新日とホークスと

混沌の荒武者の正念場

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご無沙汰しています。中々仕事が忙しく、時間が取れませんでしたが今回はどうしても書きたいと思い、筆を執りました。 自分が休んでいる間、新日本プロレス内では大きなうねりが起きました。 中邑、AJ、アンダーソン、ギャローズといった主力選手の離脱に始まりエルガン、柴田の所属契約締結、ヨシタツの復帰、待ちに待ったけど想像以上の内藤の覚醒とホントに見る人を飽きさせない展開が続いています。 そんな中、自分が中邑、AJ離脱後のキーマンとしてあげた一人、後藤洋央紀は苦しんでいるように思います。 ドームでは内藤に勝利したものの、IWGP戦では決死の覚悟を見せたもののオカダに敗北しNJCでも決勝まで進みながら内藤に星を返され。 中邑からは透明人間、内藤からはキャプテン・クワナと揶揄される程、後藤はその存在感を放てません。 プロレスの内容に関しては、文句をつける人はそんなにいない様に思います。けれど、絶望的なまで発信力が無い。自分がどうしたいのか棚橋やオカダ、内藤の様な明確なビジョンが見えてこない。後藤革命は何がしたかったのか。その辺りでみんなやきもきしていると思いますし、自分もそうです。 そんな後藤に手を差し伸べたのが、オカダでした。CHAOS入りしてからはコスチュームも赤基調に変え、更に新たなフィニッシュホールド、GTRをひっさげて混沌の荒武者としての一歩を踏み出しました。 しかし、それからも目立った何かを残している訳ではありません。ユニットが変わり、フィニッシュを変えただけではまだファンは後藤を完全には認めません。そんな後藤にとって、正念場となる一戦があと少しでやってきます。 G1クライマックス優勝決定戦。後藤洋央紀VSケニー・オメガ。このカードを予想していた人が何人いるでしょうか? チケットが完売しているから強気に出たとも考えられますが、そこは置いておいて。 この優勝決定戦で後藤は勝っても負けても、今までに無い新しい後藤洋央紀を要求されるでしょう。一昨日、昨日の棚橋VSオカダ、内藤VSケニーはどちらもベストバウト級の凄まじい試合でした。幾らその試合を魅せた一角であるケニーが相手とはいえ、後藤がそれを上回る試合が出来るかというと……不安しかないです、正直。 でも、ここであの2試合に並ぶ、もしくは超える試合を魅せなければ後藤洋央紀というレスラーはずっとこのままで終わってしまうと思います。 内藤は殻を破れた。次は後藤の番です。自分の不安を消し去る試合を魅せてくれることを、信じています。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1177 Krush.67 70kg級王座戦 ジョーダン・ピケオーvs山崎陽一【人生マイペンライ】

偉業を成し遂げるためには当たり前を積み重ねることなのだ。大横綱千代の富士の言葉は、我々一般人の胸にも響くものでがある。【独断と偏見の相撲ランキング】

BCとロスインゴの頂上対決は、想像を絶する試合に。【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconrainhawks

新日本プロレスとホークスが好きな見る専人間です。

ホークスで好きな選手:松田選手、柳田選手、上林選手、攝津投手、千賀投手

新日本で好きな選手:オカダ選手、石井選手、矢野選手、内藤選手、オスプレイ選手、髙橋ヒロム選手
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:242193

(01月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 他の国を甘く見過ぎてない?
  2. 内藤哲也と後藤洋央紀
  3. 激動の新日本プロレス
  4. 遂に切り札を出した新日本
  5. オカダが天龍最後の対戦相手に選ばれた意味
  6. 森福FAについて
  7. プロレス大賞、MVPに関しては文句無しだが……
  8. ロード・トゥ・東京ドーム
  9. そう言われるのは分かっているけど
  10. 失速の原因は松中?ちょっと待ってよ

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
11
10
09
08
03
02
2015
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss