目指せ世界基準

NBAに挑戦!シャーロットボブキャッツへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

後10時間後にボブキャッツのコートに二人が立ちます。
http://www.nba.com/bobcats/

ここまで来て、今更のようですが信じられません。(すいません)
でも、ポールサイラス監督からお呼びがかかりました。
しかもNBAファイナルの途中に・・・。リアルです。

当初 水曜日か金曜日には行く事になると思う・・とジョンさんからは聞いてました。

それに向けて昨日、本日と、到着後2日間は、ジョンさんのアレンジのもとコンディション作りでした。
昨日は、夕方から地元の高校生と汗を流し、本日は、午前中にシューティングドリルをして、午後3時からは、ノースカロライナ大シャーロット校(アトランティックディビジョン1)の選手とスクリイメージ。
http://www.charlotte49ers.com/SportSelect.dbml?DB_OEM_ID=23200&SPID=44799&KEY=
傍から見ても、シアトルからここまでのトレーニングと滞在が、二人の緊張をほぐし、良い感じの仕上がりになってきてるようでした。

そんな中でのお呼び出しです・・・・・。
身と気が引き締まります。


田臥選手以降、まったく日本人選手がNBAの舞台に立つ事が考えられなかった日本。
田臥選手を超える選手が出てこない限り、NBAの舞台に日本人選手が立つ事はないだろう、という風潮があった日本。
屈強な大男の中で、日本人が通用しないと言われてたあの日。

しかしとうとう日本人に次のチャンスが来ました。

しかもその舞台に立つのが・・・
高校、大学では、決してスーパースターではなかったが、努力と精神力で昇ってきた片岡選手。
沖縄出身、小学生の時からアメリカ式の個人技を学び、バスケットをする事が何よりも好きになった並里選手。
です。


日本では、彼ら二人が田臥選手を超えたから行けるのか・・・・・?
彼らはナショナルチームのメンバーでもないのに何故そんな舞台に立てるのか・・・・・?
きっと何かのコネがあってできるのだろう・・・・・?
などと物議をかもし出す事でしょう。

でも、彼らは本物です。

アメリカに来て、彼らを最初に見たプロのコーチ陣はみんな言います「高校生か?」て。
しかし、彼らが一旦コートに立ったら「凄い!」「プレイがハードだ!」「強い」「早い」「今まで見た事がない素晴らしい選手だ」と褒めまくりです。
選手二人は、その間コートに立ってるので、そんな皆の話は聞いてはいませんが、ジョンさんと一緒にいる私には、皆が駆け寄ってきて、ジョンさんに話しよるシーンを何度も見ています。

彼らを見た人達は、彼らがシャーロットのコートに立つ事を望んでいるようです。

こんな舞台ができたら良いな・・・と思って行動してきた私。
そしてようやくその舞台を感じる事ができる私。
なのに、ジョンさんの仲間が、彼らを褒めてくれてるのを、自分の耳で聞き、目で見てるのに信じられません。

それだけ、今回のチャンスは、日本人には遠かった事だと思わされます。

しかし、とうとうこの二人がコートに立ちます。
その時私も、何故日本人がNBAのコートに立つ事ができるのか・・・そのチャンスはどうやってくるのか、ハッキリと分かる事ができるでしょう。

ジョンさんは言いました。
まずこの二人の素晴らしいところは、バスケットを大好きだということ。
何を教えても吸収する事ができる・・・だから成長する。
バスケットの指導者には、まずこの二人のように、誰に言われる事なく、バスケット(上手くなる為の練習)を進んでする、バスケット大好き人間に育ててほしいとも言ってました。

2メートルを超える大男と、練習以外で一緒に居ると小さい二人も、一旦コートに出ると存在感からか大きく見えます。
そんな二人が、明日は本物との勝負です。

あの二人と一緒に私もこの時間を楽しみたいと思います。

西田辰巳



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バスケットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【MSS】<再告知>kankoバスケットボールクリニックを開催【宮崎シャイニングサンズ 公式ニュース】

JBL北海道存続決定?【はぐれ流スポーツブログ】

東京アパッチ活動休止【はぐれ流スポーツブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconredbear0925

西田辰巳
世界からとり残されている日本のバスケット界。
微力ながら、お世話になったそのバスケット界に貢献したいと、2004年より渡米を繰り返し、バスケットとその周りを取り囲む環境の違いを勉強しました。

そしてその結果、色んな団体と繋がりを持ち、多くの事を学ぶ事ができました。
これからは、その学んだ事や、出来た繋がりを通して、少しでも日本のバスケット界に恩返しをできたらと、日々活動してます。

2004年
NBAのOB会と10年のパートナーシップを結ぶ
2005年
中国バスケット協会とパートナーシップを結んでいるUSBA(バスケット専門のキャンプ場)ともパートナーシップを結ぶ。
2009年
IBL(国際バスケットボールリーグ)と契約を結び、日本人だけのチーム(トルネード)を率いて公式参戦。

所属団体
Japan Basketball Academy
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:65534

(08月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 仲摩純平ファンサイト
  2. NBAに挑戦!シャーロットボブキャッツへ
  3. 目指せNBA選手!
  4. 3on3大会
  5. 熊本にプロバスケットボールチームをみんなで創ろう会のパーティー
  6. 関西大学一部リーグ
  7. Dice Yoshimoto
  8. スラムダンク
  9. トライアウトのその後
  10. 見つけた!!!

月別アーカイブ

2011
06
05
04
2010
09
06
03
01
2009
12
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss