野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ

WBCはこうして楽しめ!~頼もしい味方編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 WBCが開幕して早1週間、早速熱戦の数々で私達野球ファンを楽しませてくれている。特に先日の日本対オランダは、今までにない大きなプレッシャーを掛けられるまさに「生きた心地のしない」すさまじい試合だった。その中でもNPB所属のバレンティン選手の全力プレーや、メジャーリーガーのシモンズ選手による菊池選手への好プレーの賛辞など、さわやかなスポーツマンシップを感じるシーン見られた非常にいい試合だったと思う。     当初メジャー国内問わず有力選手の出場辞退や、アメリカは本気じゃないという論拠のない噂、そして監督の是非と練習試合での不成績・・・開幕前にいろいろネガティブな話題は多かった大会だったが、始まってみればいかがだろう。    野球好きはみんな手に汗握り、ヒット一本に一喜一憂、ストライク一つにガッツポーズをしている方も多いだろう。やはり日本人にとってWBCは特別、いや日本だけじゃない。参加国にとっては熱くなるに十分な大会なのである。

そんななか極力ネガティブな要素を排したWBCの楽しみ方をお伝えしたい。

やはりWBCの醍醐味といえば、NPBの各チームから招集された有力選手たちで構成される日本代表だろう。リーグ問わず揃ういわばオールスターを超えるメンバーで臨むわけだが、現時点で非常に頼もしい活躍をしている選手を数人ピックアップしよう。

 まずは菊池涼介選手、広島東洋カープの正二塁手。2度の規定3割も達成し打撃もよい選手ではあるが、やはり彼の魅力は異常なまでに広い守備範囲だろう。シーズン捕殺数の日本記録の上位を独占し、守備の面ではすでにNPB史上最高の守備を持つ二塁手といっても過言ではないだろう。すでに今大会でもファインプレーを連発、初戦のキューバ戦でゲッツーを取ったファインプレーや、先日のオランダ戦で見せたセンターに抜けるであろう打球においつきバックトスでアウトを取ったプレーなど、すでに何度も日本代表の命を救っている。  私個人の意見でいえば、この先菊池がたとえ1本もヒットを打てなくてもセカンドから外すべきではないと思う。それだけの価値がある選手だろう。一つでもアウトを取りたい場面が続く国際試合で、彼の存在はとても心強い。

 そして同じく二遊間を組む坂本勇人選手、読売ジャイアンツの正遊撃手。昨年自身初の首位打者を獲得し一皮むけた彼だが、打撃はもちろん彼の魅力も守備力とあえて言いたい。ここ2年セリーグにおいては断トツの守備範囲を誇るショート、守備だけならオリックスの安達選手やソフトバンクの今宮選手も負けてはいないが、やはり打撃力では坂本選手が頭2つ上回っている。オランダ戦では打撃でも見事な活躍、なんと5得点も上げた。上記の菊池選手の超人的な守備に付き合うことができる数少ない選手だろう。とても普段別のチームでプレーしているとは思えないほど二遊間の連携がしっかりしているのは、二人のレベルの高さをうかがえるだろう。 坂本菊池の二遊間はセリーグ史上でも最も厚い守備といっても差し支えないレベル、この二人を下すというのは守備面で見れば考えられないだろう。

お次は今最も評価が高まっている男、小林誠司選手だ。読売ジャイアンツの正捕手・・・だよね?以前の強化試合で千賀選手のフォークを取れなかったことで批判が集まり、当初日本ハムの大野選手、東北楽天の嶋選手に次ぐ3番手捕手として選出されていた男が、このWBCですさまじいスピードで成長を遂げている。オフシーズンに阿部選手からみっちり捕手のイロハを叩き込まれ、トレーニングに励んだ小林選手。2016年は初の規定打席到達だったが、投手からキャッチングの苦情を受けたり、打率最下位など悔しい思いをしたことのほうが多かったに違いない。  そんな彼の頑張りを神は見放さなかったのだろう、WBCで出番を得るまでは運がよかった。正捕手候補の嶋が足のけがで出場できず、大野は練習試合で見せたリードに批判が集まり、出番が小林に回ってきた。ここで好リードを見せ一気に小久保監督の信頼を獲得。そこから一貫して先発マスクをかぶっている。今大会では全く期待されていなかったはずのバッティングでも見せ場を作り非常に好調。何より1試合ごとに成長するような、甲子園を勝ち上がる高校球児のような姿が好印象。 今大会で一番印象的だったのは先日のオランダ戦。小久保監督が速球とフォークで抑えるタイプ投手を多用したにも関わらず、フォークをまったく後ろにそらさない。ランナー3塁の場面でも絶対に後ろにそらさない気迫が伝わってくる捕球姿勢に、もう去年の彼とは別人であることが伝わってきた。もしかしたら今大会は彼の成長ストーリーなのかもしれない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

隠れたビッグプレー【南国のカープファン】

* 小林クン、この際MVPを狙ってみる?(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

【侍日本の風】連日の死闘と勝利! 唯一残念なのは、1万席もの空席…(キューバ戦 8-5)【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconppsnomu

野球とゲームをこよなく愛する社会人
DeNAファンですが、スポーツ選手すべてに敬意を抱いております。
スポーツファン同士で意見を酌み交わせればと思いスポナビブログもスタートいたしました。一読いただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:650454

(11月23日現在)

関連サイト:趣味コラムブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. やはり名前が挙がってきた、網谷圭将という男
  2. 私にとっての想定内、いやもしかしたら規格外か細川君
  3. 横浜ファンながら気になる他球団の選手vol.2 中井大介
  4. 2番強打者論を考える
  5. 広島と戦うことに耐えられるのだろうか
  6. セファンは知っている、阪神にベスト10とベスト11が居ることを
  7. 来季一軍デビューもある? 飯塚悟史投手
  8. あちらを立てればこちらが立たぬ
  9. 阪神へ少し感謝を、多少の希望が見えた2試合
  10. 佐野恵太よ、また帰ってこい。そして白崎は終了?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss