考える足

新メンバーに示した最低限のクォリティ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月16日 日曜日 J1リーグ 第7節 Kick off 19:03 観衆 13,159人 晴れ 20.4°C

鹿島アントラーズはアウェイでベガルタ仙台と戦った

前節セレッソ大阪戦に敗れ、その3日後に戦ったACLのブリスベン・ロアーにも敗れ 公式戦2連敗を喫している 試合内容も攻撃がちぐはぐだったり、ミスがらみの失点があったりとチーム状況がよくないまま 試合を迎えた

5月は、リーグ上位陣との戦いが多く今は引き離されないようにしたい

対戦相手のベガルタ仙台は前節、浦和レッズとアウェイで戦い 7-0と歴史的な大敗を喫したが、 中3日のルヴァンカップではホームで磐田と対戦し2-0と勝利している

勢いがあるので油断できない相手になった

スタメンは、GKクォンスンテに代わり曽ヶ端 DSは、西、植田、昌子、山本 ボランチは、永木、小笠原 インサイドハーフに遠藤、中村 トップには、怪我から復帰した金崎、土居が名を連ねる

前半の序盤はお互いがチャンスをつかむ

5分 左サイドでパスを受けた佐々木からのクロスをクリスランがオーバーヘッドするも ミートせず

18分 シュミットダニエルの前方へのパスを 永木がカットし土居にパス 土居のシュートはGKシュミットダニエルがセーブした

22分 FWクリスランが左サイドのタッチライン際に落としたボールを MF佐々木が追い付き、右からオーバーラップしたMF石原にクロスを挙げるも昌子が石原をマークし 仕事をさせない

均衡が破れたのはそのプレー後

鹿島ゴールキックが起点となる

曽ヶ端からのボールを西が胸トラップし前を向くと バイタルエリアが空いていたのを見逃さずドリブルを開始

ペナルティアーク前までボールを運んだ西はCB平岡のチェックをフェイントでかわしての シュート

ゴール右隅に決まった

ゴールキック時 ハイプレスをかけていたベガルタ仙台は 昌子、植田をマークするも最終ライン右に下りた小笠原をマークについていなかった

マークをするのは、佐々木の役回りだが小笠原と15メートル手前にいた西との間にポジションをとり 小笠原にパスを出すように仕向けていた

佐々木はゴールキック時に小笠原をマークするため前方に走り出すが 逆をつかれ西へのマークが遅れる

ベテラン曽ヶ端の駆け引きの勝利だ

試合後のコメントで 「狙ったところに蹴りました」と残している

相手への流れが向きかけた中でのゴールは チームをさらに勢いを増す

28分

永木のフィードをペナルティエリア前にいた土居が胸で落としたボールを 金崎→遠藤→山本とわたり 山本はペナルティエリア左からグラウンダーのクロス

GKとDFの間を通ったボールに 金崎がスライディングするもわずかに合わなかった

30分 最終ラインで西からボールをもらった 昌子は右にポジションチェンジしていた中村の L字の動きを見逃さずスルーパス ペナルティエリア内でボールを受けた中村はDFの石川に倒され PKを獲得した

PKを蹴るのは金崎 試合を決定づける意味でも大事な場面

金崎の蹴ったシュートコースは 196㎝のシュミットダニエルに読まれるも 触ることができずボールは右隅に吸い込まれた

反撃にでるベガルタ仙台に苦しむ鹿島

34分 WBの茂木が左タッチライン際でボールをもらいクロス クリスランがシュートを試みるも合わず こぼれたボールに佐々木が詰め寄るが昌子が間一髪クリア

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【広島】柏と千葉【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

『グランパス』山口戦に向けて【赤の血潮と、青の魂】

日曜日の対浦和レッズ戦、怪我人、続出のFC東京やや元気なし。【当てtoto】

ブロガープロフィール

profile-iconquad_k

  • 昨日のページビュー:60
  • 累計のページビュー:13986

(04月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 新メンバーに示した最低限のクォリティ
  2. 【所感】植田について
  3. 清水エスパルス戦に見る 植田の成長
  4. 【見どころ】鹿島X磐田

月別アーカイブ

2017
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss