新日とホークスと

プロレス大賞、MVPに関しては文句無しだが……

このエントリーをはてなブックマークに追加

久々にプロレスに関して投稿します。 先日、東スポが制定するプロレス大賞が発表されました。各賞に関しては流し見程度にしか見ていないのですが内藤のMVPに関してはほぼ文句無しの選出ではないでしょうか。

去年までの大ブーイングを大歓声に変えてしまった内藤の覚醒ぶりは次期エースと呼ばれていた頃の目標とは違う道のりになってしまいましたが、これもプロレスの面白さなんでしょうね。今年の東京ドームまではオカダ時代本格到来と言われていたのが嘘みたいです。

本題はここからです。ベストバウトを見た時、目が点になりました。オカダVS丸藤……それもG1の開幕戦がベストバウトになっていました。 あの試合は両国以上にオカダが一方的にやられていた記憶しかなかったのでそもそも候補に入った事すら驚きです。あれってどういう基準で候補に挙がったのか凄い疑問です。

自分はG1の内藤VSケニーがベストバウトになるものだとばかり思っていたので、不意打ちを食らった様な気持ちです。去年のオカダVS天龍さんはともかく、あの試合をベストバウトにしてしまうのはどうなの?という気持ちです。

はっきり言って、オカダが絡む試合に絞ってもドーム&G1のVS棚橋戦やG1での石井戦と他にベストバウト取れそうな試合はあるんですけどねぇ。丸藤戦にしても一方的にオカダがやられているのは変わらないですけど、両国のが内容は良かったと思いますし。

明らかに疑問符のつく選出にオカダ本人も戸惑っているみたいですね。こうやって客観的に見れるところは好きです。

ただ、これで最近ネットで目にする事が多くなった気がするオカダ叩きがヒートアップしないか不安です。木谷オーナーの2億円プロジェクト発言や今回の件にしてもオカダを推そうとして良かれと思ってやっている事が裏目に出ていると思うんですよね。なんやかんや試合で魅せる事は出来ているのですから、あまり周囲が余計な事をしない方がいいのではないでしょうか。

オカダが好きだからこそ、逆に心配になります。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

技の品評会&予定調和のプロレス、ギャンブル依存撲滅 12・23(祝)二見社長×ターザン山本!「最近のプロレスはレスリングの要素がほとんど無くなった」【極上の“T-1二見激情”見参】

観戦記1242 WBAインターナショナルスーパーミドル級王座決定戦 ジョージ・グローブスvsデビット・ブロフィー【人生マイペンライ】

三浦と内山。日本ボクシングの命運はこの二人に託された。【黒髪のかねろの整理場所】

ブロガープロフィール

profile-iconrainhawks

新日本プロレスとホークスが好きな見る専人間です。

ホークスで好きな選手:松田選手、柳田選手、上林選手、攝津投手、千賀投手

新日本で好きな選手:オカダ選手、石井選手、矢野選手、内藤選手、オスプレイ選手、髙橋ヒロム選手
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:242193

(01月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 他の国を甘く見過ぎてない?
  2. 内藤哲也と後藤洋央紀
  3. 激動の新日本プロレス
  4. 遂に切り札を出した新日本
  5. オカダが天龍最後の対戦相手に選ばれた意味
  6. 森福FAについて
  7. プロレス大賞、MVPに関しては文句無しだが……
  8. ロード・トゥ・東京ドーム
  9. そう言われるのは分かっているけど
  10. 失速の原因は松中?ちょっと待ってよ

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
11
10
09
08
03
02
2015
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss