目指せ世界基準

思い出のSPU

このエントリーをはてなブックマークに追加

redbear0925-135073.jpg
2010年お正月
私が、この数年間色々とお世話になってるコーチヒロナカ氏が指揮をとっていたシアトル・パシフィック大学(NCAAディビジョンⅡ)。
現在ヒロナカ氏は、ワシントン州立大学のヘッドアシスタントコーチ。

ヒロナカ氏が居ないシアトル・パシフィック大学のゲームを観戦に行ってきました。

ここには、NPO法人熊本プロバス会の湯之上理事長、大阪商業大学の樋口監督、鹿屋体育大学の福田コーチもコーチ留学されていたので、多分この写真は懐かしいのではないでしょうか?

今のチームは、数年前、ヒロナカコーチと「あの選手が成長してくれたらもっと締まったチームになるでしょうね」なんて話していた選手が主力。
そしてその選手が、すばらしく成長していました。
安定したボールさばきと判断力。
数年前にこんな風になって欲しいなと思っていた通りの選手になっていました。
redbear0925-135074.jpg
この日チームは、セントメリー大学に約20点差をつけての快勝。

選手の成長もすばらしかったですが、それ以上にチームのまとまり、そして一人一人の役割をしっかりこなす姿勢が更にすばらしかった。

ゲーム中、終始気の抜けた場面は一度も無かったし、スカウティングによる相手へのプレッシャーディフェンスも光っていた。

ヘッドコーチが代わり、どのようなチームになっているか心配でしたが、若い指導者が指揮をとってるせいか、アクティブな戦いをするチームになっていた。

アメリカは、監督が代わって当然、選手も移動して当然。
チーム作りは、移動の少ない固定的な日本のやり方に比べると難しいはず。
でも、このSPUのようにヒロナカ氏の後を引き継いで、結果を残し、ファンを喜ばせる事ができる事は、より高度なコーチ力があってできることだし、新しいヘッドコーチをリクルートしたアスレチックデレクターも大した仕事をしてくれたと思う。

アメリカのバスケット社会、恐るべし!
奥が深い。

redbear0925-135075.jpg
このチラシに出てる選手は、チームのスコアラー。
髪を伸ばしたので、久しぶりに会っても分らなかった。
でもシュートや走ってる様子が、「やっぱり・・・」て感じでした。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バスケットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【注目】合同トライアウト一次選考いよいよ開催!【秋田ノーザンハピネッツ公式ブログ】

67th shot ⇒ 心の週間MVP【バスケの写真屋】

新年1発目♪【 ◆◇ RED RIBBON ◇◆】

ブロガープロフィール

profile-iconredbear0925

西田辰巳
世界からとり残されている日本のバスケット界。
微力ながら、お世話になったそのバスケット界に貢献したいと、2004年より渡米を繰り返し、バスケットとその周りを取り囲む環境の違いを勉強しました。

そしてその結果、色んな団体と繋がりを持ち、多くの事を学ぶ事ができました。
これからは、その学んだ事や、出来た繋がりを通して、少しでも日本のバスケット界に恩返しをできたらと、日々活動してます。

2004年
NBAのOB会と10年のパートナーシップを結ぶ
2005年
中国バスケット協会とパートナーシップを結んでいるUSBA(バスケット専門のキャンプ場)ともパートナーシップを結ぶ。
2009年
IBL(国際バスケットボールリーグ)と契約を結び、日本人だけのチーム(トルネード)を率いて公式参戦。

所属団体
Japan Basketball Academy
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:65579

(10月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 仲摩純平ファンサイト
  2. NBAに挑戦!シャーロットボブキャッツへ
  3. 目指せNBA選手!
  4. 3on3大会
  5. 熊本にプロバスケットボールチームをみんなで創ろう会のパーティー
  6. Dice Yoshimoto
  7. 関西大学一部リーグ
  8. スラムダンク
  9. トライアウトのその後
  10. 見つけた!!!

月別アーカイブ

2011
06
05
04
2010
09
06
03
01
2009
12
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss