌にしかもアウエー。上位の安定しているチーム以外は新戦力も加わってきている。みんな前回とは変化しているのだ。浦和が変化を求めなかったが、まわりはみんな変化している。現状維持は衰退と同義だ。浦和の中の時間は昨年で止まっている。 これまで同じことをやって同じように出来たからといって、次も同じになるとは限らない。あの3枚替えも同じだ。前、事なきを得た所でリスキ......続きを読む»

ミシャは勝負の世界に不向き

体調が悪いので、今日は長々とは書けない。39度の熱が下がらない中で、今日の試合はきつい。 鹿島とセビージャの試合を見たけど、おそらくリーグ戦で何度もやれば、勝ち越すのはセビージャだろう。でも鹿島の勝ち方だった。今日のセレッソも前半は前に出てきた分、打ち合いになったが、我慢すべき所で我慢することが出来たので勝利できた。 対して、浦和は我慢の仕方を知らない。選手任せ。監督はひたすら攻撃側が数的有利の......続きを読む»

赤い同窓会-ー浦和レッズのアイデンティティー

本来、「公式戦」でなければ、あまりスタジアムまで行くことはないのだが、今日は行ってきた。今日の昼過ぎまで行くかどうしようか迷ったが、結局行くことにした。だって、鈴木啓太が「同窓会」だって言うから。同窓会だったら、行くしかない。 感想としては、両チームともにサイドを使う意識が高かったけど、距離感が遠く、そこからの展開が乏しかった。寄せも甘く、中盤の切替も遅かったので、攻守共にチグハグだった。 ・ ・......続きを読む»

親善だからでは済まないドルト戦で見えた甘さ

まずこの試合は親善試合で、選手交代をしながら調整をする試合であったので、勝敗や一部の内容にも目をつむるべきであろう。ドルトムントのような個のあるチームはJにはないし、しかも今コンディションが上がり切っていない相手で、監督も新監督だしね。 参考にならない所は多くある。 ただ、それを差し置いても目を背けてはならない場面もこの試合には多々集約されていた。 一言で言わせてもらうと、この試合は本職のCBが......続きを読む»

連勝対象は熊本ではなく、C大阪戦?

新潟戦には2つの側面があった。1つは浦和が川崎戦と比べて攻撃的な守備を行ったことで、終始浦和のリズムを保てたこと。もう1つは、大変申し訳ないが、相手が新潟であったことだろう。 ここ最近の浦和はプレッシングも連動性がなく、ずるずるとボールをアタッキングサードまで運ばれることが多かったが、今日は切り替えも早く、新潟にサッカーをさせなかった。また、失点の場面も対応は間違っておらず、非常に不運極まりないも......続きを読む»

非常ベルどころか、もう焼け落ちていっているぞ

あの、何試合しても同じなのは分かっているのだから、何故早く動かないのだろう。現体制をサポートしますって、その発言以来、もう2週間くらい経ったけど、ただ見守っているだけなんだが。まあ、分かるよ、社長も幹部もみんなサラリーマンだ。ここで動くのは経営に関わる。監督の違約金はもちろんのこと、新しい監督を探すのにも契約金以外にも人件費他、諸経費だってかかる。ここ数年、頑張って利益至上主義でやってきた会社で、貯......続きを読む»

広島戦ー言葉だけでは解決できないー

何度やっても根本的に改善されることはない。真剣に向かい合って、クラブとして改善のための行動が出来ていないのだから。言葉なんかで、気持ちなんかで変えることが出来たらどんなに楽か。広島戦の勝ち点3は、大げさに言えば、運だ。ペトロビッチも負けた時によく言うが、勝った時には言わないものだ。関根のプレーは凄かったが、あんなものはシーズンで早々あるものではない。 ビハインドになって、相手がブロックを固めた時に......続きを読む»

ミシャよ、辞任してくれ!浦和よ、芯を持て!

ここまで直接的に表現する人はあまりいないと思おうから、今日は敢えて言葉にしよう。 ペトロビッチよ、浦和の監督を辞めてくれ。もうレッズから去ってほしい。 浦和というクラブは、本質的に中身は何もない。社長が変わるたび、監督が代わるたび、戦術・選手・メンタリティの部分など、変わってはいけない部分まで変わってしまう、ブレない芯というものが昔からない。結局は現場任せなので、その都度、中身ががらりと変わって......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11

このブログの記事ランキング

  1. ミシャよ、クラブよ、これじゃダメだ
  2. 地面に叩きつけられた浦和
  3. 日本、上出来な3連戦だった
  4. 浦和、クラブの正念場
  5. 【浦和】監督もクラブもこのままで良いのか
  6. 現実に戻された浦和
  7. ミシャ、それは違う
  8. 解体していく浦和に未来はあるのか
  9. 連続の大量失点、壊した試合
  10. ミシャサッカー、ここまでか?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
02
2016
12
03
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
01
2008
12
11
10

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss