Białe Orły Dyskusja Sport-白鷲スポーツ-

「結果論」も3度繰り返せば〜今季のフロンターレカップ戦〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

11/4のルヴァンカップでセレッソ大阪が初の戴冠となった。

しかし私は川崎推し。今から思えば妙に予感めいたものがあった。当日ゲーム前、埼スタのコンコースで旧友と会い談笑後に座席に向かう。その時に「もしかすると決勝に臨む直前が一番幸福なのかも」と思った。──「結果が出てしまうのが怖い」──とまでは想いはしなかったが。

ゲームはあっという間に先制されたが、時間はたっぷりある。しかし憲剛と悠が妙に固い。

川崎のサッカーは言うなれば「“遊び心”という名の適度なリラックス」が不可欠だ、そこから決定的なプレーが繰り出される。対して三好が果敢にボックスへ斬り込んで危険な存在となっている。三好は鼻っ柱が強く図太いので彼は普段通りだ。ネットとエウシーニョは調子も良く、緩急を織り交ぜたパスを繰り出してエウシーニョはシュートも惜しく、こちらも危険な存在となっている。

スタメンの予想は外れた。ケガ明けといえども阿部を使って欲しかった。彼はルヴァン(ナビスコ)出場の経験が豊富で優勝さえしている。彼なら全体を良いリズムに落ち着かせてくれるだろう、そして流れが出来たら後半に三好か長谷川と交代か──と予想していた。だが三好もいい。

しかし割り切って守るセレッソを崩すのは容易ではない。ただし今季のリーグで何度もそんな相手を打ち破ってきたではないか。これを繰り返し崩していくしかない。そこからきっと開けるだろう──と信じていたが、ハーフタイム明けに目を疑った。あれほど脅威を与えていた三好を下げ、長谷川が入った。長谷川も悪くないが、ボックス内に我が物顔で切り込める三好とは違う。何よりセレッソは明らかに三好に手を焼いていた。

ここでセレッソは一段楽になった。

中を固める相手に今日は効果的なミドルを打てていない。ならば森谷をいれてもいい──しかし後半30分の交代は仙台戦で反撃の狼煙を上げたエウシーニョだった。代わりには知念──おいおい。待ってくれよ。森本なら分かるが今日はベンチ外。森本は流れと関係なく得点出来る不思議な選手。知念はそうではない。ましてやこの時間で知念を活かすべくクロスばかりになればセレッソの思うつぼ。カウンターでダメ押しを狙うだろう。

セレッソはもう一段楽になった。

さらに5分後ネットを下げた。最後の「危険分子」が消えた。阿部は残り10分で活きる選手ではない。それでもボックス周辺で果敢に仕掛けていた。家長も、こんな日は自分でドリブルし持ち込み打って欲しいのだが、ファールをもらいたがるのには失望した。この日の西村さんはそんなものは取らない。

結果は出た。私には「自滅采配」と映った。監督がひとりでパニクり、かといって洞察力もない手を打ち続け組織を殺してしまった。長谷川が右で活きるのか!?

──既視感がある。ACL 準々決勝第2戦数的不利の場面でまだ前半にも関わらず憲剛を下げた采配だ。45分間守るサッカーなど今までしてこなかったではないか。

この時憲剛は采配を「それは結果論」といい、フロサポの間でこの言葉は流行った。しかし選手が無念を押し殺すにはそういうしかないのだ。

また、10/25準々決勝柏戦。これまた「奇っ怪な」スタメンだった。「天皇杯は捨てた。リーグを取る」とのメッセージだったのだろうか。ここでも知念を買いかぶっている。憲剛、悠、谷口を抜いたスタメンで、柏相手とはいかにも厳しい。柏は川崎の布陣にターンオーバーと感じ闘志に火がついたかもしれない。柏はACL出場圏内を伺う上位クラブで、大谷、武富は欠くがほぼベストメンバー。後半から憲剛を入れようが、悠を入れようが、大きく流れが変わることもなく結果は1点ゲームの敗北。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ルヴァン杯
J1
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「結果論」も3度繰り返せば〜今季のフロンターレカップ戦〜

コメントをありがとうございます。書き方を直しました。言いたかったのは「今季鬼木体制で失ったカップ戦(ACL-天皇杯-ルヴァン)は3つ目」ということでした。

私も今年の天皇杯決勝とルヴァンは全ゲーム現地観戦致しました。

確かに準決勝までは「ミラクル」と言えるほどの戦績なのですが、決勝ですと力を出し切れません。 ただし天皇杯は最後やられたものの選手にとっても「戦いきれた」ゲームだったと思いますが、ルヴァンは憲剛と悠が気負ってしまってなのか最初から硬かったです。三好をはじめ若手は「やってやるぜ」との意気は頼もしかったのですが、監督の采配が結果的に「阻害要因化」し、力を最後まで出し切れずに終わってしまった悔いを感じます。 周囲のセレッソサポも三好が前半で下げられた事は驚きでもあり、最大の安堵だったそうですし「謎采配」とまで言われました。エウシーニョも前半惜しいシュートもあり怖かったそうで、ネットも同様。 まったく個人の所感でACL-天皇杯の準々決勝とルヴァン決勝のトーナメントでは監督の采配がカギを握る場面が多いのですが、見事に「外れた」というよりもはや「状況判断のセンスがないのかも」と考えざるを得ませんでした。

リーグ戦でも交代を後半にまで待つ傾向があり、その理由に「早めに手を打つと対策される」と答えていますが、これを言って前半交代もアリと考えるブラフならいいのですが、鳥栖戦は分かりやすいですが、確かにどんなに前半酷くても交代は後半に集中しています。これも疑問で「交代下手」とまでは言い切れませんけど、果たして采配面が今後の経験で改善するものかどうか。。。

「「結果論」も3度繰り返せば〜今季のフロンターレカップ戦〜」へのコメント

失礼致します。試合考察に対しては、同様の感想を私も持ちました。ただ、カップ戦(ナビスコ、ルヴァン)は今回で4回目の準優勝でございます。当方、2000年のナビスコ決勝以外は天皇杯含め全て見ていますが、ほぼ今回と同じようやる気の空回りする試合がほとんどです。実際に決勝という舞台で点を取ったのは、天皇杯の1点のみです。2000年以外の年はリーグ戦で平均2点近く取っているのにです。なので私は初タイトルはリーグ優勝だと思ってます。今年ではありません。取るときは途中までぶっちぎりでプレッシャーで勝てないながらも逃げ切る、若しくは相手の自滅そんなところではないかと思ってます。

こんな記事も読みたい

福岡2-1湘南【吉塚FC日記+】

2017:J2:40節:H:vs名古屋グランパスエイト「開幕の対戦から進化した所を見せ健闘するも勝利には届かず敗れる」【蹴鞠談議2】

【リーダーシップ】ファジアーノ岡山-名古屋グランパス(J2第40節 2017/11/5@Cスタ)【すべてはファジのため】

「憲剛さんのためにタイトルを!」【ダブルボギーの憂鬱】

14番を排除すべし【にわかフロンターレファンの試合分析】

【図解で分析】鬼木監督が指示した谷口へのビルドアップ策 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

【図解で分析】三好のビューティフルゴールが生まれた理由 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

【図解で分析】得点王争いをする小林悠が見せた巧みな動き 川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconpolska

Rozpoczęliśmy wszystkim , dziękuję.! 親の都合で、ポーランドで暮らしていましたが、6年前に帰国しました。 主にサッカーと陸上競技の愛好家です。
  • 昨日のページビュー:31
  • 累計のページビュー:15231

(11月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「結果論」も3度繰り返せば〜今季のフロンターレカップ戦〜
  2. あなたはサポーター?それとも“ユーザー”?〜ブーイングとフロンターレ文化〜
  3. 10年前にさかのぼられても〜フロンターレ無冠ジンクス検証〜

月別アーカイブ

2017
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss