ゆるゆるレッズサポ

遅ればせながら…

このエントリーをはてなブックマークに追加

 遅ればせながら、まずは選手の皆さん、ACL優勝おめでとうございます。そして、2017年シーズン、お疲れ様でした。この後、CWCがありますが、精一杯頑張ってきてください。

 極めて長期の出張で、長らくお休みしていたこのブログ。監督が堀さんに替わってからは、ネット上の報道記事か、動画サイトのハイライトで断片的に試合結果を知るのみ。浦和がアジアチャンピオンに輝いた興奮・感動を味わうことも出来なかった。11月29日、第33節川崎戦当日にようやく出張から戻り、羽田からその足で埼スタへ直行。次いで、最終節横浜FM戦は、今週10歳を迎える息子と一緒に、初めて自転車で埼スタへ。息子が生まれた年に、浦和はアジアチャンピオンになり、その10年後に返り咲き。前回優勝時にはまだ妻のお腹の中にいた息子が、埼スタへの長い道のりを、力強くペダルを漕いで進む姿を見て、その間の年月の長さをしみじみと実感する。 今週一週間は代休取得。取り溜めたテレ玉の「REDS TV GGR」を見まくりながら、諸々の思いを書きたい。長くなりますが、少々お付き合いを。

●浦和0-1川崎 ●浦和0-1横浜FM

 リーグ戦最後の2試合、どちらの試合も守備はまずまずで、両試合とも1失点に抑えたのは一応合格と言えるかも知れない。しかし、如何せんゴールが遠い。どちらの試合も1点も取れずに終了。アジアチャンピオンとしては少々寂しいシーズンの終幕であった。やはり、ミシャ時代に崩壊した守備の修正に重きが置かれ、攻撃は二の次とせざるを得なかった堀監督の悩みが、そのまま出てしまったような試合に見えた。  最終戦後の淵田社長の挨拶時、昨年までだったら、この成績で、尚且つ終盤で連敗でもしようものなら、大ブーイングが起きたであろうが、 「アジアチャンピオンになったから、まぁ、いいか。選手達は良くやったよ。 来年、来年!」 といった雰囲気の埼スタ場内。自分も、今年はこういう年だったと割り切って、場内を一周する選手達に拍手を送る。

・2017リーグ戦  さて、とりあえず2017年のリーグ戦が終了。最終成績は以下のとおりであった。

14勝 7分 13敗 勝点49 64得点 54失点 得失点差+10

 シーズン序盤戦は首位に立ち、得失点差でも大きくプラスになっていたことを考えると、その後の戦績がが如何に惨憺たるものであったかがわかる。何せ、仙台に7-0、新潟に6-1で勝利したこの2戦だけで、得失点差は+12。つまりそれ以外の戦いでは-2ということであり、ついには浦和の総失点は仙台よりも多くなった。正直なところ、国内リーグでこんな成績のチームが、よくもまぁアジアチャンピオンになったものであると思う。恐らく、多くのサポーターの皆さんは、 「ACLではこんなにすごい戦いが出来るのに、リーグ戦では何で…」 と少なからず思ったのではないだろうか。特に、ACL準々決勝の相手は川崎。第1戦は1-3で敗れ、第2戦も先制されて、圧倒的に不利な状況に追い込まれながらも怒濤の攻撃でひっくり返した。その相手が、国内のリーグ戦では浦和に勝点23もの差をつけてチャンピオンである。浦和にとってこんなにモヤモヤ感の残る結果はない。その背景としては、ミシャ氏の後を引き継いだ堀監督およびスタッフが、ACLを本気で取りに行って、これを優先する選手起用・対策をしていったというのもあるかも知れないし、何よりも、ACLでは国内にはない強いチームが相手だけに、選手達がより一層集中して、MAXの能力を発揮したということが挙げられるかも知れない。国内のリーグ戦でこれと同等の集中力を継続して発揮し続けるのは、なかなか難しいことなのかも知れないけれど、これだけのことが出来るのなら、優勝は出来なかったとしても、もう少し勝ち点を積み上げてほしかったというのが正直な私の気持ちである。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

小林伸二監督 退任【猫に小判】

坂田大輔ら7選手契約満了【吉塚FC日記+】

2017年ファジアーノ岡山総括(選手編)11~22【蹴鞠談議2】

「一生もんのネタ」のためには、絶対に一つ勝ちたい!浦和レッズはかく戦えり!【「読裏クラブ」のワンツー通し】

浦和のフロント陣!目を大きく開いて現状をよく見ろ!!【地球は青い!】

2017:ACL:決勝:H:浦和レッズvsアルヒラル「最後まで辛抱して劇的決勝弾で久々の優勝を決める」【蹴鞠談議2】

2017:ACL:決勝:A:アルヒラルvs浦和レッズ「攻守の軸となる選手が輝いた試合」【蹴鞠談議2】

浦和のACL優勝の意義【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconred_horse

50代のおっさん。埼玉県某市在住。実家は旧浦和市内。既婚・10歳の1男あり。スポーツ観戦は何でも好きだが、とりわけレッズについては、埼玉スタジアムのシーズンチケットを持つくらい大好き。もちろん、Jリーグ発足時から応援しています。
このブログではレッズを中心とするサッカーの話題を、ど素人の目線で書いていこうと思います。専門的な分析は出来ません。ごめんなさい。
  • 昨日のページビュー:374
  • 累計のページビュー:615548

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 怒り心頭
  2. 解任
  3. ええ加減に…
  4. 脱力
  5. お見事!
  6. どうするんだ?
  7. 姿勢
  8. 許せない
  9. 認めろ
  10. やはりな

月別アーカイブ

2017
12
08
07
06
05
04
03
02
2016
12
10
07
06
05
01
2015
11
03
2014
12
11
10
2013
12
11
10
06
2012
10
07
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss