Ready...Play!

シンシナティ2日目、デルポトロは復活の兆しを見せられるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

モントリオールはズベレフの優勝で終わりました。 一年で複数回のマスターズをBIG4以外が取るのは、BIG4体制が確立して以来初ということで、いよいよズベレフに本格化の気配がします。

反対にフェデラーの方は、背中に怪我があったこともあり、精彩を欠く決勝戦となりました。 結果、シンシナティも欠場となり、全米に向けて不安を残す前哨戦となってしまったのは残念なところです。

さておき、北米マスターズ後半戦、シンシナティが始まりました。 今大会で輝きを見せるフェデラーは不在、第一シードはナダルとなっておりますが、ナダルはシンシナティはあまり得意とは言えないサーフェスなので、本命不在の面白い大会と言えます。

大会2日目の注目のカードはセンターコート第一試合、今まさに始まろうとしている、ベルディヒ対デルポトロです。

デルポトロはモントリオールではシャポバロフにストレート負けを喫しているほか、ハードの主要大会では悉くフェデラーやジョコビッチに負けており、なかなか再起のきっかけがつかめていない印象です。 今大会はフェデラー・ジョコビッチ不在ということで、ぜひ復活を印象付けたいところです。

対戦相手のベルディヒですが、全豪こそ悲惨な負け方をし、その後低調がしばらく続きましたが、マイアミやウィンブルドンのフェデラー戦に見られるように 、復調の兆しは見えています。 良く門番と揶揄されるベルディヒですが、それは彼の安定したテニスによって下位の選手を圧倒してきた実績あってのこと。 今回のデルポトロの挑戦もはじき返し、実力をアピールしたいところです。

この組み合わせは例によって、デルポトロのバックハンドをどこまで攻められるか、フォアハンドをどこまで機能させないようにプレイできるかがポイントです。 少しきになるのが、シャポバロフとの試合で度々デルポトロがバックハンドのハードヒットを見せていたこと。 これが機能するようになると、展開が大分変わってきます。

逆にデルポトロの側としては、なるべくこちらが動かないように、そしてベルディヒを振り回すことが重要です。 ベルディヒは構えて打つショットの威力こそ随一ですが、ランニングショットの精度にはかける部分があるので、そこを如何につけるかが勝負になるでしょう。 逆に、センター同士のラリーに持ち込んで、回り込みの逆クロスから攻め込む展開も大いにありえると思います。 今回のデルポトロの戦略には注目です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合プレビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20歳 アレクサンダー・ズべレフ マスターズ2勝の衝撃 フェデラーの連勝も止めた!【0 to zeroのhorizon】

またやってしまった チェックの習慣足りない自分 過去10年USOP優勝者の前哨戦2大会の結果は?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

A・ズベレフの時代がやってくる ロジャーズ・カップ2017決勝【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconreadyforplay

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:48436

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大荒れのモントリオール、大会はQFへ
  2. モントリオール3日目、錦織がモンフィスに大逆転負け 明日の注目カードはズベレフ対キリオス!
  3. 2017/Coupe Rogers/一回戦
  4. シンシナティ4日目、Team8対決の行方は
  5. モントリオール準決勝はシャポワロフ対ズベレフ、注目の若手対決!
  6. シンシナティ2日目、デルポトロは復活の兆しを見せられるか
  7. シンシナティ3日目、ガスケは対ナダル初勝利なるか?
  8. シュワルツマンがティームに勝利して3回戦へ/デルポトロと新鋭が激突/フェダル登場/モントリオール2日目

月別アーカイブ

2017
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss