プロ野球浪漫派宣言

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編②】意外とクジ運の悪くない巨人と阪神。問題点はドラフト戦略OR育成?。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編①】意外とクジ運の無いソフトバンクと日本ハム。クジ運の無さがマイナスにならない広島

の続き記事です。

次からは”クジ運”勝ち組です。 同点で2球団並んでいますので、6位は無く、5位が2球団です。

【5位:巨人(3勝2敗)1点】


巨人がクジ運勝ち組というのは、意外かもしれません。 当てたのは、ともに2球団競合の辻内崇伸(+1点)と大田泰示(+1点)、松本竜也(+1点)の三人。

外したのは次の2人です。 堂上直倫 佐藤由規

ここで目を引くのは、日本ハムと違い、いわゆる大物選手がいない事です。 日本ハムの場合は、抽選に参加した選手には当てた選手も外した選手も含めると、陽仲壽、中田翔、田中将大、菊池雄星、松井裕樹とベストナインやタイトルホルダークラスがずらりといます。 これ以外にも、この間のドラフト1位高校生には、大谷や藤浪、筒香やマエケン、森友哉など大物選手は数多くいますが、巨人は誰一人として抽選にすら参加していません。

もし仮に、クジに外した選手が大活躍していて、クジで当てた選手が活躍していないのなら、「育成に問題あり」でしょう。 しかし、クジで外した選手にも「大物がいない」という事は、そもそもそれ以前の選択基準とか、ドラフト戦略に問題があることが明らかです。 巨人の選手層が薄い原因。ドラフトで指標・数値に頼り過ぎてはいけない。 の記事でも指摘した通りです。

【5位:阪神(2勝3敗)1点】


巨人と同点の5位は、同じく伝統の阪神です。 ここもクジに弱いイメージが有るので、勝ち組は意外でしょうか。 当てたのは、4球団競合の藤浪晋太郎(+3点)と高濱卓也 (+1点)の二人。
外したのは次の3人です。 堂上直倫 中田翔 菊池雄星
巨人と違って、中田翔や菊池雄星など大物の名前もあります。戦略がドラフト候補の状況と合致した場合の選択基準には問題なさそうです。ただ、日本ハムなどと比べると少し物足りないですね。

【ちょっと早いドラフト採点】 阪神だけがゼロである。歪なドラフト戦略で考察したように全体でみれば”ドラフト負け組”でもあります。

田中将大やマエケンを指名出来なかったのは、その年のドラフト戦略で「高校生は野手」と決め打ったからです。 同じように松井裕樹や森友哉を指名出来なかったのは、その年のドラフト戦略で「即戦力投手か俊足野手」と決め打ったからです。 下位指名では秋山(D4位)や原口(D6位)などいい選手も指名しているので、スカウトの問題と言うより、上層部のドラフト戦略に問題がありそうです。 ドラフト戦略に問題が有り、ドラフトで勝てる可能性を少なくしている、という面があるのでしょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト戦略
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

連覇を生んだコーチング❗️【やっぱりカープがナンバーワン❗️】

ペナント回顧録 その2 新風からの快進撃 そして突然の訃報【アナグラム的分析ラボラトリ】

ドラフト余談 やっぱり大改革には運も必要って事で【プロ野球燕通信】

日本野球機構の犠牲者たち【博多の熱烈G党オジサン】

藤村、ありがとな【NO NAME】

【巨人考17 Ⅲ】各駅停車の限界【巨人を見る】

巨人、ファーム日本一ならず。高木勇・森福が逆転許す 巨人2-5広島【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

2018本気でジャイアンツ改革【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconravens

元南海ファン
関東在住

プロ野球人気が廃れることを憂いています。
  • 昨日のページビュー:327
  • 累計のページビュー:2909177

(11月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2008年ドラフトを評価。現行制度の始まりは究極の下剋上 ~ ”不作”の年に狙うべき選手が解る。その法則とは。
  2. 2004年ドラフトを評価。源流がここにある ~ 金子取消騒動、日ハムBOS、阪神スカウト劣化、巨人裏取引etc
  3. 2005年大社ドラフトを評価。盟主が自由枠廃止派を鎮圧 ~ 究極のハンデ戦は意外な結末
  4. 【ちょっと早いドラフト採点】 阪神だけがゼロである。歪なドラフト戦略
  5. 審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>
  6. 【ドラフトで読み解く】広島カープは日本ハムの10年遅れ?or阪神同様「プチ黄金期」?
  7. 【12球団どこに入団しても一緒?】柳田悠岐はどこの球団でも開花しただろうか?
  8. 2005年高校生ドラフトを評価。盟主が悲願の高校生目玉と大社目玉の両獲り ~ しかし、一番活躍したのは育成選手という皮肉な結果
  9. 阪神がFA選手に嫌われる理由
  10. 【人的補償の選び方】阪神の鶴岡選択が”正解”だった理由

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
05
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
07
06
05
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss