野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ

突きつけられた現実、確かな力の差

このエントリーをはてなブックマークに追加

負けた、負け越した。      広島との3連戦、まさにがっぷり四つと言っていいだろうか。横浜はここで今永、石田、濱口と左を3枚ぶつける強気の采配。そして迎え撃つ広島は野村、岡田、ジョンソンとこちらも左右のエースと若き本格派右腕。まさに真っ向から両チームがぶつかったと言っていいだろう。      もし広島が3タテをしていたら、その時点で広島の優勝は決まったようなものだっただろう。逆に横浜が3タテを決めたら、セリーグのペナント争いはまだ終わらないと言っていい展開になっただろう。      横浜としてはここまで好調で来ていたこともあり、まさに勝負に出たというところ。広島との相性の良さも感じていたはずだ。      しかし自らのペースに巻き込むことはできなかった。      とにかく点が遠い、野村とジョンソンの好投に泣いた。      あと1点を取る技術の差を見せつけられた。そしてあと一球の甘さに泣いた。      1アウト3塁から点が取れない、好調にあった打線でもここだけは変わらなかった。一方の広島打線は少しのほころびから傷口を広げていく攻撃を仕掛けてきた。さらには先発と勝ち継投以外で広島打線を抑えることはできないことも見せつけられたようだ。田中健二朗、藤岡、砂田の3名が余裕攻略されたのは少しショック。      試合を決めたシーンでいえば今永と藤岡が浴びた一打はあまりに痛いものであった。今永は6イニング投げていたこともあり同情の余地があったが、藤岡については新井から逃げたのち、岩本を2球で追い込んでから浴びた3点タイムリー。首脳陣の怒りも心頭だったろうか、翌日即抹消と相成った。      勝ち越せば2位も見えてくるカードだっただけに負け越したことが痛い、やはりマツダの広島は怖い。        さらには3戦目先発した濱口が途中降板、左肩の違和感とのこと。疲労からくる脱力感であるとするならば、筋肉の部分的な断裂の可能性もあり、安静にしておけば1ヵ月というところだろうか、どうやら関節唇損傷のようなキャリアに大きく響く内容ではなさそうなのが救いか。      しかしウィーランドが帰ってきて5枚ローテーションがそろった矢先の勝ち頭の離脱はどう響くか、誰が先発で出てくるだろうか。       この3連戦の収穫はエスコバーだろうか、緊急で3イニングを投げたが、3イニング目はかなり怪しい出来だったが2イニングは良好。セリーグには左の中継ぎで150kmを投げるピッチャーはあまりいないので、珍しいタイプと言えよう。      ただ変化球は露骨にわかるのか、ストレート以外でカウントを取ることは出来なさそうだったので、何か一つ使える変化球を身に着けるだけで化けるのではないだろうか。ザガースキーと違ってちゃんとストライクゾーンにストレートが行くだけかなりましだろう。      オールスター明けは今年もヤクルトと対戦。チーム状況がどん底のヤクルト相手にしっかり勝ち越し、後半戦の弾みと行きたい。      今日はオールスターで筒香の逆方向へのホームランも飛び出し、後半戦へ期待を持てるようなシーンもあった。ペナントレースはまだ終わっていない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

* アレはいらんね(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

jagdtigerの私的考察 陽川選手【虎フリーク】

前半戦もっとできた。4連敗がなぁ。【燃えドラ】

いざ鎌ヶ谷だが、、、、、、、【1998の感動をもう一度】

前半戦最後の8連戦(17/07/05-17/07/12)の打撃成績まとめ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

ベイスターズ前半戦打者陣を振り返る、短評。【心の底から好きさベイスターズ☆】

マツダは1勝2敗だったが優勝を諦めたわけではない理由【心の底から好きさベイスターズ☆】

濵口、藤岡、髙城選手が2軍落ち【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconppsnomu

野球とゲームをこよなく愛する社会人
DeNAファンですが、スポーツ選手すべてに敬意を抱いております。
スポーツファン同士で意見を酌み交わせればと思いスポナビブログもスタートいたしました。一読いただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:198
  • 累計のページビュー:650651

(11月23日現在)

関連サイト:趣味コラムブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. やはり名前が挙がってきた、網谷圭将という男
  2. 私にとっての想定内、いやもしかしたら規格外か細川君
  3. 横浜ファンながら気になる他球団の選手vol.2 中井大介
  4. 2番強打者論を考える
  5. 広島と戦うことに耐えられるのだろうか
  6. セファンは知っている、阪神にベスト10とベスト11が居ることを
  7. 来季一軍デビューもある? 飯塚悟史投手
  8. あちらを立てればこちらが立たぬ
  9. 阪神へ少し感謝を、多少の希望が見えた2試合
  10. 佐野恵太よ、また帰ってこい。そして白崎は終了?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss