女子テニスも熱い

プロテニスプレイヤーと芸能人カップルをテニスの歴史から考えて見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて久々に男女問わないテーマになったのだが、このタイトルからもう皆さんご存知の通り、嫌でも話題になっている錦織圭と観月あこカップルのことである。


 まあ、すべて憶測の域をでないゴシップネタでしかないのだが、果たして話すことは何もないのか考えてみたら、テニスの歴史を遡ると興味深い事例が2つほど見つかったのである。


 それは過去にいたプロテニスプレイヤーと芸能人のカップルから、なにか学ぶことはないのかということだ。


 そしてその2組のカップルこそ、錦織圭と観月あこカップルの行く末を予想できるのではと思うことがあったのである。


まず1組目はジョン・マッケンローとテータム・オニール

そして2組目はアンドレ・アガシとブルック・シールズ


この2組のカップルの結末はどちらも離婚という結果に終わり、マッケンロー、アガシはこの時テニスの成績はさっぱりだったのである。

 マッケンローは現役引退し、アガシはその後シュティフィ・グラフと結婚しV字回復したのは有名な話である。


 そう、マッケンロー、アガシでさえも抗うことができなかったのであり、テニスが上向くことがなかったのである。


 それだけ錦織圭は現在、ある種グランドスラム優勝より難しい難題に取り組まざる得ない状況になってるといってもいい。



 そして錦織圭は2017年ランキング1位を以前テレビ番組で公言していたからこそ、今年度、なんとかしてもトップ10キープとATPファイナル出場しなければならない。


 この2つも逃してしまえば、当然女のせいにされるのは必然であり、破局するか、結果を出さない限りその声は鎮まることはないだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
WTA雑感
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プロテニスプレイヤーと芸能人カップルをテニスの歴史から考えて見る

錦織君この2年間の敗戦原因は、彼女だけの問題ではありません。サーブのグリップにありです。一見薄いグリップにみえますが、手のひらが後ろ側の厚めです。いわゆる初心者的グッリプに近く、体の回転、肘の伸展が小さいフォームです。だから腹筋や手首に故障が多いのです。モンフィス戦で証明されました。ダブルフォールトからいつものように崩れました。ジョコビッチも低迷しているとき、大事なところでよくダブって負けていました。セカンドサーブのメンタルが弱かったのです。体力、メンタル強化よりも緊急の課題は、手のひらが上にくる薄いグリップに変えることです。セカンドサーブに絶対的な自信がない限り、このような負けが繰り返されます。以上薄いグリップチェンジによるサーブ改善お願っています。

プロテニスプレイヤーと芸能人カップルをテニスの歴史から考えて見る

確かに芸能人としての知名度の差は如何ともし難いですよね。

錦織圭と近しい女性芸能人って同い年の桐谷美玲さんがいますが、仮にお二人がお付き合いしたら
どうなっていたのか考えると、すべて好転するのかといえばなんとも言えないところがありますよね。

プロテニスプレイヤーと芸能人カップルをテニスの歴史から考えて見る

錦織圭と参考になりそうなレベルのプロテニスプレイヤーと芸能人カップルって調べても
意外といないもんなんですよ。トップ100外のプレイヤーも調べたら出てくるのかもしれませんが
そのカップルがいたとして参考になるのでしょうか。

プロテニスプレイヤーと芸能人カップルをテニスの歴史から考えて見る

なぜか気持ち悪いくらい、ブロガーさんの誰もが触れなかったあの女の話題を取り上げたことに賛辞を送ります。

こんな記事も読みたい

各種ランキング(2017/8/7)※2週分【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

最近の錦織圭選手【no title】

荒れるモントリオール ナダルも敗退!今ボロボロ錦織がUS OP#8シードと4年連続Tour Finalsは完全射程圏内!どう勝ち取る!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconravegood

女子テニス(WTA)メインで不定期更新ではありますがよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:525
  • 累計のページビュー:1594966

(10月13日現在)

関連サイト:Twitterアカウントです。

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クルム伊達公子のため息問題を改めて考える(日本で行われるテニス大会で応援する皆様へ)
  2. WTA東レパン・パシフィックオープンとWTA広州とWTAソウル
  3. 現在の女子テニス勢力図
  4. ネクストセレナ誕生なるか(祝大坂なおみWTA東レパン・パシフィックオープン決勝進出)
  5. 【緊急投稿】沢松奈生子と浅越しのぶの解説について思うこと。
  6. 【緊急投稿】フェド杯日本代表監督土橋登志久を更迭せよ
  7. 報ステ土居美咲特集で言いたいこと
  8. 五輪とシンシナティどっちが重要なのか
  9. 土居美咲トップ10への道
  10. 2017全米オープン(女子)の展望【ドロー解説】

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss