ノータイトル!

新旧クレーテニス。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレーコートはものすごくバウンドが跳ねる。周知の事実である。球速が死ぬ。これもそう。スライディングがしやすい(ハードコートなどと比べて)。これで君もジョコビッチだ! イレギュラーが多い。やる側からしたらまったくはた迷惑な話です!

ですので、クレーコーターといえば、ややポジション後ろ目が定位置。そこからあらゆるボールにくらいつき、全球スピン全球フルショットの覚悟で、打つべし! 打つべし! 打つべえええし!!!! 最高傑作として、ナダルが挙げられるあれです。あのプレーなのです。

でもナダルやフェレールはいいとして、そんなプレーだけでは疲れちゃいます。丁度、ダニエル太郎がモンテカルロにてティエムから颯爽と第一セットを奪い去り、あとにはさわやかスッカラカン、エネルギーエンプティで続く第二第三セットをズタボロにやられた試合がありました。普通、ああなるのです。予選から本格クレーコーターを貫いた太郎ちゃんは攻められません。 あるいは、モンテカルロ決勝、フィジカル無双のモンフィスがナダル相手に凄く締まったナイスゲームを展開しつつ、最後にガス欠で6ー0されたのを思い出しても良いでしょう。 ライヤニ(ラヒヤニ)というド無能審判がフェレールのサーブがフォルトだったのにも関わらず、錦織がすでに打ち返していたからという理由でボールマークチェックを拒み、余分に1セットやらされて、結果次のナダル戦途中棄権に繋がったということは、僕の言いたいこととはあまり関係無いですが、ここも思い出しておきましょう。 さらにいえば、今年のIW、ナダルのレイトチャレンジはあっさり許可したことも、付記しておきます。そうです、僕は悪い方向に執念深いのです! 皆様にもおすそわけしますので、この部分でナダル討つべしと気分を盛り上げましょう!

いつにもまして脱線が止まらないですが、要するに後ろに下がるスペインテニス、南米テニスは効果はあるもののすごく体力面での消耗が激しいのです。そこが一番言いたいのです。

どうかしてるエナジータンクを持っている連中と同じ事をしても、なかなか厳しい。そうなると、前に出て来ざるをえないのです。それでチャンスになったらポジション上げようかというような雰囲気はありました。ええ。

ですが、ここで我らが錦織です! むしろ、前に入ってライジングで打てばいいのだと、なぜか閃いてしまったのです。ポイントごとではやっている選手もいたでしょうけど、試合通しての戦術として、クレーマスターズの決勝に持ち込んだのはたぶん錦織が初めてです。もう言ったもの勝ちで、言い切っておきます。世界初、錦織式クレーテニス! だからそれは漫画の世界であって。なんならカイジが上手いこと抜け穴を探すというようなことだからね? 僥幸っ……とか言いながらやるやつですよ。 しかしながら、旧クレーキングのナダルを新クレーテニスの錦織が一方的にタコ殴りにしていたのは、紛れもなく現実なのです。調子が絶好調でない時期とはいえ、自滅抜きで一方的にフルボッコされるのはかなり珍しいです。キャリアでもっとも乱れた15クレーシーズンでも、下手するとそれより悪いと感じた16南米、膝の怪我があった09全仏ソダリン戦含めても、無かったような気がします。錦織補正入っているかもしれませんが。

で、バルセロナです。新クレーテニスの錦織と、ヘンテコフォームの家元ドルゴポロフ。もともとドルゴポロフはかなりタイミング早いテニスでしたが、それにしたって、今日の新世代クレー対決のテンポの早いこと早いこと。2セット目は6ー0になりましたが、超特急テニスの難しさを感じました。逆に良いバランスだった1セット目はかなり錦織も危なかったのでは。10ゲームの4つのブレークピンチ(しかもSP)というプレッシャーのかかる場面を跳ね返したことでややドルゴポロフが気落ちしたのか、あるいは皮肉なことに直後の11ゲームで4つ目のブレークピンチを凌ぎきれず気落ちしたのかはわかりません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

新旧クレーテニス。

最近更新されませんが、お元気でしょうか?
作り手の苦労を知らない読者ですので本当に勝手ながら、新しい記事を楽しみにしております。

新旧クレーテニス。

有難うございます!

ペールは、見ていてあまり気持ちの良い選手ではなかったですね。
態度が陰湿な方へ傾いているので、特に。

草トーのセルフジャッジとかには、もう死ぬほど言いたいことがあります。
きっとみんなそうだと思いますが、ねえ?
言われて初めて気が付きましたがペールに感じる嫌悪感と近いかもしれません。

ナダルは好調ですが、五分五分だと思います!

新旧クレーテニス。

はじめまして。コメント失礼します。いつも楽しく読んでいます!
ペール戦見ました。勝ちました!圧勝でした!!
それにしてもペールさんはライン際のジャッジに常にもめている印象がありますね。。。今日も一人でイライライライラしてました。
草トーに必ず一人はいるジャッジが厳しい人のようで、彼女はとっても美人ですが、見ていて残念な気持ちになってしまいました。

次はナダル!決勝戦が楽しみです!!

こんな記事も読みたい

緊急提言2 ~Paire選手の表記について~【スコッチを片手に】

錦織がドルゴポロフ(30位)に勝ってベスト4進出! 準決勝は全米OP初戦で悪夢の敗戦を喫した22位、因縁のペール戦!(バルセロナOP2016)【0 to zeroのhorizon】

錦織圭 4つのセットポイント凌いだ!バルセロナ13連勝!ドルゴポロフ下し準決勝へ!ペアに今度こそ勝って決勝だ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconplusoneblue

  • 昨日のページビュー:22
  • 累計のページビュー:1930362

(11月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織快勝。イボさんはハードを引き、ジルさんは沼を引く。
  2. 時は来た!
  3. よく分からない敗戦
  4. 賞金首錦織
  5. 新旧クレーテニス。
  6. ちょっと可哀想なジョコビッチ
  7. 錦織のシーズンはまだ続く。待ち受けるエキシビジョン
  8. ショッキングニュース。フェデラー全仏スキップ
  9. 腹出た反逆者。マドリード2Rへ向けて
  10. 錦織も3Rへ

月別アーカイブ

2017
09
08
04
03
02
01
2016
11
10
09
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss