Footballに夢中

終わりは始まりのはじまり

このエントリーをはてなブックマークに追加

WHL最後のノースロンドンダービーを点差以上の貫録で制した我がスパーズは、それでも難敵を残り試合にいくつも残した状態で金曜日の夜を迎えました。相手はこのところ少し持ち直したとはいえ今季わりと不調のハマーズ。なんとか降格圏内からしっかり抜け出したいと意欲十分です。しかし、意外とウチはハマーズに弱い。同じロンドンの下町ライバル同士。ファン同士の諍いも激しいことこの上ありません。ハマーズ戦のアウェースタンド側の入り口前を通る時などは、たいてい激しい罵り合いが起き、騎馬警察隊に「ほら、立ち止まらずにさっさと進め!」と我々は急き立てられるのが常です。それでも警官の制止を振り切って大暴れする人の一人や二人を見かけるのはこのダービーの風物詩なのです。

さてこの日の舞台はロンドンスタジアム。 今年の1月にシティ戦の観戦に訪れましたが、この駅から異常に遠くて綺麗で綺麗すぎて風情の無いスタジアムは観客席とピッチが遠いのが原因なのかアプトンパークほどの一体感が感じられません。 名物の「I’m forever blowing bubble 」もなんだか余所余所しく響く美しいスタジアム。下町っ子の魂が詰まったアプトンパークの方が私は好きでしたね。 このゲーム前、ハマーズのビリッチ監督は今季のスパーズを手放しで褒め称えた時から実の所、ひじょーに嫌な予感に襲われました。ロンドンダービーのため移動に時間を要さないのは有り難いのですが、どんな順位の相手でもやはりダービーはダービーなのです。簡単な相手ではないことをポチェも選手達も理解していたはずでしょう。 ただ、先週22年ぶりの「アーセナルより上位フィニッシュ」という目標を達成したことですこし気の緩みは出ていたと思います。それは非難されるべき「気の緩み」ではなく人間として普通の反応であったと思います。毎回毎回CLの決勝のような気持ちで戦える選手は居ないのですから。

この日の「必死さ度数」は明らかにハマーズが上回っていました。やりにくさを感じながらも良い攻撃の形を作るスパーズですが、GKの好守に阻まれたり、ほんの少しの連携ミスによってゴールを遠ざけます。そりゃ毎回毎回ベストコンディションって訳にはいかないものね。それでもここ6試合6勝を続けてきたスパーズは、ポチェさんの采配も光っていたしツキも味方していました。悪いなりに勝てたスワンズ戦みたいに。 しかしこの日は時間を経ても事態は好転せず、それは選手達の焦りを生み出す結果となりました。特にDFの要、トビーの様子がおかしい。自分でおかしいと気付くから余計におかしくなってしまう。そういった負のスパイラルに陥ってしまっているかのようでした。 膠着状態に焦り始める選手達を鼓舞したのはケイン。やっぱ、この子はキャプテンシーあるよなあ、アカデミーボーイだしなあ、と感心しきり。

しかし、この日最初にゴールネットを揺らしたのはハマーズ。見事にDFバタバタの所をやられましたね。その後も追いつくどころか追加点を奪われかねない展開でした。 ただ、スパーズがまだまだ優勝には遠いと感じたのは、1点取られた後のリアクションでした。60分台だったにもかかわらず89分に決まってしまったような落胆ぶり、呆然自失ぶり。解説の粕谷氏も言ってましたが、「ここで声を出す選手が居ないんだよな~。」 ですよねー。ケインでさえ、呆然としてましたからね。じゃあ誰?ってなるんですが、、、。

1週間前レアルマドリー対バレンシア戦を見たんですが、82分に追いつかれて万事休すと思われたところを86分にマルセロのゴールで勝ち越しに成功したんですね。なんなの、この底力!?って思いましたよ。ユナイテッドが強かった頃(といってもほんの4、5年ほど前なんだけれど)、交代で入ったギグスの決勝弾、みたいなのを良く目にしましたし、チェルシーはジョン・テリーが体ごとゴールイン、なんてのが記憶に蘇るわけで、ロスタイムのジェラード弾でアンフィールドが揺れたってゲームも思い起こされます。 スパーズもそんな奇跡を何度も起こしてきましたが、イマイチ「やはりこの人が決めた」的な大黒柱が無いんですよね。そんな人が声を出してゴールを決めれば不可能の中から可能性を見出す事が出来ると思うんですが、今のスパーズにはまだ育っていないんですよね。優勝は、最高の運、決定力、集中力、信念、そういったものが揃って出来るものなんだなあ、と改めて感じました。特に決定力についてはもう少し上げて行かないとCLの舞台ではまた苦しむだろうなあ。それから、どんなに拗れたゲームでも躱して行ける懐の深さ、というのですかね。ウチはよそのビッグクラブのようにスカッドに厚みはありませんし、経験値も低いです。ポチェの目指すところのフットボールを、サブを含めて徹底させるのがやっと。相手に合わせて、幾つもの「顔」を使い分けるほど円熟味を持ち合わせていません。また、今後選手を叱咤するのはケインの役割になっていくんだろうな、と思いますがまだまだ若い彼は自分自身を制御するので精いっぱいでしょう。この人に叱られたら従うしかない、というようなコワオモテのベテラン、どこかに居ないですかね? そういった意味でもデフォー、戻って来ないかなあ、などと思う訳なのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
トッテナム・ホットスパー
ロンドン・スタジアム
ウエストハム・ユナイテッド

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

終わりは始まりのはじまり

Neudiさま

いつもありがとうございます。まあ、ね。
一時は4ポイント差になって、コンテさんをイライラさせられたのがせめてもの救いですね。
これもシーズン終盤でチェルシーが2敗してくれたおかげで、それまでに10ポイント差をつけられてしまった我々が悪いのです。シーズン半ばで4ポイント差だったらチェルシーだってもっと焦ったでしょう。
ウチはシーズン立ち上がりの引き分け地獄と、ビッグクラブ恐怖症をなんとかしなくちゃいけませんね。あと終盤戦に向けてローズとラメラが帰ってこなかったことがやっぱり痛かったですね。
試合が手詰まりになったとき、「ああ、ラメラが居たらなあ、、」って思いましたから。ローズの推進力を失ったのも辛かった。まあ、代役のデイビスがなかなか頑張ってくれましたが、、。
大型補強よりも、メンタルの補強がもっと必要かなあ、、、。
あとは、OBの復帰くらいでいいかな。ギルフィとデフォー、本気で帰ってきてほしい。。。
なんなら、ベイルとルカも歓迎^^
DFは中国に行こうとしているペペでもどうですかね。闘魂注入役も兼ねて^^;
またよろしくお願いします。



終わりは始まりのはじまり

本当に残念でしたね…。
ただあとは切り替えて、去年のように失速せず最後連勝で強さを見せつけてほしいと思います!
来季はリーグだけでなく、CLでも暴れまわってほしい!
ということで、選手層を厚くしたいですね。リーグと並行して勝ち進むためにはDF、MF、FWそれぞれ一人ずつくらいはほしいところです。
個人的にはラメラのカムバックを楽しみにしています。魔法の左足がまた見たい♪

終わりは始まりのはじまり

jyunyuda さま

お疲れ様です。
まだまだ優勝カップには遠いですねえ、、、。
でもポチェ就任以降、年々順位は上げてきていますからね。4年前、あのAVB時代、優勝争いできるチームになるなんて考えてもおりませんでしたから。なんか、あの時代に全く良い思い出が無くて(苦笑)
思い出すのは、シティとリバプールに虐殺されて、高いチケット代返してくれーって思ったような事ばかり^^;それを思えば、もう天国のようですよ。
若くて、才能豊かな選手たちが居て、将来のヴィジョンがしっかりしていて、有能な監督が居て、まだまだ沢山の可能性を秘めている。私達、世界一幸せなサポじゃないですか?
世界中がアリを、ケインを、エリクセンを狙ってる。気分いいですよね~。
ただ、デフォーとギルフィには本気で戻ってきてほしいですが。。。
個人的に「闘将」にはダイアーになって貰いたいです。ロリスに怒られっぱなしだった子ですが、きっと
そういう器のある子だと思うんですよねー。成長したなー(しみじみ)
来季は全試合ウェンブリー。恐怖しかない(笑)

まずは、ホーム最終戦ですね。ELファイナルに気持ちがいっちゃってるモウさんですからサクッと勝たせていただきましょう!


終わりは始まりのはじまり

rrrrmadrid さま

はじめまして。
いつもご覧頂き有難うございます。そのうえ、大変なお褒めのお言葉まで頂戴しまして、たいへん照れてしまいます^^; こういったコメントを戴くとブログを続ける励みとなります。これからもずっとご覧いただけるよう頑張って参ります。

そうですね、おっしゃるように気持ちは結構さっぱりしてますね。だって、私が日本に居る間に優勝パレードなんかされてたまるもんか、と思ってるフシもあったりなかったり(笑)

マドリーさんが欲しがってるウチのMFってのは、シソコでしょうかね?(すっ呆け)
20番の子なら、最短で3年後ですかねえ。あ、でも売る時はマドリー一択って会長にも言ってますから、首を長くしてお待ちください。売りたくはないですが、あの子はマドリー行ったらもっと上手くなるって思えるんでね。時期が来たなら、泣く泣くお嫁に出すとします(泣)私マドリーのファンでもありますから。
クラシコ残念でしたね。悔しくてゲーム見てません。
絶対2冠して下さいね。の、前にまずはベイルをウェールズでの決勝に連れてってあげてください。
期待しています。


こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第36節 vグラナダ【レアルマドリードのある生活】

セビージャ対レアル・ソシエダ ポゼッション50:50【フトボル男】

L・エンリケ監督、ネイマールの優雅なプレーは「サッカー以上にバレエを彷彿させる」【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrealcr9

現在、ノースロンドンから帰国中

*個別のお問い合わせは、

nana7luna@gmx.co.uk までお願いします。

*Twitter はじめました。。。
 luna@nana7luna
 
  • 昨日のページビュー:185
  • 累計のページビュー:3353028

(05月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「カガワをセントラルポジションで使うべきだ!」~「MOTD2 Extra」より~
  2. もしアナタが監督だったら、一番に欲しい選手は誰でしょう?
  3. ロンドン在住マンチェスター・ユナイテッドファンに聞いてみました。
  4. 歴史に残る好ゲーム、歴史に残る恥ゲーム
  5. マンチェスター・ユナイテッドは長期政権願望を諦めてはどうか?
  6. ファーガソン、香川の「使い途」に悩む?
  7. レスター優勝で、みんなが反省しなければならないこと。
  8. 香川とアザールがもたらすもの。
  9. フランク・ランパードさよならインタビュー~「ハードワークこそが鍵。メッシ以外のその他大勢は努力するしかない」~
  10. プレミアリーグ前半戦レビュー ~面白うてやがて悲しき前半戦~

月別アーカイブ

2017
05
04
01
2016
12
11
10
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss