パルシェン

原口元気の最大の魅力とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

「運動量が豊富」「守備で頑張れる」「働き屋」 だいたい原口のイメージはこんなものだろうか。

このイメージは一体どこから来たのか。おそらくそのイメージは、ヘルタでの成長エピソードから付いたものだと思われる。

ヘルタ1年目、Jでは通用していたはずのドリブルがブンデスでは通用せず、開幕から数試合以降は満足に試合に出られない状態が続いた。その結果、まずは試合に出るために、ブンデスでは致命的となるような弱点を克服する事を余儀なくされた。それが守備や運動量の部分だった。

誤解して欲しくないのが、原口は決して浦和でも守備をしていないわけではなかった。ただ、浦和では最も上手い選手、王様タイプにしては守備もやってくれるなあ、というだけで、普通のいち選手、黒子の選手としての守備は出来なかった。というか、そんな役割などやったことがなかった。

そこからヘルタで普通のいち選手としての守備が出来るようになり、徐々にブンデスで試合に出られるようになった。ゴールもアシストもないのに試合に出られるのは、守備や運動量で利いてるから。そんな原口は献身的に頑張れるタイプとして評価されるようになった。そして、冒頭に挙げたイメージが原口に定着したのだと思われる。確かに浦和時代に比べるとゾーンディフェンスが格段に上手くなっているし、フィジカルも上がっている。

ただ、浦和サポーターの私としてはひとつ気にかけていたことがあった。「守備で頑張れる」「とにかく走る」その部分がクローズアップされ過ぎて、原口元気の本来の持ち味が忘れ去られていくのではないかと。そして実際に忘れ去られていった。しかし、最近はバイエルン戦のアシストもあり、原口本来の特徴が徐々に思い出されてきた。原口の魅力を埼スタで観てきた私にとっては嬉しい限りである。だからここで再び、原口の魅力を声を大にして伝えたい。

原口の最大のストロングポイントは、ドリブルとパスを織り交ぜたチャンスメイク能力にある。

原口のドリブルはスピードが速い上に、ボールが足に吸い付いているため、相手はなかなかボールを取れない。1人で原口を止められないから、2人目が来る。ただ、原口はその1人目・2人目を引き付けつつ、味方にパスを出す力がある。浦和時代にシャドーを努めて、狭いスペースの中でドリブルとパスを極めていた経験が役に立っているのだろう。敵を2人引き付けて味方にパスを出せれば、絶対に誰かしら味方の選手がフリーになってるに決まってる。そうなれば当然そこには大きなチャンスが生まれる。分かりやすく言うとドリブルして相手を引き付けた上でパスを通せる、メッシ的なチャンスメイクが出来るということだ。

相手を何人も引き付けて、パスを出せる。オーストラリア戦の井手口のゴールも、今日の車屋に出したパスもそうだった。フィジカルが強い上に、ドリブルスピードが速く、ドリブル中にボールが足に吸い付いている。こんな選手からは言うまでもなくなかなかボールを取れない。ボールが取れないから、敵DFを複数人引き付ける事が出来る。そして引き付けた後にパスまで出せるから相手の守備が整った陣形を破壊することが出来るのだ。これが原口元気の最大の魅力だ。

では、そんな凄まじい選手が何故和製メッシ、和製ネイマールのような評価をもらえないのだろうか?

それは、原口はゴールやアシストといった結果を残せていないからだ。特に、ゴールを奪う事に関しては自身が持っているチャンスメイクの能力と比較すると、正直かなり寂しい。メッシ的なチャンスメイクは出来ても、メッシのようにゴールを量産する事は苦手だ。同じ代表で見たって、ゴール前のポジションニングやシュートは、マインツ武藤の方が圧倒的に上手い。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

内容が悪かったキリンチャレンジカップ2連戦【スポーツ えっせい】

許される「上から目線」【「読裏クラブ」のワンツー通し】

<蹴パラ>U17代表の健闘を祈りながらインドを発ちます【極楽!蹴球パラダイス】

今こそサポーターの力を(ACL準決勝)【赤い日々】

仙台☓浦和 疲労【浦和な生活】

仙台戦は勝ち点3が合格基準【地球は青い!】

もう一度ギアを上げられるか――サガン鳥栖1-0鹿島アントラーズ【雑感】【Memories of the game】

2017ACL準決勝1st 上海上港VS浦和レッズ【生意気くらいが丁度いい。】

ブロガープロフィール

profile-iconredhdhz

頑張ります!
  • 昨日のページビュー:5846
  • 累計のページビュー:738942

(11月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 絶対に落とせない鳥栖戦を落とし、優勝は絶望的に。
  2. サッカーという魔物 VSG大阪
  3. 浦和の全てが詰まった、今季のラストゲーム。
  4. バルセロナの最大の弱点
  5. J1順位予想
  6. ミシャよ、これでは優勝出来ないぞ
  7. あっと驚くミシャチルドレン発言
  8. 東アジア杯について個人的にまとめてみた
  9. Jリーグ2015シーズン、私なりのベストイレブン
  10. 数年後、ミシャにありがとうと言える結果を

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss