ノータイトル!

錦織快勝。イボさんはハードを引き、ジルさんは沼を引く。

このエントリーをはてなブックマークに追加

これクレーでやってるのですか?

錦織、クズネツォフの二人ともテンポも展開も速い速い。攻撃型ストローカーの二人のラリーはそりゃ面白いよね。さらにお互いランニングスライスも上手で、決まったかな、という体勢からもうワンプレーさせるというクレーの醍醐味も見られました。やっぱこうじゃなきゃ。

これで錦織は次戦ベルダスコ! ベルダスコといえばダブルフォルトとランニングカウンター。ベルダスコさんは基本のショットがスピンぎゅるぎゅる系にもかかわらず、速い! 強い! 同じスペインレフティーのナダル以上に球威で押しつつ、エースも狙えるという、もうそれは反則だよと言いたくなるショットの持ち主! さらにランニングカウンターがえらい強力。例えば錦織のバックハンド鋭角クロスにランニングカウンターどかーんでストレートにウィナー叩き込む場面がセットあたり2、3回はあるものだと覚悟しておきましょう。しかし気分屋さんなのか、駄目なときは強打が空回りするという空白の時間があります。そこにつけこんで、リードを奪って、良いベルダスコにはある種の折り合いをつけてというのが現実的では? それと突如サーブが崩れるのも狙い目か。(こんな化け物から)どうやってポイントとるんだよという時間も(こんな雑なテニスで)どうやってポイントとるんだよという時間もあるので、やりにくい選手ですね。錦織はベルダスコのペースに引っ張られないよう注意です。

そして、これクレーでやっているのですか? と言えば、カルロビッチ! 僕は右利きがデュースサイドからワイドへフラットサーブ叩き込むのは無理だよ論者(もっというなら、最高速より15kphくらい落ちるけどスライスで逃げていくぶん有利だね論者)なのですが、こいつは例外! ほぼ最高速をどこのコースへも散らす男です。サーブの威力が弱まるはずのクレーでエース40本! 規格外にも程がある。2ndサーブも球速を落としてより回転をかけ、ビヨーンと弾ませるのが基本のクレーにもかかわらず、アベレージ186kph! 他の選手の1stサーブアベレージより速い。一人だけ空間を歪めてハードコートでテニスしていますね!

その他! ダニエルはワウリンカにストレート負け。しゃーない。切り替えて行け。1セットではSPもあったようなので、自信にして欲しいです。 大坂はまた勝ちました。強いですね。贅沢をいうならもうちょっとフットワーク良くなれば、topに来るんじゃないかと思います。バックハンドは打点あってない状態からでも捌いていましたし、球際には強そうなので。次、ハレプですね。アディダスのやらかしたシマウマウェアごと葬りさってくれれば言うこと無しです! ハレプさん、ケルバーさんもおいでおいでしてますよ?

マレーが連日のフルセット。ステパネクはともかく、2Rは相手誰? 僕には呼び方すらわかりませんでしたが、もしかすると前哨戦頑張りすぎたのでしょうか? シモン。ああ……はい……。まだ決着ついてませんが、フルセッターの本領発揮ですね。スコア推移が最高にイカれてるので、凄い試合なのでしょう。ファンもどうかしてる精神力が無いと、シモンフリークはつとまらない。別の意味でファンを選ぶ選手ですが、胃壁の頑丈さに自信のある方は追っかけてみるのも一興か。betするとなると、もう肝試しですよね。それは暑い時期にとっておこうぜ! 冷房要らずのエコ活動ですから。

そんなこんなで全仏、面白いです! そろそろここから新しい風を吹かせられるかというドローになってきます。

追記 あと、これ放送局批判ととらえられたら凄く嫌で、今回地上波がGS放送してくださったので、テレビ東京さんには有りがたく感謝しているんだけど、こう、滝川クリステルさんのインタビューがイマイチずれているので、誰かもっとカンペを出してあげて欲しい。特に錦織選手に、まだ実力の全部出しきって無いやろ? みたいな質問は、言わせたいことはわかるけど、違うのですよ。 有料にもかかわらずウンコ大量生産する某局(こっちは批判ですよ)が、ギアあげたギアあげたとキャッキャと喜んでいることに引っ張られたのでしょうが、基本的に相手のあるテニスでは、ある程度の主体性を持った野球の投手程にはギアチェンジできないのですよ! そんな都合よくガチャガチャいくなら、ジョコビッチはシモン沼にはまりませんし、ベセリーに負けませんし。錦織もフォニーニ戦、相手ミス無ければギアに関係無くイチコケでしたし。 調子のアップダウンをうまく持っていくのと、相手の嫌がるテニスにシフトするのと、相手がプレッシャーでおかしくなるのとが混ざりあって、上位特有の勝ちかたをするのです。あと流すところ流したりしているので、アーリーラウンド特有の競った試合になるのです。 スイッチポチっと押すとスーパー錦織が出て来てテニスロボ化する訳じゃないんです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織快勝。イボさんはハードを引き、ジルさんは沼を引く。

有難うございます!

WOWOWのオンデマンドはかなりいけてるので、テレビのプログラムがなお目立ちますね。
でっかいテレビで見たいんじゃー、という要望あると思うんですけどねえ!

錦織快勝。イボさんはハードを引き、ジルさんは沼を引く。

有難うございます!

シモンにbet、しかもフルセットbet。
それはもう、試合を、ツアーを一万倍楽しむベストな方法でしょう。
すごく良い方法ですが、試合中に胃がもたれませんか?

マレーは底無しの体力だとおもいますが、流石に削れているでしょう。
カルロビッチクリニックも時すでに遅しか?

錦織快勝。イボさんはハードを引き、ジルさんは沼を引く。

ギア云々はtennis tvで見てても時々言ってるので、某テレビ局の事も僕は特に気にはなりませんね。
上手くいくかはともかくとしてトッププレイヤーが要所で集中力を上げてる事には変わりませんし。
それよりも、wowowは放送コートの選択をもう少し考えてほしいですね。
グランドスラムは視聴手段の選択肢が少ないので、綺麗な映像で観れないんですよね。

錦織快勝。イボさんはハードを引き、ジルさんは沼を引く。

まれぇさんは6-2だった第一セットから身体重そうだったので
パネクさんとのテクニシャン対決の影響でしょうね。

3日間で4試合したようなもんだし、
さすがのマレーさんでも、
QFまで疲労は抜ききれない気もしますね。

ちなみに、自分はシモンさんの試合も時々使いますよ。
「3-2でシモンが勝つ」と「3-2で相手が勝つ」両方に張ってますけどね。

こんな記事も読みたい

全仏1回戦終了!クレーは本当に波乱が起きやすいのか?【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

クズネツォフに3-0快勝。錦織は3Rで曲者ベルダスコと対戦。【Fight!! Kei NISHIKORI】

錦織が急成長クズネツォフの猛攻を封じて勝利! 3回戦は52位ベルダスコ戦!(全仏オープン2016)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconplusoneblue

  • 昨日のページビュー:71
  • 累計のページビュー:1930284

(11月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織快勝。イボさんはハードを引き、ジルさんは沼を引く。
  2. 時は来た!
  3. よく分からない敗戦
  4. 賞金首錦織
  5. 新旧クレーテニス。
  6. ちょっと可哀想なジョコビッチ
  7. 錦織のシーズンはまだ続く。待ち受けるエキシビジョン
  8. ショッキングニュース。フェデラー全仏スキップ
  9. 腹出た反逆者。マドリード2Rへ向けて
  10. 錦織も3Rへ

月別アーカイブ

2017
09
08
04
03
02
01
2016
11
10
09
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss