プロ野球浪漫派宣言

【U-18日本代表にエールを送る。2012世界大会回顧】退場処分相当の米の悪質タックルを容認した韓国の球審、提訴しなかった日本

このエントリーをはてなブックマークに追加

生き残りを賭けた因縁の日韓戦。藤浪、連投で先発マウンドへ。【2012世界大会回顧。その時、藤浪 晋太郎は日本のエースだった②】 の続き記事です。

<2012世界大会回顧ですが、アメリカ戦を振り返るまえに>


勝てば決勝進出と言う大一番を迎えた日本代表ですが、8連戦目という事もあり、選手たちの消耗が激しかったです。 特に甲子園で決勝まで戦った藤浪、森、北條は蓄積された疲労に8連戦を主力として戦った疲労も重なり、かなり悪い状態で大事な試合を迎えることになりました。
また、この試合では国際試合における、日本によく有り勝ちな問題点も出てしまいました。

<勝った方が決勝進出の大一番>


日本代表にとっては”8連戦”目となったアメリカ戦ですが、勝った方が決勝進出と言う大一番となりました。 アメリカの投手も相当疲れているのか、4回までにワイルドピッチ4つと押し出しで3点をプレゼントしてくれます。(3-0) しかし、先発の神原投手が4回の裏につかまって、2点を返されます(3-2) 5回裏に濱田投手(中日D2位)が登板しますが、投げ方明らかにおかしい。 ストレートの四球で降板します。大塚投手(楽天D3位)に代わりますが、1点を取られます(3-3) 日本は6回表に四球と森の2塁打でチャンスを作って2点を取ります(5-3) その裏、大塚がつかまり1点を返されます(5-4)
そして運命の7回裏・・・

<藤浪3連投のマウンドへ、北條のエラー・大悪送球で逆転のピンチ!>


1点リードの日本は、7回裏から藤浪が3連投のマウンドにあがります。 先頭打者をショートゴロに打ち取るも北條がエラー。 次打者もショートゴロに打ち取るも、なぜか北條はセカンドに投げず、ファーストへ送球。 しかも、これが大悪送球となって、ノーアウト二、三塁の大ピンチに。 ここでも藤浪はファーストゴロに打ち取ります。 ファーストがバックホームしてタイミングは完全にアウトでしたが、米の走者は肘を捕手の顔にぶつける形で烈しくタックルしてきました。 森はボールをこぼさずにアウトにしましたが、片目を塞ぐぐらいに顔は腫れ上がりました。

<抗議を受け入れない球審、提訴しなかった日本>


日本はキケンなラフプレーではないか、と韓国の球審に抗議しましたが認められませんでした。 当時、「これが本場のベースボール」などと言われましたが、実情は異なるようです。
後日の報道では、判定を不服として速やかにテクニカルコミッションに提訴していれば、アメリカの走者は退場になったそうです。 つまり国際ルールでも「退場処分相当の悪質タックル」だったわけです。 それを裏付けるように翌日の決勝戦ではベネズエラの球審が同様の行為をしたアメリカの走者を退場処分にしています。 なぜ提訴しなかったのでしょうか。 国際社会では提訴しないと、「球審の判定を受け入れた」と見做されてしまいます。 仮に提訴して受け入れられなかったとしても、日本としてはあんな走塁は容認していない、と主張した事になるでしょう。 (後日意見書を出していますが遅すぎます) このため、この試合では危険なタックルがやりたい放題になってしまいました。 森はこの回、本塁のクロスプレーで再び激しいタックルを浴び今度はボールを落として逆転を許してしまいます。 提訴していれば、この後の危険なタックルは防げたでしょう。 選手たちの緊張の糸は切れ、バックホームのタイミングでも本塁に送球しなくなり、点差はどんどん開いていきました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高校野球でのホームランの量産どこが悪い!【スポーツ えっせい】

【U18野球W杯】韓国代表一覧など【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

「Number」をテキストに、「敬遠」考。【猫と観るスポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconravens

元南海ファン
関東在住

プロ野球人気が廃れることを憂いています。
  • 昨日のページビュー:124
  • 累計のページビュー:2912064

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2008年ドラフトを評価。現行制度の始まりは究極の下剋上 ~ ”不作”の年に狙うべき選手が解る。その法則とは。
  2. 2004年ドラフトを評価。源流がここにある ~ 金子取消騒動、日ハムBOS、阪神スカウト劣化、巨人裏取引etc
  3. 2005年大社ドラフトを評価。盟主が自由枠廃止派を鎮圧 ~ 究極のハンデ戦は意外な結末
  4. 【ちょっと早いドラフト採点】 阪神だけがゼロである。歪なドラフト戦略
  5. 審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>
  6. 【ドラフトで読み解く】広島カープは日本ハムの10年遅れ?or阪神同様「プチ黄金期」?
  7. 【12球団どこに入団しても一緒?】柳田悠岐はどこの球団でも開花しただろうか?
  8. 2005年高校生ドラフトを評価。盟主が悲願の高校生目玉と大社目玉の両獲り ~ しかし、一番活躍したのは育成選手という皮肉な結果
  9. 阪神がFA選手に嫌われる理由
  10. 【人的補償の選び方】阪神の鶴岡選択が”正解”だった理由

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
05
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
07
06
05
2014
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss