やっぱりカープがナンバーワン❗️

こうしてカープは強くなる❗️

このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れやすい夏に、移動が多いカープ。

マジックが点灯しているとはいえ、数字は大きく26❗️

そして、まだカープ負け、DeNA勝ちで、マジックは消える状態。

ここで、カードの初戦に登場したのは、二軍での調整を終え、一軍に戻ってきた中村祐太でした。

前回登板はファームのソフトバンク戦、タマスタ筑後での、82球5回1失点。

その8月12日の登板から、中5日で登った一軍マウンド❗️

中村祐太は、尻上がりでもなく、初回から素晴らしかったです。

終始落ち着いていて、それは、ピンチの場面での投球で特に感じました❗️

初回、いきなり、ノーアウト1塁となりますが、フライ、フライ、三振でチェンジ❗️

山田哲人にかなり粘られましたが、10球で空振り三振❗️

2回は、あと50cmでホームランという強烈な打球のシングルヒットから、連打を浴びての、ノーアウト1、2塁。

ここでも、フライ、フライ、三振でチェンジ❗️

自分のピッチングホームで、自分の投球を見せ続けます。

3回は、ツーアウトから、打球が上がっていればホームランというような、バレンティンの強烈な打球のシングルヒットを許しますが、続く山田哲人を空振り三振❗️

4回は、この日初めての三者凡退でしたが、これまた、フライ、フライ、三振❗️

4回裏に、カープが、この日初めてのヒットを含む大チャンスを迎えましたが、盗塁死や、ヤクルトのいい守備もあって、惜しくも無得点。

チャンスの後にピンチありというので、ちょっと心配した、5回表。

でも今日の祐太には当てはまりません。

5回表は、三振、三振、そして、菊池が惜しくも処理しきれなかった坂口の内野安打の後、2番山崎を空振り三振❗️

全てのアウトを三振で取る、見事な投球❗️

特に、最後の山崎からの奪三振は、渾身のアウトコースストレートをボール判定されてフルカウントになった後でした。

これには、感動❗️

祐太、素晴らしい❗️

こんな所からフォアボールを出したりしません❗️

5回裏、菊池が、ツーアウトランナーなしから放った、レフトへの特大のソロホームラン❗️

逆風全く関係なし❗️

この姿に、8・7の菊池が重なりました。

ついに、カープが先制❗️

1対0❗️

ベンチでは祐太が、笑顔で菊池を迎え入れます。

奇しくも、解説の野村前監督が、ブキャナンに疲れが見え始めましたねと言った瞬間のホームラン。

いろいろな人がプロ野球の解説をしますが、真の解説者とは、この野村謙二郎のような人の事を言うのだと思います。

先制点をもらったとは言え、たったの1点。

グラウンド整備でちょっと間があって調整が難しい中、迎えるヤクルト打線は、バレンティン・山田・リベロという、クリーンナップ。

そして、得点が入るとゲームが動き出すとよく言いますが、今日の祐太には、そんな事も関係ありませんでした。

6回表の祐太は、三振、レフトフライ、サードゴロの圧巻の三者凡退❗️

特に、こんなケースで、簡単にと思えるほど、よく同点ホームランを放つバレンティンを空振り三振に打ち取った時には鳥肌❗️

自己最高イニングの6回より多くを投げる事は出来ませんでしたが、6回、被安打5、奪三振8❗️無四球❗️無失点❗️

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
観戦記(勝利)
選手
誕生日
マジック
完封
タグ:
中村祐太、菊池涼介、鈴木誠也、佐藤祥万

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

TV観戦をしたくなる解説❗️

mnao様、コメントありがとうございます❗️
TV観戦は、担当する解説者によって、ゲームの見方が劇的に変わりますね。
カープ戦に関して言えば、今断トツにいいなと思うのは野村謙二郎。
やはり、チームや選手のことを分かっていますし、自分が教えた緒方監督の事もよく分かっています。
技術論も的確で、プロのレベルを感じることが出来る解説をしてくれますし、かつ、マイルドなカープ寄り目線で聞いていて心地いいです。
後は、ゲスト解説しかないですが、黒田博樹。
やはり、去年まで現役だっただけあって、実際のバッターの特徴を熟知していて、ピッチャー心理もよく分かり、言葉も優しいです。
あとは、当初よりずいぶんよくなった前田智徳、リード面を解説してくれる古田敦也、打撃技術を教えてくれる稲葉篤紀。
個人的には走塁に関して語る緒方耕一も好きです。
最悪なのは、関西の、あからさまに阪神寄りの実況と解説。
阪神に勝って欲しいから、ただの応援になっていて、敗戦濃厚になると敵のあら探しばかり。
さらには、関西ローカルの阪神ファン達の番組。
特に最近の”せやねん”という番組は神対応の大瀬良の事をdisってて酷かった。
贔屓チームを応援することと、何でもかんでも擁護するのとは違いますよね。
すみません、ちょっと脱線してしまいました。
ゲームは見たいけど、解説は聞きたくないという時は、解説だけ切れる機能があったらいいのになと思います(笑)
カープは4番が走れるので、そこが凄いですよね。
コメントありがとうございました。

こうしてカープは強くなる❗️

コメント失礼します。

他の方のコメントを見て、激しく同意しました。私も40代くらいの解説者が好きです。
 
「ここは気持ちで打って欲しいですね~」とか精神論が多い解説だと私でも言えるし、と思います笑

レジェント系解説者はリスペクトしていますが「ストレートで真っ向勝負するべき」的な事を言われると、う~んと思います。

昨日の解説でカープは足が使える選手が多いという話をして、會澤と松山は。。。と言葉に詰まって、さらに新井さんはドタドタ走って頑張っているというので笑いました。

OBの力❗️

清廉カープ様、コメントありがとうございます❗️
今のカープは強くなりましたが、勝率は他のチームのと兼ね合いもあり、私も当時の強さに並んだようには感じていません。
交流戦最高勝率をかけた戦いをホームで落とした時、ここ一番でのカープの実力はまだまだ足りないと思いました。
若い選手が中心のカープですから、まだまだ伸びしろがあるように思いますし、そこに実力者OB達の力を借りない手はないですね。
今日もソフトバンクが楽天に勝利し、ここ一番では確実に強いですね。
このムードでは、やはり日本シリーズの対戦相手はソフトバンクが有力ですが、カープはCSを勝ち抜く方が先。
もっというと、故障なく戦力を整えながら、ペナントレースをきっちり勝ち抜く事が先ですね。
短期決戦の戦い方は、ベンチがかなり考えていると思いますが、今日の丸のバントにその片鱗を見たような気もしました。
今日は小休止。
明日からまたしっかり勝っていきましょう。
コメントありがとうございました。

こうしてカープは強くなる❗️

最近のプロ野球を見るに、当たり前のように1塁ヘッドスライディングとか…、ちょっと前では見られなかったような、真剣プレーに驚いています。でも、プロ野球は体が資本…と、シーズンオフの戦力外通告とかと見ているから、故障しないようにと祈っています。とはいえ、プロ野球天才集団の真剣プレーは、プロ野球ファンをますます開拓してゆくことでしょう。
カープは今、私が広島大学在籍中の高橋慶彦、ライトル、水谷、山本浩二、衣笠、江夏といったハイタレント時代の再来を思わせる時代に入っています。でも厳しい言い方ですが、日本一を勝ち取った当時の実力には至っていないと思います。謙虚に、当時のナインに教えを請う機会を作ってもらいたいと思っています。それが自分たちの血肉となったときに、ソフトバンクを蹴散らすことが可能になると思っています。水谷は天才前田智の指導をしたようですが、西川や鈴木誠也といった天才バッターに彼の打撃理論を注入してカープの血を本物にしてもらいたいです。鈴木誠也はもっと山本浩二から学ぶ機会を作ってもらいたいです。山本浩二は天才ではありませんでしたが、晩年に開花した彼から学ぶことはたくさんあります。ソフトバンクには、達川捕手が行ってしまっています。彼を含めたソフトバンクに勝つのは容易ではありません。達川は自分を含めたソフトバンクを粉砕して、真の日本一になれと言っているのです。カープの財産を総動員して、ソフトバンクに勝ってほしいと思います。球団史上歴代最大の強者はソフトバンクです。そろそろ、それを視野に入れて戦ってください。

こんな記事も読みたい

ナイスピッチング!中村祐太\(^0^)/【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

[ジャイアンツ愛]8/18 巨 9-7 De → どうなるかと思った…(汗)勝つと負けるじゃ大違い【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

【2017 巨人vsDeNA 第18回戦】ウサミに感じた微かな希望!?ジャイアンツ、2年目キャッチャーが初物づくしのサヨナラ弾!!【孤独のプロ野球】

中村祐太は、一歩前進だね。【青木寝具店のブログ。】

虎の子の1点を守る完封リレーでM25。 広島 1-0 ヤクルト【二つの歓喜をもう一度!】

中村祐太、さらなる成長!【カープ一筋40年の独り言】

○ カープ 1-0 スワローズ@マツダ【2017/08/18】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

今の藤浪にはタイガースの職場環境は合わないのでは?【大阪に住んでいてカープファンになった】

ブロガープロフィール

profile-iconpopeyecocoa

関西在住のカープファンで眼科医です。
現役時代のポジションはセカンド。
甲子園によく出没し、たまにズムスタにも。
山本浩二・衣笠祥雄の時代からカープファンで、高橋慶彦が大好きでした。
歴代投手では大野豊。
前田智徳の引退は本当に辛かったです。
今は菊池涼介推しです。
よろしくお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:15699
  • 累計のページビュー:5232125

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 嵐を呼んだ廉と竜司❗️
  2. 野球の神様ありがとう❗
  3. 一球の重み❗
  4. 心優しいアンパンマン❗
  5. 防御率はダテじゃない❗
  6. 混セ❗️そして先発ピッチャーがいなくなった❗️
  7. 不発だった藤浪対策❗
  8. これが緒方野球❗️
  9. いつも通りの野球❗️
  10. Aクラスが遠のく痛い敗戦❗

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss