プロレスインフォネット

オカダ・カズチカ選手の前途は洋々なのか多難なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

新日本プロレス2・12大阪大会で、難攻不落の棚橋弘至選手が敗れ、オカダ・カズチカ選手がIWGP初戴冠を果たしました。



オカダ選手のコメントはコチラ→



賛否両論あるようです。
オカダ選手では不安だという人もいるし、久しぶりのサプライズにワクワクしている人もいます。
また、今回は相手が棚橋選手だったから内容が伴ったと言う人もいます。

私は、予想以上に試合内容がヨカッタので、オカダ選手の認識が改まりました。
たしかに、相手を引き出すことが上手な棚橋選手だったからというのも正論だと思いますが、そうだとしてもオカダ選手は頑張ったと思います。


棚橋選手のほうが安定感あって安心してみていられるのは確かなので、オカダ選手で大丈夫かなと思う部分もあります。
次戦の内藤哲也選手との防衛戦が試金石となるのではないでしょうか。


さて、問題は、試合後の会場が大きな拍手で包まれたことです。
試合内容がすばらしかったので、拍手は当然だとは思いますし、メインを締めたオカダ選手は賞賛されてしかるべきだとも思います。


でも、ヒールターンしたオカダ選手にとっては、今後やりにくくなってしまうんじゃないかと危惧してしまいました。
まだキャラクターが確立できていない段階で、オカダ選手がこの先どうやって立ち位置を明確にしていくのか心配です。

キャリアが浅いので、そこを邪道・外道良選手の手腕に依存してしまうことにもなりそうだし、不安が先に立ってしまいます。


まぁ。
それも、個人的に棚橋選手を応援していた私感でいっぱいです。
棚橋選手が負けてしまって、オカダ選手を批判したいだけなのかもしれません。
小さなことかもしれないし、ただの杞憂に終わる可能性大です。
試合内容は、ホントに良かったですからね。


だって、棚橋選手が負けるなんて思わなかったもの。
冷静になったとき、もう一度オカダ選手の試合や立ち振る舞いを観て、彼の王者像を改めて確認したいと思います。



オカダ選手のコメントはコチラ→






1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新日本プロレス
タグ:
オカダ・カズチカ
新日本プロレス
IWGP

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記107 WBCライト級王座戦 マニー・パッキャオvsデビット・ディアス【人生マイペンライ】

今夜放送!「ALL TOGETHER」特別番組【三田佐代子の猫耳アワー出張版】【FIGHTING TV サムライ】

アンチエイジング【WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~】

ブロガープロフィール

profile-iconpwl-in

  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:505801

(08月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NOSAWA選手&イオ選手逮捕の件で、SUGIが罪を告白し謝罪
  2. 小橋選手解雇の報道に田上社長がコメント
  3. 2012.7.22 NOAH両国国技館大会に行ってきました
  4. NOSAWA論外選手と紫雷イオ選手の件
  5. 小橋選手が引退を表明、報道を否定
  6. 杉浦貴が潮崎豪に対して大激怒/「あんな闘い方して・・・」
  7. 日高選手のミスティフリップと丸藤選手の不知火
  8. オカダ・カズチカ選手の前途は洋々なのか多難なのか
  9. 秋山準選手がNOAH再建を約束した日
  10. 秋山選手の怒り爆発/ノアの背広組がんばってくれ!

月別アーカイブ

2012
12
07
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss