プロ野球浪漫派宣言

『燃える男』=「阪神の優勝を阻止した男」=「阪神を優勝させた男」

このエントリーをはてなブックマークに追加

星野仙一氏の訃報に接した。 野球ファンにたくさんの思い出をくれた人だった。

珍プレーの定番となった、現役時代の「宇野ヘディング」でのシーン。 落合のトレード。 楽天の日本一。

<阪神との関係>


数えればきりがないが、阪神がらみが一番印象に残っている。 巨人のV9がかかった1973年、阪神の優勝を阻止した。 阪神は引き分けでも優勝という試合に、立ちはだかったのは星野だった。 遠井や田淵のバッティングに愚痴を言って、「一番嬉しくない勝利」とコメントしていたっけ。 結果的に巨人のV9をアシスト。

何の因果か、その後阪神の監督に就任。 就任前15年間で、最下位10回、Aクラスはたった1回のまさに『暗黒時代』の阪神を2年で優勝させた。

<嫁さんにいい格好してこい>


2003年の日本シリーズは面白かったなあ。 チーム力にはかなりの差があった。

そりゃ根本が10年かけて作ったチームだもん。相手のホークスは相対的に今より強かったと思う。 たかだか1・2年で作ったチームで歯が立つわけがない。 しかも、星野は情の選手起用。 それでも3勝をあげた。 金本のサヨナラホームランの第4戦、何度も救援に失敗した安藤を起用した第5戦。 サヨナラの場面で、打席に立つ若手を「嫁さんにいい格好してこい」と送り出した第3戦は凄く印象に残っている。

<阪神ファンは感謝すべき>


星野以後の阪神は16年間で単独最下位ゼロ。Bクラスは5回だけと、まさにチームを変えた。 現日本ハムGMの吉村氏など球界に数多の有益な人材も輩出した。 功罪いろいろ言う人がいるが、阪神ファンは感謝すべきだと思う。 私自身も1野球ファンとして、感謝の気持ちでいっぱいだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球人気
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ソフトバンク・今宮、攻守に大活躍!50犠打以上の打者のOPSランキング!【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

闘将、逝く・・・・・【スポーツ えっせい】

阪神タイガース 選手名鑑2018 投手編①【ラテンアメリカの虎】

パナマウィンターリーグ・プロベイス、ファイナル開幕【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

阪神・大山が大卒新人で7本塁打!大山が大成できる理由とは?【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

* 続・今年もありがとう、プロ野球。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

* 「選手をどう使うかは監督やベンチが決めることで、オレ達はゲームに出て結果を残すことが仕事だよ。」【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

大和流出の後の遊撃手候補は?②【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-iconravens

元南海ファン
関東在住

プロ野球人気が廃れることを憂いています。
  • 昨日のページビュー:111
  • 累計のページビュー:2936445

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2008年ドラフトを評価。現行制度の始まりは究極の下剋上 ~ ”不作”の年に狙うべき選手が解る。その法則とは。
  2. 2004年ドラフトを評価。源流がここにある ~ 金子取消騒動、日ハムBOS、阪神スカウト劣化、巨人裏取引etc
  3. 2005年大社ドラフトを評価。盟主が自由枠廃止派を鎮圧 ~ 究極のハンデ戦は意外な結末
  4. 【ちょっと早いドラフト採点】 阪神だけがゼロである。歪なドラフト戦略
  5. 審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>
  6. 【ドラフトで読み解く】広島カープは日本ハムの10年遅れ?or阪神同様「プチ黄金期」?
  7. 2005年高校生ドラフトを評価。盟主が悲願の高校生目玉と大社目玉の両獲り ~ しかし、一番活躍したのは育成選手という皮肉な結果
  8. 【12球団どこに入団しても一緒?】柳田悠岐はどこの球団でも開花しただろうか?
  9. 阪神がFA選手に嫌われる理由
  10. 【人的補償の選び方】阪神の鶴岡選択が”正解”だった理由

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
05
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
07
06
05
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss