パルシェン

初めての大きな変化 VS柏

このエントリーをはてなブックマークに追加

堀監督になって初めて大きな変化が起きたのが今回の柏戦だった。

変化した浦和の姿とは、典型的な4-3-3の攻守においてアグレッシブなサッカーだ。攻撃では高木のキープ力やクロス、興梠のポストプレーを中心にサイドと中央をバランス良く崩していたし、守備では前の3枚が相手のDFにコースを限定しながらプレスをかけ、後ろが拾っていくといういわゆる連動したプレスでボールを奪ってカウンターに繋げて、何度もチャンスを作っていた。

サイドの裏を突いて相手の陣形を崩す攻撃(例えば前半の興梠のシーン)であったり、意図のある連動したプレスは、以前のミシャのチームではあまりなかった。以前のチームではまず見られなかった戦術であるという意味で、私はこれを変化と呼んでいるのである。私は正直こっちのサッカーの方が将来性があって、魅力的だと思っています。もちろんまだまだ連携不足と見られた場面は多くあったけど、初めての試みにしては監督含めて選手全員上手くやっていたと思う。

だからこそ、勝ちたかった。いや、せめて引き分けたかった。勝てなかった理由は非常にシンプルで、チャンスを逃し続けて先制点が取れなかったのと、あと浦和にDFがあまりいないからだ。

先制点の話は深く突っ込む必要はないだろう。チャンスを逃し続けると罰が下るのがサッカーだ。浦和に限った話ではない。

問題はDFだ。ミシャチーム用のスカッドだから仕方ないけど、浦和には守りに特化した本職DFが少ない。例えば航は絶対にリベロを務める選手ではない。今回のシステムならアンカーまたはインサイドハーフで力を発揮するタイプだ。マウリシオは怪我明けだった。那須もだ。森脇、槙野は言うまでもなく。

今回の柏の作戦はスタメンが物語っている。前に身体能力の優れた外国人を並べて、パワーとスピード不足である浦和のディフェンスを破ろうとしていたのだ。 実際に前半から相手の外国人3人と浦和DF陣はミスマッチだったし、スペースが生まれてきた後半は特にやられた。2つの失点は全てそれだった。

ただこの辺の問題は補強であったり、チームが熟成してくればさらに守れるようになるし、そして守れればカウンターの回数も増えてきて、ゴールも生まれる。ピンチはチャンス、チャンスはピンチ、得点と失点の差は紙一重。いずれにせよリーグ制覇のためには時間が必要だ。

個人的には今回のシステムを熟成させに行くのもありかな、とは思う。来季からの監督として例えば今季で大阪の監督を辞めるアノ人なんてどうか。大阪から浦和へ、なんてタブーな気もするが、チームに適切なバランスを与えられる監督はこの男が適任だと思うが。

ともあれ、大きな変化が表れた柏戦、負けはしたものの個人的にはポジティブに捉えたい。崩しも良かった。次の川崎戦で、今回入らなかった分のゴールが決まるといいな。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

覚悟【ピッチに紫の風が吹く】

【第25節】 vsFC東京~山村の存在感が大きすぎる。(再更新)【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

J2 32節 名古屋対大分 (勝っちゃったよ~)【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

4-1-4-1は浦和の未来を作れるか【地球は青い!】

ルヴァンカップ 準々決勝第2戦 浦和☓C大阪 またもやアウェイゴールに泣く【浦和な生活】

浦和の模索は続く・・・【地球は青い!】

ルヴァン準々決勝第1戦 C大阪☓浦和 凡戦の次の試合をどう戦うか【浦和な生活】

橋岡は浦和の未来!【地球は青い!】

ブロガープロフィール

profile-iconredhdhz

頑張ります!
  • 昨日のページビュー:1069
  • 累計のページビュー:704488

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 絶対に落とせない鳥栖戦を落とし、優勝は絶望的に。
  2. サッカーという魔物 VSG大阪
  3. 浦和の全てが詰まった、今季のラストゲーム。
  4. バルセロナの最大の弱点
  5. J1順位予想
  6. ミシャよ、これでは優勝出来ないぞ
  7. あっと驚くミシャチルドレン発言
  8. 東アジア杯について個人的にまとめてみた
  9. Jリーグ2015シーズン、私なりのベストイレブン
  10. 数年後、ミシャにありがとうと言える結果を

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
11
10
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss