新日とホークスと

内藤哲也と後藤洋央紀

このエントリーをはてなブックマークに追加

中邑真輔という大きな存在が抜けた新日本において、個人的に今気になっている存在がタイトルの二人です。今年の新日はこの二人の覚醒が大きな鍵を握ると思っています。

この二人は結構、似た者同士だと思います。将来を期待されていながら中々伸びず、ファンからのブーイングに晒されていたり。IWGPヘビーに挑戦できても取れなかったりと。

個人的に、二人のプロレスは嫌いじゃないんですよね。内藤はヘビーながら軽い身のこなしを生かした戦い方、後藤はとにかく一直線、真っすぐなプロレスをするという印象です。なのにファンからの支持は伸び悩んでいる。何故なんだろうな、と不思議に思ってました。

確かに後藤はかなり不器用だと思います。以前に柴田に酷評されたコスチュームチェンジや前回のオカダ戦での白装束での登場など、後藤なりに試行錯誤しているのは分かります。けれど、じゃあ肝心のプロレスの中身はどう変わったの?となると実はそんなに大きく変化はしていないんですよね。

そしてニュージャパンカップでも、フィニッシュホールドである昇天・改をここまで使っていません。それ自体は別に構わないと思うのですが勝ち方が丸め込みだったり、ミドルキックだったり。

正直、今の後藤に求められている勝ち方じゃないと思います。フィニッシュを変える事が変わった事なのか、と言われると個人的には疑問符です。大きくやってるプロレスの内容が変わっていないのなら、昇天・改にこだわってもいいんじゃないでしょうか。それか内藤みたいに新たなフィニッシュを引っ提げても良かったのではないでしょうか。

そんな迷える後藤に手を差し伸べているのが、事実上のCHAOS二代目リーダー、オカダです。今はまだ拒否していますが、今のままでもいけないと思います。中邑の後釜にはなれないと思いますが、自分を大きく変える意味でも、オカダの手を取るのはありなのではないでしょうか。

今現在、ファンからのブーイングに晒されている後藤とは対照的に、自分を変えて歓声を集めつつあるのが内藤です。

去年のメキシコ遠征の際にロス・インゴベルナブレス入りし、その後EVIL、BUSHIと共にロス・インゴベルナブレス日本支部となるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを結成。グッズの売り上げ含めて今一番勢いのあるユニットではないでしょうか。

そんな内藤も本当最近までファンのブーイングを浴びていました。かつてのエース候補はもがき苦しみ、このままではいけないと思い立ち自分を変える行動に出ました。

最初こそのらりくらりとした態度が受け入れられず、ブーイングに晒されていましたが本人は吹っ切れたようにそのブーイングを逆手に取り、こう訴えかけます、「トランキーロ、あっせんなよ」と。

そして試合外でも歯に衣着せぬ物言いで新日本そのものに噛みつき、ある意味ファンが思っている事を代弁してくれている様なそんな存在へと変わっていきました。そんな姿勢が少しずつファンの共感を集めていき、秋の領国ではパレハ発言もあって棚橋との声援量が逆転する現象が起きました。

次は何をして、何を言ってくれるんだろうという内藤への期待は日に日に高まっているのを感じます。その期待が昨日の後楽園での石井戦で爆発しました。

最初はいつも通りのらりくらりしていたのに、やがて石井の猪突猛進な攻撃を何度も受け止め、それを返し反撃する。それに石井も応えるものだからどっちが勝ってもおかしくない状況となり、後楽園は熱狂の渦と化しました。

そして最後の垂直落下式ブレーンバスターをデスティーノで切り返した瞬間、震えが来ました。こんな試合が出来るのなら、ますますオカダとのタイトルマッチを観たくなってしまいます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1080 K-1 65kg級 日本代表決定トーナメント 野杁正明vs木村ミノル【人生マイペンライ】

限定2名!3・23(水)ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦(フリーダムズ)できる方を募集!解説&ターザンバッチ付き【極上の“T-1二見激情”見参】

山中慎介10度目の防衛でいよいよビッグマッチの機が熟す【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconrainhawks

新日本プロレスとホークスが好きな見る専人間です。

ホークスで好きな選手:松田選手、柳田選手、上林選手、攝津投手、千賀投手

新日本で好きな選手:オカダ選手、石井選手、矢野選手、内藤選手、オスプレイ選手、髙橋ヒロム選手
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:242193

(01月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 他の国を甘く見過ぎてない?
  2. 内藤哲也と後藤洋央紀
  3. 激動の新日本プロレス
  4. 遂に切り札を出した新日本
  5. オカダが天龍最後の対戦相手に選ばれた意味
  6. 森福FAについて
  7. プロレス大賞、MVPに関しては文句無しだが……
  8. ロード・トゥ・東京ドーム
  9. そう言われるのは分かっているけど
  10. 失速の原因は松中?ちょっと待ってよ

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
11
10
09
08
03
02
2015
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年01月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss