野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ

やはり名前が挙がってきた、網谷圭将という男

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日DeNAベイスターズのキャンプメンバーの発表があった。新人からはドラ1の濱口、ドラ6の尾仲、ドラ8進藤の3投手とドラ7の狩野ドラ9の佐野を合わせた5人が選ばれた。そして新外国人のクライン、パットン、ウィーランド、シリアコの4人と山口の人的保障で来た平良投手とヤクルトから移籍した田中選手の2名があらたな顔ぶれとして参加することになった。  そしてたった一人、背番号が3桁の選手が1軍キャンプに参加することが決まった。その男の名は網谷圭将、2015年ドラフトで育成指名を受け、千葉英和高校からやってきた男だ。

 ポジションはキャッチャー、現在はチームの指示で3塁の守備練習も開始している。なぜ高卒1年目を終えたばかりの育成選手に捕手だけでなくサードの練習まで課されているのかといえば、網谷の打撃が非常に評価が高いためだ。実は昨年の春季キャンプ、初のプロのキャンプだったにもかかわらず、紅白戦で早速起用されていた網谷、ここでホームランも放ち、早くもラミレス監督の目に留まる活躍をしていた。しかしこのキャンプ中に有鈎骨を骨折してしまい、全治までなかなか時間を擁してしまった。そのため2軍戦の出場数は多くなかったものの、シーズンオフに開催されるフェニックスリーグに派遣。ここで4割近い打率を残し一躍注目を集める存在となった。

 特に光ったのは打撃だが、その中でも右へ左へ打ち分ける広角っぷりが目立った。内角も外角も強く振っていけるのが彼の強み。外のボールにもすっとバットが出せるし、内角もきれいに肘を抜いて前で裁いてみせるのだ。さすがにNPBの1軍相手に同じようなバッティングをするのはまだ難しいだろうが、とても高卒の育成ルーキーのプレーとは思えないバッティングなのは間違いない。何より強い打球を打てていることが見ていてわくわくさせてくれる存在だ。育成指名が決まった時から本格的にウェイトとレーニングに取り組み、キャンプに乗り込んできたストイックさも持ち合わせ、まさに今一番楽しみな若手と言っていいだろう。

 そして満を持しての2017年春キャンプ、もちろん1軍キャンプに食い込む育成選手というだけで注目度が上がったわけだが、ラミレス監督から網谷選手への評価が語られた。「第二の筒香になれる選手」と語るラミレス監督、もはやベタぼれである。どうやら1年目のキャンプのころから評価はぐんぐんうなぎ上りのようだ。なら早く支配下登録してやれよ・・・と思わないでもないが、もはやそれも時間の問題だろう。投手の飯塚同様もしかすると2017年シーズン一軍で彼の姿を見ることがあるかもしれない。

 まずはこのキャンプしっかり力をつけ、周囲の度肝を抜いてほしいものだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【横浜DeNA ベイスターズ】春季一軍キャンプメンバー発表【NY在住!!プロ野球好き】

彼らが出るならWBCもまた楽し。【春夏秋冬ドラ応援】

『レオ党ノスタルジア』第2回・ゲスト鹿取義隆さん、大盛況で終了!【室井昌也『ソウルはいつも野球愛』】

* 「次の筒香」ってか(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

春季キャンプのメンバーに期待が膨らむ【YOKOHAMA lover】

* 今の“大物”って誰?その3。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

キャンプメンバー発表【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ラミレス監督が新潟で語った、注目選手と前半戦の勝算【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconppsnomu

野球とゲームをこよなく愛する社会人
DeNAファンですが、スポーツ選手すべてに敬意を抱いております。
スポーツファン同士で意見を酌み交わせればと思いスポナビブログもスタートいたしました。一読いただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:496921

(08月20日現在)

関連サイト:趣味コラムブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. やはり名前が挙がってきた、網谷圭将という男
  2. 私にとっての想定内、いやもしかしたら規格外か細川君
  3. 横浜ファンながら気になる他球団の選手vol.2 中井大介
  4. 2番強打者論を考える
  5. 広島と戦うことに耐えられるのだろうか
  6. 来季一軍デビューもある? 飯塚悟史投手
  7. あちらを立てればこちらが立たぬ
  8. 阪神へ少し感謝を、多少の希望が見えた2試合
  9. 佐野恵太よ、また帰ってこい。そして白崎は終了?
  10. ラミレス監督の放った矢が巨人に刺さった日

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss