コンディショニングトレーナー平出貴子のブログ『Rai's☆ラクロス✖️コンディショニング』

ストレッチで気をつけたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは☆

なんか、最近すごく寒くないですか?

実家の山梨に帰ってきて、朝洗濯物を干したら、3分後にはパリパリに凍り始めました(‾∇‾)

さて今日は、誰もが知ってるストレッチ。

硬く、長さが短くなった筋肉を、元の長さに戻す運動ですが、

ストレッチの効果を最大に引き出す、オススメのタイミングをご紹介したいと思います☆

まず、ストレッチって、気持ちがいい時と、そうでもない時ってありませんか?!

もしかしたら、身体の柔らかい方にはよくわからない感覚なのかもしれませんが、

身体の状態と、タイミングによって、ストレッチの効果ってかなり変わってくるんです。

筋肉には自動性の反射(自己抑制)という特性があり、力をぎゅーっと入れて筋肉が縮んだ後は、筋肉がリラックスして伸ばしやすくなります。

反対に、いきなりビーンと強く筋肉を伸ばそうとすると、筋肉としては、

「これ以上無理やり伸ばされたら切れてしまう!」

という防衛反応が働き、

伸張反射という、筋肉が伸ばされ過ぎた後に、縮もうとする反応が出てしまいます。

なので、痛いのを我慢して、ギューギュー伸ばしてる時って、実はそのあと筋肉が硬く縮まってしまって実は逆効果ということなんですね!

これを踏まえた、ベストタイミングは、

ズバリ練習やトレーニングの後すぐ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

筋肉自体も温まっているので、気持ちよく伸ばせて、血行が良くなるために疲労が抜けやすいです!

痛くなくて気持ちよく感じるくらいがちょうど良い伸び具合だと思います(´꒳`)

反対にあまり良くないタイミングは、身体がキンキンに冷えている時や、朝起きてすぐの、筋肉をあまり動かしていない時!

まさしく、今どきの朝練ですね(°▽°)

運動前のストレッチに関しては賛否両論ありますが、今日はそこは置いといて…

朝練でストレッチをする場合は、ジョグをして少し汗ばむくらい身体をしっかりと温めてからの方が良いです!

また、ストレッチしたい筋肉をしばらくさすったり、軽めの筋トレのように筋肉に力を入れてから、ゆっくり伸ばした方が安全にできると思います。

寒いと筋肉も硬くなるので、ストレッチで痛めないように気をつけてください☆



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
#伸張反射
#ストレッチ
#コンディショニング
#ラクロス

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフスイングを迷路に誘う「大いなる誤解」 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフ◯アプローチの達人になろう【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」 12/18~12/24のバスケットボール・スクール情報【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

ブロガープロフィール

profile-iconrai05

  • 昨日のページビュー:25
  • 累計のページビュー:1532

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 涙が出るほど筋トレをやってみた
  2. どーしてもやる気が出ないときは。
  3. どちらが腹筋を使っているでしょうか?!
  4. ストレッチで気をつけたいこと
  5. 筋肉はモッチモチ
  6. ☆足のコンディショニング
  7. ブログはじめてみました☆
  8. 捻挫からの捻挫
  9. 食べたいものを食べたい時に美味しく食べる食事法
  10. 何のためのトレーニングか?!

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss