プロ野球浪漫派宣言

「プロ野球が魅力を取り戻すにはどうすれば良いか」 私なりの考えを発信して行きたいと思います。

ravens

元南海ファン 関東在住 プロ野球人気が廃れることを憂いています。
  • 昨日のページビュー:1296
  • 累計のページビュー:2925172
  • (11月29日現在)

最新の記事

【ドラフトはタラレバが大事】指名結果まで2009年に似た阪神

少し前にこんな記事を書きましたが、 今年のドラフトは2009年に似ている。勝ち組のドラフト戦略を考察。 阪神は指名結果まで2009年に似てしまいましたね。 高校生目玉を外し、1位が大学生右腕投手(2009年は二神)、2位が大学生左腕投手(2009年は藤原)、3位が大学生右打ち野手(2009年は甲斐)。 3位が外野手と内野手の違いがありますが、中々似ています。 ドラフトは過去を振り返り......続きを読む»

神宮大会で発動された「コリジョンルール」と「タイブレーク」の考察

審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察> で、「高校野球においては、危険な走塁は積極的に注意すべきだ」と書きましたが、そうはなっていないようです。 神宮大会でも捕手が負傷しているにも関わらず、抗議が出るまでアウトにはならなかった。 高校生は心技ともまだまだ未熟なので、運営側がより安全な大会運営を心掛ける必要があるでしょう。 事故防止の観点からも、審判による積極的な......続きを読む»

ドラフトよりもトラックマンが向いている阪神前監督「和田豊」

阪神のフロントが刷新されましたが、当ブログでも以前、和田豊前監督の配置転換を勧めた記事があります。 阪神は和田豊を編成担当から配置転換した方が良い。 この記事は、適材適所の観点から、和田豊の配置転換を勧めた記事です。 実際に、テクニカルアドバイザーに配置転換されて、トラックマン分析チームを担当するとの報道がありました。 ドラフトによるチーム作りは、長期的な計画に基づく、戦略的な思考が必要で......続きを読む»

白鵬への批判がキケンな理由

次の過去記事放言はこの記事です。 【U-18日本代表にエールを送る。2012世界大会回顧】退場処分相当の米の悪質タックルを容認した韓国の球審、提訴しなかった日本。 この記事は判定に不服がある場合の、異議申し立ての重要性を書いた記事です。 審判の判定に対する異議申し立てで最近話題になったのは、白鵬問題でしょうか。 白鵬への批判がすごいですね。 白鵬が批判されるのは仕方のない事かも......続きを読む»

俊介は正解。大和は・・・・。

スポナビブログも終了するとのことで、気になっている過去記事を振り返ってみたい。 もう終わりなので、放言になってしまうと思うが・・・。(カテゴリー「過去記事放言」) <放言> まずはこの記事。 【超レーザービーム】阪神・大和はFA宣言するか?意外にもFA移籍に優しい阪神球団とファン。躊躇する理由は少ない。 この記事は一部で誤解されているが、大和にFA移籍を勧めたものではなく、単に......続きを読む»

【ドラフト2017 選手側から見た逆採点】 良い球団に指名された選手とそうでない選手

球団側から見た「ドラフト採点」が花盛りですが、逆に選手側から見たらどうでしょうか。 ドラフトで抽選になった選手について、その選手にとって良い球団が当たりクジを引いたか、そうでないか考察してみましょう。 < 中村 奨成 > 中村選手は広島と中日が競合して、広島が交渉権を得ました。 広島は高校生野手の育成に長けています。 一方、中日は投手の育成は得意ですが、高校生スラッガーの育成はイマイチです......続きを読む»

【ドラフト1位公表の事情を考察する:阪神編】阪神フロントは、なぜ清宮を欲しがるのか。入札を公表した理由はなにか。

阪神が清宮の1位入札を公言しました。 私が知る限りでは、12球団最速の入札公言だったと思います。 なぜ、阪神というか、阪神フロントは清宮を欲しがるのでしょうか。 また、なぜ早々に”公言”したのでしょうか。 その辺りを考察してみます。 <短期的な成果を残したい事情> 阪神のフロント上層部は概ね、親会社からの出向・転籍です。 つまりプロフェッショナルではなく、サラリーマンです。 オーナー......続きを読む»

【ドラフト1位公表の事情を考察する:広島編】カープフロントは”誰”の機先を制したのか

広島カープが1位入札選手を公言しました。 1番人気を集めそうな清宮ではなく、同じ高校生野手の中村に入札するとのこと。 以前このブログでも、考察しましたが広島はよくこの戦略を取ります。 【勝組のドラフト戦略考察】一般的な「逆張り戦術」とカープ流「二番手狙い」 かつてのカープ流は人気が集中する選手と同じカテゴリの二番手グループの選手を狙います。 それにより競合リスクを軽減するのが目的で......続きを読む»

阪神は和田豊を編成担当から配置転換した方が良い。

昨年のドラフト、事前の報道では、阪神は即戦力投手と京田か吉川の俊足内野手を狙っていると報じられていた。 事実、編成担当SD和田豊が吉川(巨人D1位)などに、べったり張り付いていたらしい。 即戦力投手と俊足野手、というのは和田豊が監督時代に毎年要望していたので、恐らく和田豊が主導したドラフト戦略だったのだろう。 しかし、ドラフトの指名は全く異なるものになった。 金本が、異なる意見を出し、そ......続きを読む»

今年のドラフトは2009年に似ている。勝ち組のドラフト戦略を考察。

昨年のドラフトは2010年に似ていると記事に書きましたが、今年は2009年に似ています。 投手と野手の違いはありますが、高校生に目玉がいて、社会人・大学生投手に目立つドラフト1位候補がいない。 そこで2009年ドラフトを参考に勝ち組のドラフト戦略を考察してみます。 2009年はメジャーを目指していた、菊池雄星が目玉でした。 結局、彼は6球団から入札を受けます。 西武、阪神、ヤクルト、楽天......続きを読む»

【CS雑感】阪神にオススメした細川成也が阪神に立ち塞がるか!?

昨日のCSファーストステージで高卒ルーキーの細川成也選手が代打で出場しました。 この選手、昨年のドラフト前では、当ブログにて阪神にオススメしていました。 【2016ドラフト:阪神にオススメの選手】ギャンブル覚悟で第二の”セイヤ”? 2位以下ではギャンブル覚悟でミスタータイガース候補が欲しい所です。 広島の鈴木誠也選手を彷彿とさせるのが細川成也ですね。 鈴木誠也と同じ投手出身(という......続きを読む»

【巨人も広島もピンチ?】クジ運最強でも地元高校生は中々獲れない!?フランチャイズ制と相性最悪のドラフト抽選制度

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編③】クジ運は強いが最下位に沈んだ2球団 の続き記事です。 さて、最後はクジ運1位と2位です。 CSファーストステージで戦う2球団です。 まず2位から。 【2位:西武(1勝1敗)4点】 当てたのは、6球団競合の菊池雄星(+5点)。 外したのは、増渕竜義だけです。 西武は1回目の入札で高校生に入札する事が多く、近5年では3回高校生(森......続きを読む»

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編③】クジ運は強いが最下位に沈んだ2球団

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編②】意外とクジ運の悪くない巨人と阪神。問題点はドラフト戦略OR育成?。 の続き記事です。 次も同点で2球団並んでいますので、4位は無く、3位が2球団です。 なぜか、今シーズン最下位の2球団です。 【3位:ヤクルト(3勝4敗)2点】 ヤクルトがクジ運勝ち組というと、ヤクルトファンは意外かもしれません。 当てたのは、5球団競合の佐藤由規(+4点)......続きを読む»

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編②】意外とクジ運の悪くない巨人と阪神。問題点はドラフト戦略OR育成?。

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編①】意外とクジ運の無いソフトバンクと日本ハム。クジ運の無さがマイナスにならない広島 の続き記事です。 次からは”クジ運”勝ち組です。 同点で2球団並んでいますので、6位は無く、5位が2球団です。 【5位:巨人(3勝2敗)1点】 巨人がクジ運勝ち組というのは、意外かもしれません。 当てたのは、ともに2球団競合の辻内崇伸(+1点)と大田泰示(+1......続きを読む»

【清宮も競合必死。高校生のクジ事情:球団編①】意外とクジ運の無いソフトバンクと日本ハム。クジ運の無さがマイナスにならない広島。

清宮も競合必死という事で、ドラフトにおける競合した高校生のクジに関するお話です。 楽天が参画して今の12球団体制になって以降、各球団のクジ運と入団後の状況を確認しましょう。 クジ運の定量的な量り方は、以前と同じ次の方法です。 高校生だけに特化して評価してみます。 【クジ運の定量化方法】 クジ運を定量的に分析・評価する為に、抽選の結果を点数に換算してみたいと思います。 換算方法は以下の通りで......続きを読む»

【2016ドラフト中間振り返り(後篇)】高校生指名の新たなリスクが浮かび上がる。

『人の行く裏に道あり、花の山』 有名相場師が残した格言ですが、大学生投手以外に入札した5球団は単独指名、俗にいう「一本釣り」でした。 では、その5球団です(成績は9/23時点) <「地に辛い」オリックス> オリックスは社会人の山岡投手でした。 投球回数140回。防御率3.47。 規定投球回数をクリアして防御率も優秀。 評価「ポジティブ(活躍済み又は活躍する強い兆候が見える)」。 ”即......続きを読む»

【2016ドラフト中間振り返り(前篇)】清宮のプロ志望で注目。各球団1位入札志向。育成志向のソフトバンク。

さて、清宮選手の動向がプロ志望であることが、明らかになりました。 2017ドラフトの最大のポイントが明確になったことで、各球団のドラフト動向もはっきりしてくるでしょう。 そこで、ちょっと早いですが昨年のドラフトを振り返って、1位選手の評価とともに、各球団の1位入札の志向を考察してみます。 選手の評価は、9月22日時点の成績を基に、投手は投球回数と防御率。野手は塁打数を基本に評価します。 尚、ま......続きを読む»

巨人の選手層が薄い原因。ドラフトで指標・数値に頼り過ぎてはいけない。

マスコミは清武時代を美化して、”清武の乱”以降、巨人が悪化していると報じていますが、本当にそうでしょうか。 『清武時代に指名された投手が少ない現状』 清武元GMが編成を担っていたのは、2004年~2011年のドラフトまでです。 この間のドラフトで指名された選手は、 高校生なら、23歳~31歳。 大学生なら、27歳~35歳。 一軍の主力戦力として活躍して欲しい年代です。 ところが、現在、主戦力......続きを読む»

阪神藤浪復活に最適な投手コーチ&女房役は誰か。

阪神が藤浪を潰しつつある現状に不満な方が、「トレードに出すべきだ!」と騒いでいるようです。 トレード云々はおくとして、指導環境が変われば、藤浪は復活できるでしょうか。 今の藤浪に最適なコーチを考察してみましょう。 藤浪の問題点は、 ①抜け球が多く、死球を与える ②死球を与えた後、崩れる の2点でしょうか。 ①は技術的な問題が大きく、②はメンタル面の問題が大きいのでしょうね。 いっそ、ラグ......続きを読む»

【巨人が優勝するために足りないモノ】「失策、与四球が多いと優勝できない」という考えは時代遅れ<その②>

【巨人が優勝するために足りないモノ】「失策、与四球が多いと優勝できない」という考えは時代遅れ の記事について、反論のコメントを頂いた。 記事について、説明を少し追加したい。 昔は、現在と比べ体格も小さく、パワーも少なく、打撃技術も高くなかった。 なので、現在より攻撃面で大きな差はつき難かった、という仮説。 その前提に立てば、守備のミスで失う1点の重みは今よりも大きかった。 ところが......続きを読む»

【巨人が優勝するために足りないモノ】「失策、与四球が多いと優勝できない」という考えは時代遅れ

巨人と、巨人より上にいる広島・阪神との差はどこにあるのだろうか。 『投手力は負けていない』 巨人のチーム防御率は3.30でリーグ1位である。 与四球は324でこれもリーグ最少。広島は447でリーグワースト2位、阪神は407でリーグ3位である。 失策は巨人63、広島68、阪神78でこれも巨人の方が上だ。 ディフェンス面で言えば、巨人が広島・阪神に劣っている面は殆どない。 差はやはり攻撃......続きを読む»

【ローズS屈辱の乗り代わり】和田竜二、意地を見せる

GⅡフローラS1着、GⅠオークス2着の実績馬から降ろされた和田竜二騎手が意地を見せました。 元々、この乗り代わりは、フローラSは12番人気で1着、オークスは6番人気で2着と人気を遥かに上回る結果を出しながらの乗り代わり。 周りから疑問の声が多数。 和田騎手の心情や如何に。 結果は、ローズSで8番人気馬に騎乗し、渾身の追い込みで、降ろされた馬も含め強敵相手にスカッとする勝ち方。 こういうの......続きを読む»

【DeNAの弱点が露わになった対広島23回戦】

対広島23回戦は、優勝を争う上でのDeNAの弱点が露わになった試合でしたね。 8回の攻防でノーアウト満塁から点が獲れなかったのが敗因でしょう。 ここでは、選んだ四球数リーグワースト2位という、DeNAの選球眼の悪さが出ました。 かなりボール球に手を出して、広島を助けていました。 相手の今村はアップアップだったので、もう少し選球眼の良い打者であれば大量得点だったでしょう。 乙坂は今シーズン選んだ......続きを読む»

【球児より防御率の悪いドリスとマテオ】阪神は新しい守護神を探した方が良いのでは。

報道によると阪神が来季もドリス・マテオと契約を結ぶとか。 それなりの実績があるので保険としては良いと思う。 でも、今より上を狙うなら、新しい守護神も探した方が良いのでは。 ドリスとマテオは、ケガや疲れに弱そうで”タフさ”を感じない。 春先はいいが、秋口にパフォーマンスが落ちると、優勝を争うチームの守護神としては、頼もしさがちょっと物足りない。 防御率もいつのまにか球児よりも悪くなった。 ......続きを読む»

巨人、阪神が、ドラフトで広島を手本にするのが無理だと思う理由

【巨人のドラフトの改善点を考察する】広島との比較は意義が薄いと思いつつ・・・俊足野手の選び方に問題ありか。 の続き記事です。 そもそも巨人や阪神がドラフトで広島を手本にするのは無理ではないか、と思う。 広島の場合は、丸にせよ、菊池にせよ、成功している選手にオーナーが深くコミットしている。 巨人でも、阪神でも、オーナーがタクシーに乗って、 タクシーの運ちゃんに「ウチの息子は大学で野......続きを読む»

広島がつき、巨人がこねし○○餅、座りしままに食べるのは・・・。

※記事名は「織田がつき 羽柴がこねし天下餅 座りしままに 食ふは徳川」という有名な落首から。 育成制度は元々広島が考えたものでした。 広島は支配下選手枠の拡大を目指した(先代オーナーの遺言?)のですが、多くの球団に反対され果たせませんでした。 反対の理由は、表向きは色々ありますが、要は「お金のかかる事はしたくない」「お金持ち球団が有利になる」というものが多数でした。 そこで広島が妥協策として考......続きを読む»

【阪神に悪い予兆!?その②】掛布退任!

以前、 【阪神に悪い予兆!?】原口を発掘したスカウトら退団 という記事で、原口や岩崎などをドラフト6位で発掘したスカウトの退団を記事にしました。 初年度から活躍した岩崎は兎も角として、不遇の時代を支えてもらった原口は相当ショックだったと思います。 その時、これが悪い予兆にならなければいいな、と思いましたが、今度は掛布退任・・・。 しかも、”世代交代”などという、取ってつけたような理由で......続きを読む»

【U18日本代表】偏った選手起用に疑問

【U-18日本代表にエールを送る。2012世界大会回顧】退場処分相当の米の悪質タックルを容認した韓国の球審、提訴しなかった日本 の記事で 大事な試合を良いコンディションと環境で迎えられるように、負荷が平準化できる選手選考や選手起用が望まれます。 と書きましたが、教訓は生かされること無く、大変偏った選手起用となってしまいました。 特に田浦投手、徳山投手、小園選手は酷使された印象です。 ......続きを読む»

【U-18日本代表にエールを送る。2012世界大会回顧】退場処分相当の米の悪質タックルを容認した韓国の球審、提訴しなかった日本

生き残りを賭けた因縁の日韓戦。藤浪、連投で先発マウンドへ。【2012世界大会回顧。その時、藤浪 晋太郎は日本のエースだった②】 の続き記事です。 <2012世界大会回顧ですが、アメリカ戦を振り返るまえに> 勝てば決勝進出と言う大一番を迎えた日本代表ですが、8連戦目という事もあり、選手たちの消耗が激しかったです。 特に甲子園で決勝まで戦った藤浪、森、北條は蓄積された疲労に8連戦を主力として戦っ......続きを読む»

【金本阪神3連敗】ローテを崩すとロクなことは無い

金本監督の若手にチャンスを与える選手起用は大変すばらしいと思います。 秋山投手とかは、前監督のままだと未だに二軍の帝王だったかもしれません。 また、リリーフ投手の起用についても1年目よりはるかに良くなっていると思います。 それはそれとして、ローテを崩してまで藤浪を広島戦に起用したのは失敗だったと思います。 金本阪神が3連敗しましたが、思えば中日戦でローテを崩して藤浪でなく、メンドーサを先発させ......続きを読む»

1 3 4 5 6

このブログの記事ランキング

  1. 2008年ドラフトを評価。現行制度の始まりは究極の下剋上 ~ ”不作”の年に狙うべき選手が解る。その法則とは。
  2. 2004年ドラフトを評価。源流がここにある ~ 金子取消騒動、日ハムBOS、阪神スカウト劣化、巨人裏取引etc
  3. 2005年大社ドラフトを評価。盟主が自由枠廃止派を鎮圧 ~ 究極のハンデ戦は意外な結末
  4. 【ちょっと早いドラフト採点】 阪神だけがゼロである。歪なドラフト戦略
  5. 審判は仙台育英の走塁を注意すべきだった<+大阪桐蔭の敗因考察>
  6. 【ドラフトで読み解く】広島カープは日本ハムの10年遅れ?or阪神同様「プチ黄金期」?
  7. 【12球団どこに入団しても一緒?】柳田悠岐はどこの球団でも開花しただろうか?
  8. 2005年高校生ドラフトを評価。盟主が悲願の高校生目玉と大社目玉の両獲り ~ しかし、一番活躍したのは育成選手という皮肉な結果
  9. 阪神がFA選手に嫌われる理由
  10. 【人的補償の選び方】阪神の鶴岡選択が”正解”だった理由

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
05
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
07
06
05
2014
12
11

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss