プロ野球浪漫派宣言

神宮大会で発動された「コリジョンルール」と「タイブレーク」の考察

このエントリーをはてなブックマークに追加


審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>

で、「高校野球においては、危険な走塁は積極的に注意すべきだ」と書きましたが、そうはなっていないようです。 神宮大会でも捕手が負傷しているにも関わらず、抗議が出るまでアウトにはならなかった。

高校生は心技ともまだまだ未熟なので、運営側がより安全な大会運営を心掛ける必要があるでしょう。 事故防止の観点からも、審判による積極的な注意が望まれます。

また、大会ではタイブレークが発動されました。 今後は甲子園大会でも採用されるとか。

これは大会がトーナメントである以上、運営上仕方が無いでしょう。

バレーボールでもテニスでも採用されている。 時間制の球技、サッカーならPK戦。ラグビーなら抽選。 野球でも社会人や大学のトーナメント制の全国大会でもタイブレークが採用されている。

「決着がつくまでやらせてあげたい」というのは、心情的には理解できますが、延々とやる、というのは他との比較上、最早贅沢すぎるといえるでしょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
過去記事放言
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2018年 第90回選抜甲子園 - 21世紀枠出場校の予想 【ネットの時代 - 言いたいことをありがたく発信させて頂きます- 】

明治神宮大会優勝を逃した大阪桐蔭だが【スポーツ えっせい】

神宮枠はどの高校へ!?四国3校、九州3校が争う大激戦!今日神宮大会決勝! 【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconravens

元南海ファン
関東在住

プロ野球人気が廃れることを憂いています。
  • 昨日のページビュー:111
  • 累計のページビュー:2936445

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2008年ドラフトを評価。現行制度の始まりは究極の下剋上 ~ ”不作”の年に狙うべき選手が解る。その法則とは。
  2. 2004年ドラフトを評価。源流がここにある ~ 金子取消騒動、日ハムBOS、阪神スカウト劣化、巨人裏取引etc
  3. 2005年大社ドラフトを評価。盟主が自由枠廃止派を鎮圧 ~ 究極のハンデ戦は意外な結末
  4. 【ちょっと早いドラフト採点】 阪神だけがゼロである。歪なドラフト戦略
  5. 審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>
  6. 【ドラフトで読み解く】広島カープは日本ハムの10年遅れ?or阪神同様「プチ黄金期」?
  7. 2005年高校生ドラフトを評価。盟主が悲願の高校生目玉と大社目玉の両獲り ~ しかし、一番活躍したのは育成選手という皮肉な結果
  8. 【12球団どこに入団しても一緒?】柳田悠岐はどこの球団でも開花しただろうか?
  9. 阪神がFA選手に嫌われる理由
  10. 【人的補償の選び方】阪神の鶴岡選択が”正解”だった理由

月別アーカイブ

2018
01
2017
11
10
09
08
07
05
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
07
06
05
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss