女子テニスも熱い

ネクストセレナ誕生なるか(祝大坂なおみWTA東レパン・パシフィックオープン決勝進出)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週WTAジャパンウィメンズオープンで大坂なおみの出来からいって正直この予想は考えられなかった。

 なぜなら先週までのWTAでの大坂なおみといえばグランドスラムと比べてモチベーションが段違い。  試合になれば相手もウィナー狙いの攻撃的なプレイヤーなら相手のミスもあって勝負が面白くもなるが、相手が大坂なおみのストロークにくらいついてどんどん拾われると、どんどんミスをおかして自滅負けを今シーズン何度となく見てきた。

 しかし大坂なおみのWTA東レパン・パシフィックオープンへのモチベーションの高さがグランドスラムスラム並みというしか個人的には説明がつかない。まさに脅威的なパフォーマンスとしかいいようがない。

 ここから後日アップするWTA東レパン・パシフィックオープンの記事を大坂なおみの箇所だけ先行で抜粋してこれから進めていきたいと思う。



WTA東レパン・パシフィックオープンの1日目本戦1発目はいきなり土居美咲と大坂なおみの日本ナンバーワン決定戦と相成った。


試合のほうはお互い攻撃的テニスをぶつけ合い、大坂なおみが土居美咲をねじ伏せた試合。

 これはお互いに言えるのだがもうちょっと相手の弱点を徹底的についていくクレバーな戦略をとって欲しかったのだが、いかんせん土居美咲はコーチングのタイミングがあまりにも遅すぎたし大坂なおみのパワーがナチュラルに土居美咲対策になっていたようにも思えた。

 いずれにしても土居美咲は今後大坂なおみに対して自分のテニスとか言ってる場合ではなく(試合後の会見で思ったのは自分のテニスは悪くなかったと今後も大坂なおみに負け続けるとしか思えない発言であったこと)ベースラインから下がってでも粘りに粘って大坂なおみのミスを引き出すテニスを展開していかなければならない。対大坂なおみを考えればウィナーをとることより大坂なおみのミスを引き出すことなのだ。

 そんなことは大坂なおみの今シーズンのWTAの試合のデータを見れば一目瞭然なのだが陣営はなにを考えているのだろうか。 相変わらずフォアハンドでウィナーをとりまくれなのか。もしこれが事実だとしたら呆れて物が言えないと思う。少しは相手を考えてくれとしか言い様がない。

大坂なおみの2回戦の相手は今シーズンWTAイーストボーン優勝にウィンブルドンベスト8のチブルコバ。

 お互いパワーを売りとして攻撃的プレイヤーなのでがっつり噛みあうのは間違いないと思っていたのだが、この試合とにかく大坂なおみのファーストサーブの入りが50%をゆうに超えた結果試合を掌握して形になり6-2、6-1と圧倒的スコアという勝利。

 しかも第2セット5-1からのサービンフォーザマッチで0-40の3ブレイクバックポイントのピンチを迎え全米のキーズ戦のようなシチュエーションになるもののしっかりと学習した大坂なおみにとってはこれをしっかりと乗り越えた上での勝利という更なる可能性をみせつけるような勝利といっていいのではないだろうか。


 大坂なおみの準々決勝はなんとプリスコバを撃破してきたサスノビッチの試合。とにかくまあ大坂なおみのファーストサーブが入らないこと入らないこと。

 それでもセカンドサーブが進化しているのを2016年からでもとてつもなく感じるわけで結局ブレイクされるわけだけれども、あっさりとブレイクされないことが大坂なおみのメンタルに影響するのかブレイクバックするのに好影響を与えていると感じられた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
WTAプレイヤー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ネクストセレナ誕生なるか(祝大坂なおみWTA東レパン・パシフィックオープン決勝進出)

ravegoodさん、いつも楽しくブログ読ませていただいております。
男子のように、絶対的に強い数人がいるわけでなく、ランキング20位以内ならだれが勝ってもおかしくない女子は、手に汗握って面白いです。
なんか、錦織くんより先になおみちゃんがグランドスラム取ってしまいそうで怖いです。
なおみちゃんの試合は、良くも悪くもなおみちゃん次第。出来が良ければ勝つ、悪ければ負ける。
ひとつも相手に主導権を握らせてないように見えます。
怖いもの知らずのうちに、グランドスラム取ってほしいですね。
個人的にはスイトリーナファンなので、残念な結果でしたが・・・

ネクストセレナ誕生なるか(祝大坂なおみWTA東レパン・パシフィックオープン決勝進出)

 相手の攻めがバックハンド中心になってきた感じがありますが、
バックハンドもあんなに良かった?
 ボレーも、”前に出るな!!”と思うような感じだったのが、上達している気がします。
 
技術の進歩が速いのは、若いからでしょうか?(もうすぐ19歳)

若さをうらやましく思う初老を実感しています。

 彼女を見ている高校生、あなたたちも伸びる!! かもしれません。

天性もありますが、スポーツだけじゃなく、若いって素晴らしい!!

こんな記事も読みたい

大坂なおみが、20位スビトリナに逆転勝利で決勝進出! ウォズニアッキ(28位)と対戦へ!(東レ・パンパシフィックOP2016)【0 to zeroのhorizon】

フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について【change-the-flow】

快進撃を続ける大坂なおみが、自身初のツアー4強! 準決勝はムグルサ(3位)と対戦の可能性も!(東レ・パンパシフィックOP2016)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconravegood

女子テニス(WTA)メインで不定期更新ではありますがよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:137
  • 累計のページビュー:1595752

(10月16日現在)

関連サイト:Twitterアカウントです。

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クルム伊達公子のため息問題を改めて考える(日本で行われるテニス大会で応援する皆様へ)
  2. WTA東レパン・パシフィックオープンとWTA広州とWTAソウル
  3. 現在の女子テニス勢力図
  4. ネクストセレナ誕生なるか(祝大坂なおみWTA東レパン・パシフィックオープン決勝進出)
  5. 【緊急投稿】沢松奈生子と浅越しのぶの解説について思うこと。
  6. 【緊急投稿】フェド杯日本代表監督土橋登志久を更迭せよ
  7. 報ステ土居美咲特集で言いたいこと
  8. 五輪とシンシナティどっちが重要なのか
  9. 土居美咲トップ10への道
  10. 2017全米オープン(女子)の展望【ドロー解説】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss