パルシェン

堀監督になって何が変わったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数試合、ミシャ監督から堀監督になって、具体的に何が変わったのかを注意深く見てきた。フォーメーションの面から解説すると、主に2点、大きな変化が挙げられる。

ひとつ目に、可変フォメをやめたこと。 攻撃時に4-1-4-1、守備時には3-6-1または5-4-1になっていた戦術は、堀監督になってから攻撃でも守備でも4-1-4-1の形を取るようになった。

攻撃でも守備でも4-1-4-1の形を取るようになったのは個人的には喜ばしい事だ。何故なら可変フォメであるとそれなりの適応力やユーティリティー性が求められ、ハマる選手が少なくなってしまうが故に、使える選手も限られてくるしターンオーバーがしにくくなる。ミシャ監督がなかなかターンオーバーしなかった理由の内のひとつがこれである。

分かりやすい戦術になったことで、今までミシャ監督の戦術にハマっていなかっただけの実力者が輝いている。青木、高木、ズラタン、矢島あたりはすごい。今日の長澤もすごかった。フィジカル強いし、ボールを運べるし、味方と連携しながらパスを回せるし。こんな選手が今まで全く試合に絡めていなかったなんて不自然にも程があると感じた。なんか悪いことでもしたのかな。

そんな長澤に関係するポジションの話で、ふたつ目の変化について。ミシャ時代で言うところのシャドーの位置が低くなった事だ。いわゆるインサイドハーフ的なやつ。

この変化も、個人的には好印象だ。これまで当ブログでは、再三再四前線に人数をかけすぎなのではないか、という主張をしてきた。そしてその問題は、シャドーの位置を低くすることによって解決された。

2シャドーの位置を低くすることでより中盤から組み立てられるようになって幅広い攻撃が出来るし、低い位置から裏に抜け出してチャンスを作ることも出来るようになる。矢島なんかパサーと見せかけて実は飛び出しまくってる。このポジション修正で、1番得をした男だ。あと、2シャドーのポジションを低くしたことで逆に1トップが孤立する説があるけど、興梠とズラタンは超優秀なので孤立しても上手くボールを収めて展開できるというところがミソである。

主にこの大きな2つの変化によって、ミシャ監督時代に比べるとバランスははるかに良くなった。試合中、堀監督も落ち着いている。ACLで川崎に勝てたのは浦和のバランスと堀監督の落ち着きによるものだ。いい方向に進んでいることは間違いない。

しかし今日、鹿島に敗れてしまった。 何故負けたのか。正直、これに関してはまあ仕方ないよね、と感じた。

最大の敗因はディフェンスリーダーの不在だ。誰がラインを統率しているのか、全然分からない。当然だ。マウリシオがいなくて、2CBは航と阿部。本職ボランチが2CBを務めているなんて冷静にやばすぎだろうよ。(笑)だから簡単にスペースを突かれる。鹿島相手にこれは無理だ。でもこれは何度も言うけど仕方がない、選手のメンバーもミシャ監督向きであり、ミシャ監督の守り方で慣れてきた選手達にとっていきなりこの守り方を修得するのは時間がかかるだろう。何度でも言う、これは仕方がない。

次、決定機を逃し続けたこと。中盤から何度も何度も崩したのに、最後の最後で詰められない。決められない理由として鹿島の守備が堅いというのと、あとはまだ浦和の4-1-4-1の崩しの最終局面の約束事(誰がニアに、誰がファーに行くのか等)が定まってないように見える。まあこれも仕方ないよ、今までとはやってる事が違うのだから。

正直、この4-1-4-1なら関根が見たいと思ってしまった。可変フォメの鍵を握るウイングバックで使われていた関根だが、ウイングバックが廃止された今、前よりも攻撃に専念できるはずだ。もし出られないのであれば、今の浦和であれば帰ってくるのもひとつの手かもしれない。私は帰ってきて欲しくないのですが…

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「堀監督になって何が変わったのか」へのコメント

コメントをありがとうございます。

なるほど。今後のブログ更新の際に
とてもタメになるご指摘をしていただきありがとうございます。

今回の鹿島戦、個の力は鹿島と渡り合える力がありますが、組織力は天と地ほどの差がありました。現時点でははっきり言って格上の相手です。
そういった相手には、例えば失点前のズラタン→高木のチャンスをモノにして先制点を奪うことであったり、守ってカウンターを狙うのが定石です。
守りに特化した選手を必要としなかったミシャ監督の陣容である現時点では後者は厳しいので、前者のようにチャンスをモノにするかしないか、の差だと思います。
最期は惜しいと思わせる場面すら作れなくなったミシャ監督退任以前とは違い、今は決定機を作れているのであとは決めるか決めないか・・・アタッキングサードでの選手間の決まりごとは記事中にも触れた通り詰める時間はないので、こういったゲームで勝ちたいなら最後の詰めは個でどうにか頑張ってもらうしかないです。

次に補強選手ですが、優先ポイントは記事中にも触れている通り、ディフェンスリーダーです。そして次にサイドアタッカーです。ここら辺はその内必ず触れます。

最近は本質を見抜くスタンスで、現状を伝えることだけに絞って書いていましたが、これからは若干提言する要素も盛り込んでいきたいと思います。ありがとうございました。

堀監督になって何が変わったのか

御人の試合の洞察は興味深く読ませていただきましたが、結論が「仕方ない」「来年に向けて補強しよう」では如何とも尻切れトンボ。
今季、レッズ以上に補強に苦しんだチームや、開幕前の戦力比較でも「降格圏」とレッテルを張られたチームでも、現時点でリーグ6位以内を確保しているチームだってある中で、果たして今のレッズの戦力が「仕方ない」ものなのかどうか。
私自身は他チームさぽだが、レッズの戦力は他からみたら羨む人材がそろっていると感じます。
それがしっかり戦術として生かし切れていない点は、御人の分析の通り。
リーグ残り8節。ACLを残した状態。ファン・サポーターの立場としては、まだ来期を向くには早すぎる。
J屈指のビッグクラブとして、ここからもうひと踏ん張りして、「レッズここにあり」の実力を魅せてほしいと感じます。
その上で、今のレッズがどうすればよいのか、どうすればよかったのか、どこに補強ポイントを置いて、現状はどう補填すればよいのか。改めて、御人の鋭い視点でご解説いただきたい。

長文、失礼いたしました。

こんな記事も読みたい

天皇杯(17/9/20:川崎戦)の雑感【1Q92】

長澤監督に求めるもの【ファジアーノ頑張れ!】

【J2・第33節_vs讃岐(H)】 『リンゴ』○1-0【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

今更ながらの槙野不要論【赤い日々】

浦和には今を乗り切る駒が足りない パート2!【地球は青い!】

磐田☓浦和 如何に連戦を乗り切るのか【浦和な生活】

浦和には今を乗り切る駒が足りない【地球は青い!】

ACL 準々決勝第2戦 浦和☓川崎 奇跡の瞬間がスタジアムにはある【浦和な生活】

ブロガープロフィール

profile-iconredhdhz

頑張ります!
  • 昨日のページビュー:3441
  • 累計のページビュー:726125

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 絶対に落とせない鳥栖戦を落とし、優勝は絶望的に。
  2. サッカーという魔物 VSG大阪
  3. 浦和の全てが詰まった、今季のラストゲーム。
  4. バルセロナの最大の弱点
  5. J1順位予想
  6. ミシャよ、これでは優勝出来ないぞ
  7. あっと驚くミシャチルドレン発言
  8. 東アジア杯について個人的にまとめてみた
  9. Jリーグ2015シーズン、私なりのベストイレブン
  10. 数年後、ミシャにありがとうと言える結果を

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss