プロレスインフォネット

11・27 NOAH有明大会は久しぶりに盛況でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

11.27 NOAH有明コロシアム大会を観戦してきました。
発表5,800人でした。
一部、黒幕でしたが、久しぶりに盛況だったと思います。

【第3試合】
○佐々木健介&小橋健太
[ 15分30秒 ノーザンライトボム ]
佐野巧真×&谷口周平

小橋健太,佐々木健介
小橋と健介が、久々のタッグです。
小橋は、まだまだ本調子になかったですけれど、健介に引っ張られて元気なファイトを見せてくれました。
連携もバッチリでしたし、小橋がまた第一線に戻ってくるのが楽しみです。
健介も、そろそろベルトに絡んできてほしいところです。
試合自体は、せっかく小橋と健介がタッグを組んだのに、佐野と谷口ではさほど見せ場もないまま終わってしまった感じです。

谷口は、相変わらず試合運びが雑というか、未熟というか・・・。
佐野が健介を場外に落としても、フットスタンプの態勢に持っていこうとする気配もないし・・・。
それから、谷口は打撃をもっと練習したほうがいいですね。

健介は「健介オフィスの優しいオヤジでいるつもりはない」と言っていましたが、もっともっとトップ戦線に絡んできてほしいです。



【第5試合】
○杉浦貴
[ 19分22秒 オリンピック予選スラム ]
丸藤正道×

杉浦貴,丸藤正道
丸藤が復帰しました。 試合中、何度か右腕や首を気にする仕草をしていましたが、無事に試合を終えました。 杉浦は、まったく容赦ない攻撃を仕掛けてきて、見ているこっちがハラハラしました。 丸藤は、多少ぎこちない動きで、場外への不知火も失敗してしまうなどミスもありましたが、復帰戦としては及第点以上だったと思います。 トップロープを越えてのスーパードロルなど、新しいムーブも取り入れて、さすが丸藤っていう場面もいくつかあって、思った以上にコンディションも良かったと思います。 今後は、杉浦と組んでやっていくそうなので、2人の動きも楽しみにしていきたいと思います。 【第6試合】 ○中嶋勝彦 [ 18分07秒 ジャーマンスープレックスホールド ] リッキー・マルビン× 中嶋勝彦,リッキー・マルビン 勝彦とリッキーのGHCジュニア決定戦は、個人的に今大会のベストバウトでした。 とにかく、リッキーの動きがヨカッタです。 バイソンと非常に仲が良かったリッキーは、バイソンテニエルで勝負に出ましたが、勝彦はフォールを許しません。 続けて放ったサンタマリアを返されて、リッキーは万事休すでした。 変形のフィッシャーマンバスターからハイキック、ジャーマンと畳みかけて、勝彦の勝利で終わりました。 それにしても、健介オフィスの選手はジャーマンがきれい! リッキーの、今回の試合にかける意気込みはすごい伝わってきました。場内も、リッキーコールのほうが多かったです。 ただ、「これで勝てなかったら、緑のマットに上がる資格はない」と背水の陣を敷いていた勝彦に、少しばかり分があったということでしょうか。



【第7試合】
○秋山準
[ 23分08秒 フロントネックロック ]
太陽ケア×

秋山準.太陽ケア
ノア初の三冠戦は、秋山勝利で終わりました。
全日のファンは、あまりいなかったのかな? 秋山への声援ばかりが目立ちました。

左肩を負傷している秋山に対して、ケアの執拗な腕殺しは効果的だったと思います。
秋山にペースを戻されても、サンケアキックで主導権を取り返して、波乗りスープレックスTKOで畳みかけます。

それら波状攻撃を受けきった秋山は、すごかった!
久々にダブルアームDDTを公開し、そこから後頭部へのニーバットを挟んで垂直落下式、リストクラッチ式のエクスプロイダーを連発。
それでも返すケアに、最後はフロントネックロックでレフェリーストップとなりました。

次の防衛戦は、「全日本プロレスに乗り込んで」とし、「ベテランだけじゃなくて、若いやつらも声をあげてほしい」と、全日本勢の奮起を促していました。



【第8試合】
○潮崎豪
[ 27分37秒 変形ゴーフラッシャー ]
KENTA×

潮崎豪,KENTA
KENTAが勝つと思っていたので、個人的に残念でなりません。 試合自体はすごかったんですが、KENTAが負けてしまったのでベストバウトじゃありません! KENTAの佇まいといったら、もはやジュニアじゃありませんね。 潮崎の攻撃も正面からすべて受けきって、まるでKENTAがチャンピオンみたいでした。 ただ、どうしても打撃の手数が増えるし、時間がたつにつれてKENTAのスタミナ切れは目に見えてきました。 go 2 sleepも2発決めましたが、いずれも致命傷にはなりません。 GAME OVERは潮崎に警戒され、結局は決めることができませんでした。 終盤に潮崎のラリアット、ゴーフラッシャーを食らってマットに倒れても、KENTAは肩をあげるのが精一杯で、GAME OVERで切り返す力は残っていなかったですね・・・。 それでも、この敗戦でKENTAの価値は下がらないでしょう。 試合が終わった瞬間に、席を立つ人が多かったのが印象的でした。みんな、KENTAに勝ってほしかったんだなぁ。 KENTAを誉めてばかりなんですが、 じつは個人的にはKENTAのことは、あまり好きじゃないんですよね。 でも、今回ばかりは勝ってほしかった・・・。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NOAH
タグ:
NOAH
有明コロシアム
GHC

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴールデングラブ賞【WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~】

【スマックダウン #638】『サバイバーシリーズ2011』の目玉カード発表!まずはリーダー同士の前哨戦!結果は!?【J SPORTS WWE NAVI】

小野寺力さんが綴る「神村エリカvsRENA」(カクツー出張版)【FIGHTING TV サムライ】

ブロガープロフィール

profile-iconpwl-in

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:506050

(09月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NOSAWA選手&イオ選手逮捕の件で、SUGIが罪を告白し謝罪
  2. 小橋選手解雇の報道に田上社長がコメント
  3. 2012.7.22 NOAH両国国技館大会に行ってきました
  4. NOSAWA論外選手と紫雷イオ選手の件
  5. 小橋選手が引退を表明、報道を否定
  6. 杉浦貴が潮崎豪に対して大激怒/「あんな闘い方して・・・」
  7. 日高選手のミスティフリップと丸藤選手の不知火
  8. オカダ・カズチカ選手の前途は洋々なのか多難なのか
  9. 秋山準選手がNOAH再建を約束した日
  10. 秋山選手の怒り爆発/ノアの背広組がんばってくれ!

月別アーカイブ

2012
12
07
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss