Footballに夢中

月別アーカイブ :2012年06月

バロテッリに花束を

ラームの裏を陥れたマリオ・バロテッリはゴールの右隅に矢のような弾道を 放ちイタリアと本人の今日2点目を叩き込むとイエロー覚悟でシャツを脱ぎ棄て、 どうだ?と言わんばかりの仁王立ちで鍛え抜かれた鋼のような肉体を 公衆の面前に惜しげもなく晒した。 その姿を、ふだんは不敵な笑みを浮かべる名手ノイアーでさえ半べそをかいて 見つめるしか無い。 CLでその実力とキャプテンシーの高さを見せつけたフィリ......続きを読む»

ポルトガル対スペイン~嗚呼、我が青春に悔い無し!~

グローブをはめた両手をパンパンと叩き、「さあ、みんな行くぜ!行くぜ!」 と気合いを入れる聞きなれた声は、今日はマドリーの主将としてではなく スペイン代表の主将として発せられた。 マドリーの鉄壁のCBコンビが敵味方に別れて対戦すれば、いつもは 後方から頼れる援護射撃を繰り広げるアロンソ、アルベロアも今日は クリスティアーノ・ロナウドとポルトガルの敵なのである。 しかしながらこの日のロナウド......続きを読む»

ピルロの前に散ったイングランド

地味な死闘と言うべきか。 フランスの躓きのお陰もあって、よろよろしながらもグループリーグを首位で 通過したイングランドに仄かな希望を持ちつつも、過大な期待はしていなかったが、 初戦で魅惑的なサッカーを繰り広げ前回王者を慌てさせたイタリアも、 今日ばかりは自国の十八番を奪わんばかりのイングランドの堅守に手を焼いた。 今大会初となる延長に入ってからは、イングランドにゴールを奪う意欲を 見......続きを読む»

最高のケアテイカー、ロイ・ホジソン。

ロイ・ホジソンほど期待されない代表監督が、かつてイングランドに居ただろうか? レドナップこそ代表監督に相応しい、という見解は英国民全体の総意 であったのは言うまでも無いことだろう。 カペッロの電撃的な退任後、トッテナムをクラブ史上初となるCLの舞台へ 導いたイングランド人監督に国全体がラブコールを送り続けたが、結局 スリーライオンズを率いることとなったのは、どういう訳かロイ・ホジソンで......続きを読む»

クリスティアーノはEUROを楽しめばいい。

1勝1敗でオランダ戦を迎えるポルトガル。 死の組に相応しい混沌ぶりに、何がどうなればどこが勝ち抜けるか 私の頭では理解しようとしても難しい。 何はともあれ、勝ち点3を獲得すれば次なるステージに大きく前進するに 違いない。 ポルトガルのキャプテンにして不動のエースはスペインの所属先で今季 46ゴールも挙げながら、デンマーク戦で2度の決定期を逃してしまった。 マリオゴメスはすでに3ゴー......続きを読む»

EURO4日目 フランス対イングランド

両国の国歌「La marseillaise」と「Good save the Queen」は いずれも 国歌のなかでも広く知られた名曲ですね。 「専制君主を倒せ!」という義勇軍の戦意向上を歌いあげるフランス、 権力の象徴である女王を称えるイングランド、対照的な顔合わせです。 イングランドは15年間もフランスから勝ち星をあげられていないとか。 代表監督は、ひとつきかそこら前にようやく決ま......続きを読む»

EURO3日目 スペイン対イタリア

昨日に続き豪華すぎる好カード、スペイン対イタリアです。 ローランギャロスがあまりに盛り上がっていた為ギリギリまで見ていて、 チャンネルを合わせたのがきっちりキックオフでした。 従って、両チーム先発が分からず始まります。 で、懸案のスペインFWは誰が務めているのかな?と探しますがどこにも 居ません。もしかして、0トップとかって言うやつでしょうか? どうやら、そのもしかして、の模様です。 ......続きを読む»

EURO2日目 ポルトガル対ドイツ

大会二日目にしていきなり、ポルトガル対ドイツの黄金カードです。 オランダがデンマークにまさかの敗戦で、俄然グループリーグ突破への 士気も高まるポルトガル。 メッシの居ない欧州大会ですので、クリスティアーノ・ロナウドには 欧州ナンバーワン選手であることを証明してもらいたいものです。 ケディラが「ポルトガル人は、頭に来やすいからイライラさせてやるぜえ~!」 と挑発すれば、CR7が「エジルとケ......続きを読む»

名監督の見分け方~ブレンダン・ロジャースは「刑事顔」か?~

欧州では選手の去就だけでなく、後任監督人事に忙しい今日この頃ですね。 選手はEURO後でもその活躍度合いによって、一気にマーケットの主役に躍り出ちゃう可能性もあるわけですので、期限ギリギリまで目が離せませんが、監督となると出来ればEUROまでに決めて、監督の意向を酌んだ補強をしたいところでしょう。 そこで今、一番の注目がチェルシーとリバプールの後任監督。 チェルシーはどうしてもグアルディオラ監......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconrealcr9

現在、ノースロンドンから帰国中

*個別のお問い合わせは、

nana7luna@gmx.co.uk までお願いします。

*Twitter はじめました。。。
 luna@nana7luna
 
  • 昨日のページビュー:101
  • 累計のページビュー:3377281

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カガワをセントラルポジションで使うべきだ!」~「MOTD2 Extra」より~
  2. もしアナタが監督だったら、一番に欲しい選手は誰でしょう?
  3. ロンドン在住マンチェスター・ユナイテッドファンに聞いてみました。
  4. 歴史に残る好ゲーム、歴史に残る恥ゲーム
  5. マンチェスター・ユナイテッドは長期政権願望を諦めてはどうか?
  6. ファーガソン、香川の「使い途」に悩む?
  7. レスター優勝で、みんなが反省しなければならないこと。
  8. フランク・ランパードさよならインタビュー~「ハードワークこそが鍵。メッシ以外のその他大勢は努力するしかない」~
  9. 香川とアザールがもたらすもの。
  10. プレミアリーグ前半戦レビュー ~面白うてやがて悲しき前半戦~

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
09
08
06
05
04
01
2016
12
11
10
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss