ピッチに紫の風が吹く

2017シーズンを終えて

このエントリーをはてなブックマークに追加

最終戦、アウェイ柏レイソル戦は勝利を奪えず、最終的には15位、ギリギリで来年もJ1でプレイ出来る順位で終わった。 2月にシーズンが始まった時は、まさかこの様な1年を迎えるとは思わなかった。

2月25日、ホームで迎えた開幕アルビレックス新潟戦。 先制したが追いつかれてドローで終わった。 ここから始まった。 何かが違っていた。 その違和感がどんどん大きくなっていく。 清水戦、鳥栖戦、札幌戦、柏戦、黒星が続く。 「勝てない」 焦りが更に焦りを呼ぶ。

コンビネーションが上手くいかない。 ミスが失点を呼ぶ。 「こんなはずじゃ無い。」 選手も監督も、そしてサポーターもそう思ったはず。

私自身、今年はブログが書けなかった。 何を書いたら良いのかわからなかった。 書こうとすると、ネガティブな言葉しか出てこなかった。 書こうとしてやめてしまった。

4月に入って、第6節ガンバ戦でやっと初勝利を収めた。 しかし、第10節を終わった時点で、1勝6敗3分の成績だった。 そして迎えた第11節、アウェイセレッソ大阪戦。 この試合は、新幹線に乗って見に行った。 しかし、試合が始まってみると一方的な試合となった。

セレッソの選手の動きについて行けてない。 次々と失点してしまった。 追いつこうと必死に走り、得点を奪う。 しかし、すぐに取り返されてしまった。 DFの3人の足が止まってしまう。 更に失点する。 そして、ピッチの上で初めての光景を目にする。 ミキッチが見方DFに対して、試合中に大きな声で怒っていた。 何を言ったのかはわからない。 でも、非常に激怒する姿を初めて見た。 この試合は、5-2と大敗した。 しかし、最後まで、ずっと必死で走り続けていた選手が2人いた。 両ウイングバックのミキッチと柏好文の2人だった。

この試合後、セレッソの選手が「サンフレッチェは大丈夫なのか」と言ったとか言わなかったとか。 でも、セレッソの選手だけで無く、ずっと見ていたサンフレサポーターの方が危機感をもっと持っていた。

その後も勝ちを奪うことがなかなか出来ず、ホームで初勝利を収めたのが第23節の8月19日のヴァンフォーレ甲府戦となる。 22節までの成績が3勝13敗6分。 それまでの数年は、この頃には残留目標の勝ち点40を目の前にしていたのに、3勝で勝ち点15。 勝つことがこれ程難しい事なのだと、本当に身に染みた年になった。

そして、ホーム初勝利を迎えるまでにショッキングな事が2つあった。 森保監督の辞任と塩谷司の海外への移籍だ。 私は森保監督が好きだった。 選手への対応、サポーターへの対応、本当に素晴らしい監督だった。 だから、もう少し頑張って欲しかった。

失点が止まらないのと点取り屋がいないことを踏まえて、夏の移籍でDFに丹羽と椋原、FWのパトリックが加入した。 この3人が入ってたら、ポイチはどう選手を動かしていたんだろうと思うと残念な気もした。 しかし、ポイチはもういない。

監督にヤン・ヨンソンが就任。 厳しい状況の中でも、立て直しをはかった。 「サンフレッチェを残留させるために来ました」と明るく元気に言った丹羽。 その明るさは、チームの助けとなっていた。 キャプテンの青山や選手会長の千葉に笑顔が戻って来た。 少しずつ、チームが前向きになってきたのを感じた。

ホームで初勝利を掴み、そこから6試合は負けなしで1つずつでも勝ち点を積み重ねた。 まだまだ本来の力では無いが、負け続けて下を向いていた時期から脱出をした感じを受けた。 しかし、29~31節の上位との対決で3連敗を喫し、降格圏に落ちてしまった。

そこで、立ち上がったのが広島の市民達だった。 色んな所から激励の言葉が集まった。 ボードに、旗に、たくさんの署名が集まり選手を後押しした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「2017シーズンを終えて」へのコメント

ヨンソン監督の退任は、本当に残念です。
ここまでチームを立て直したのはヨンソン監督の力です。
来年も続投だと勝手に思っていました。
外国の方は家族を非常に大切にしますので、家族との約束なら仕方ないかとも思いました。

次期監督に誰がなるのか。
全く想像がつきません。
外部から招聘するには、チームカラーが変わってしまうという危険性もあります。
やっぱりサンフレッチェは、パスサッカーをして欲しい。
そういう監督に来てもらいたいです。

サンフレッチェのOBには、たくさん経験者がいますが、皆さん現在チームを持っています。
風間さんは名古屋を、高木さんは長崎を、片野坂さんは大分を、小林さんは清水を。まだ他にもいた気がします。
本当にサンフレッチェOBは凄いです。
でも、皆さん動く事はないので他から探すでしょう。

織田さんも退任との事。
最後にいい監督を引っ張って来てくれたらと思います。

それと、私の方がサポ歴は浅いですよ。ただ、ハマるとどっぷりはまってしまうので、偉そうな事を言っていますが、まだまだ勉強不足なサポーターです。

2017シーズンを終えて

ここにきてヨンソン監督退任との記事がしてしまいました……
就任後はかなりいいムードでしたし(決してポイチさんのときの雰囲気が悪かったといいたいわけではないのですが、勝ってない以上雰囲気は悪かったでしょう)、後半戦は9位といい成績だっただけに残念です。
母国でかなりいいキャリアを築いていますし、古巣のピンチに駆けつけてくれたんでしょうね。
いずれにせよ感謝です。

さて、そうすると次の監督選びが極めて重要になってきそうですが、強化部はどう動くのでしょうか?
ミシャ→ポイチさんとスムーズに政権委譲してきただけに、次はかなり重要なチョイスになりそうです。
私はJ2に落ちたくらいからの新参ファン(全然サポートできていないので)なのでよくわかりませんが、OBで今空いている人がいるのでしょうか。

こんな記事も読みたい

2017:J1昇格プレーオフ:決勝:名古屋グランパスエイトvsアビスパ福岡「史上初のスコアレスでJ1昇格チームが決まった死闘」【蹴鞠談議2】

名古屋グランパス × アビスパ福岡 ゲーム小感【ニコ小鉢その2(仮)】

川崎の初タイトルの裏には。【「読裏クラブ」のワンツー通し】

【広島】残留決定の安堵と、背反する想い【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

J1残留、そしてミカ、ありがとう。【ピッチに紫の風が吹く】

画竜点睛の差 ~川崎戦レビュー~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

Jリーグホームスタジアム訪問記~サンフレッチェ広島~【This is J-league】

サンフレッチェ、苦戦の日々(その1)【viva la sanfrecce】

ブロガープロフィール

profile-iconporukiti

サンフレッチェが大好きな主婦です。
サポーターとしてはまだまだ初心者です。
思ったことなど書いてますが、鋭いツッコミはご勘弁願います。
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:477170

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 移籍@2014(サンフレサポーターの心)
  2. 新スタジアムについて(愚痴です)11
  3. 新スタジアムについて(愚痴です)12
  4. 新スタジアムについて(愚痴です!) 5
  5. 新スタジアムについて(愚痴です)9
  6. 2017シーズンを終えて
  7. 新スタジアムについて(愚痴です!) 4
  8. 大晦日に飛び込んできた一報
  9. 新スタジアムについて(愚痴です)13
  10. フェアプレイとは

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
05
04
03
02
2016
10
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss