徒然なるレイブンズ

レイブンズドラフト下位指名

このエントリーをはてなブックマークに追加

去年、メリーランド大学テラピンズのプロデイで、レイブンズはステフォン・ディグス(Stefon Diggs)を注視していた。 ディグスは結局ヴァイキングスに5巡目で指名され、去年レシービングヤードではチームトップの成績を収めた。

今年、レイブンズはテラピンズの選手をドラフトで指名する可能性がある。 その選手というのが、OLB/DE ヤニック・ナガウ(Yannick Ngakoue)とCB/S ショーン・デイヴィス(Sean Davis)の2人だ。

この2人は、ドラフト3順から6順で何処かのチームに指名されるのではと見られている。

ナガウはテラピンズのサック数シーズン記録13.5サックを樹立した。 DEが主戦場であるがレイブンズに入ればOLBにコンバートされる見通しだ。

デイヴィスも去年CBの役割を担ったが、レイブンズではSになる可能性が高い。彼はCBの前はSであった。 複数のポジションに順応できるのもレイブンズ好みである。それに加え、プレイメーカーとしての能力もある。

レイブンズファンにとってテラピンズといえば、やはりトリー・スミス(Torrey Smith)だろう。 彼へのディープは素晴らしい飛び道具であったことは間違いない。 それに去年はその怖さを味わいもした。成績からすれば物足りないかもしれないし、もう少し上のレベルを望まれているだろう。 スピードは本当にすごい。49ersのQBがどうなるかも、彼の成績を大きく左右することになるだろう。

話はそれたが、FAで効果的な補強を行っているレイブンズ。オーナー曰く、まだFAでの補強も終わってない、そうだ。 ドラフトで戦力の穴埋め、底上げを行えば、来年のドラフトは32番目ピックですね!!!

参考記事Two Terps Who Could Be Ravens Work Out At Pro Day



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ravens
タグ:
アメフト
アメリカンフットボール
NFL
ravens
レイブンズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

「誰よりも速く、前へ」2016パラカヌー海外派遣選手最終選考会 兼 第26回府中湖カヌーレガッタ【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

それでも横綱か!ブラック白鵬 勝利の方程式【MLB 戦いの原理を求めて】

サッグス&デュマービルのコンビで20サックを期待【徒然なるレイブンズ】

ブロガープロフィール

profile-iconravensicky

英日翻訳者。
随時仕事受付中。
NFL、野球、サッカーなど。
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:701

(01月12日現在)

関連サイト:ツイッター

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. レイブンズドラフト記事訳
  2. レイブンズドラフト下位指名
  3. サッグス&デュマービルのコンビで20サックを期待

月別アーカイブ

2016
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss