パルシェン

アルヒラル戦の感想と、2ndレグに向けて

このエントリーをはてなブックマークに追加

怖かったね、1stレグのアルヒラル戦。

何が怖いって、中東のチームと試合をする機会なんてないから、力関係が全く分からない。不気味な存在ということもあってか、元々堀レッズは守備から入る慎重なチームだけど、今回はそれ以上に、さらに慎重になっていた。(笑)

アルヒラルは他のブロガーさんもおっしゃっていた通り、ややミシャのチームに似ていたと思う。ショートパス志向でポゼッション率を高めながら、中央からもサイドからも攻めていくスタイルだ。

ただ、個々のスキルが高く、パススピードやドリブルのテクニックが高いため、正しくはミシャサッカーの強化版であると感じた。特にサイド攻撃の質が非常に高い。両サイドにスピードのある選手を配置していて、そのスピードのあるサイドアタッカーにサイドチェンジで裏にボールを送り、折り返しをエースFWハルビンが合わせる形が徹底されていた。この一連の動きのパススピード・正確性がかなり高く、また、その動きはチームの決まり事として徹底されており、完璧に連動していたので脅威でしかなかったし、実際に多くの決定機を作られた。ミシャサッカーはクロスの出し手と中央で合わせるFWの連携があまり良くなかったため、最後のフィニッシュの部分はミシャサッカーよりも上だったように思えた。

それでも、アルヒラルにゴールに吸い込まれても全然おかしくない決定機を何度も何度も作られたものの、守備に重心を傾けている浦和は最後の最後で身体を張って相手の攻撃を防ぎ、1失点に抑えた。

守備陣の核・マウリシオを欠きながらアウェー戦を1-1で凌ぎ、なおかつ相手のプレースタイルを掴めた状態で埼スタに戻れるのは本当に大きい。 特に西川、槙野、青木、ラファエル・シルバがいい働きをしていたと思う。

槙野について、ハリルさんに感謝する。 ハリルの配慮とは、「(1stレグはマウリシオが出場停止、代わりにセンターバックで出場濃厚の槙野がいる)浦和に、(槙野がセンターバックの感覚を掴んでもらうように)配慮する」、ということだったんだね。 おかげ様で、槙野はセンターバックとしては浦和加入後最も良いパフォーマンスだったと思う。いくらハルビンが危険人物であっても、ジェズスやルカクと対峙した後なら・・・といった具合か。ありがとう、ハリルさん。

次に、西川のビッグセーブ連発。 足下の技術を評価されていた選手だが、やはり彼は必要以上にパスを繋ぐ事で評価を下げていた選手だ。ミシャ退任後、キーパー本来の仕事に専念できるようになり、徐々に評価を上げてきた。相手にビッグチャンスがあっても、西川なら止めてくれるんじゃない?という2014年・2016年の期待感がここにきて再び出てきている。決勝も頼んだぞ。

青木はもはやチームにいなくてはならない存在だ。パスを繋いでくるアルヒラルに対して、持ち前の危機察知能力で何度も相手の攻撃を防いでいた。ミシャの時から十分な評価を受けていなかった青木が日の目を見るようになったのは嬉しい。決勝でも青木の力が必要だ。

ラファエル・シルバはやはり他の選手にはないスピードと決定力を持っている。今夏にジローナに売らなくて良かった、彼は何年も浦和にいて欲しい。怪我の状態が不安視されるため決勝はスタメンか、ベンチスタートか、そもそも出られないかは分からないが、個人的には絶対に出て来て欲しい。

さて、マウリシオ不在のアウェー中東戦というこれ以上ないピンチを見事1-1で切り抜けた浦和。次は2017年ACL最終試合。優勝チームは埼スタで決まる。

埼スタでは1stレグのような試合にはならないだろう。ここで、私が勝利に向けてキーになると考える、アルヒラル攻略のポイントを2つ紹介したい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

鹿島アントラーズーーいわゆる”伝統の勝負強さ”の正体とは何か?【Memories of the game】

『グランパス』~柔よく剛を制し、剛よく柔を断て!~【赤の血潮と、青の魂】

ACL決勝を左右する二人のブラジル人の存在【「読裏クラブ」のワンツー通し】

雌雄は埼玉スタジアムで決する【地球は青い!】

【図解で分析】ブラジルの巧みなコンビネーションと、長谷部が改善すべきポジショニング【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

活力、勇気がない堀レッズ【地球は青い!】

広島戦、「結果的に」勝っただけ【地球は青い!】

浦和の限界と伸びしろと長澤【地球は青い!】

ブロガープロフィール

profile-iconredhdhz

頑張ります!
  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:742729

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 絶対に落とせない鳥栖戦を落とし、優勝は絶望的に。
  2. サッカーという魔物 VSG大阪
  3. 浦和の全てが詰まった、今季のラストゲーム。
  4. バルセロナの最大の弱点
  5. J1順位予想
  6. ミシャよ、これでは優勝出来ないぞ
  7. あっと驚くミシャチルドレン発言
  8. 東アジア杯について個人的にまとめてみた
  9. Jリーグ2015シーズン、私なりのベストイレブン
  10. 数年後、ミシャにありがとうと言える結果を

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss