This is J-league

Jリーグホームスタジアム訪問記~ガンバ大阪~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今シーズンより、ガンバ大阪のホースタジアムとなった吹田スタジアムの誕生は、日本中に大きな衝撃を与えたことは、今更ながら言うまでもない。欧州仕様の新たなスタジアムは、圧倒的なピッチとの近さと、傾斜によってどの席からでも見やすい設計は、訪れる人全てを魅了する。そんな吹田スタジアムに、筆者が先日訪れたことで感じたことを書いていきたいと思うが、今更、その素晴らしさを書き綴っても面白くないだろう。そこで今日は少しひねり視点を変え、この吹田スタジアムの素晴らしさばかりにフォーカスが当てられる中で隠れている欠点について、感じたことを書いていきたいと思う。

↑吹田スタジアムの外装はいたってシンプルな作りだ

 視点を変え、欠点を書いていきたいと前述したが、やはり素晴らしいスタジアムであったことは記しておきたい。筆者は、このヴィッセル神戸との試合をバックスタンド2階の最後列から戦況を見つめたが、傾斜があって非常に観やすく、最後列にいることを忘れさせるくらいの迫力を感じることができた。そして普段観ているJリーグにも関わらず、何か普段とは違う雰囲気であったことは強く印象に残っている。これこそが、劇場型スタジアムだと強く感じたものだ。やはり日本最高のスタジアムであることを実際に訪れることで身をもって実感することができた。

 昨シーズンまでガンバのホームスタジアムであった万博陸上競技場から吹田スタジアムは、わずか徒歩10分ほどの距離にあり、同じ万博公園内に位置している。そもそもこの吹田スタジアムが建設される過程において、吹田市から万博公園内に建設要望があったことに加え、居住地域との共存を目指していたことが大きな要因となり万博公園内への建設が決まった背景がある。そして建設地が万博陸上競技場と同じ万博公園内と決まった直後、吹田スタジアムのすぐ近くに三井不動産が大型商業施設であるエキスポシティの建設されることが決定した。そもそも万博公園は、総面積264ヘクタールを誇り、1970年に行われた大阪万博の跡地に建設されたものだ。この万博公園では、各種スポーツ施設の他にも日本庭園や国立民族博物館といった文化施設に加え、そして前述したエキスポシティといった商業施設もあり、1日中楽しむことができる公園であると言える。

 こうした素晴らしい環境の下で、万博陸上競技場からわずか徒歩10分ほどの距離に建設された吹田スタジアムなのだが、この建設場所にこの吹田スタジアムの最大の欠点が、実は存在しているのだ。以前の万博陸上競技場は、モノレールの最寄り駅である公園東口の目の前に位置していたのに対し、吹田スタジアムは、公園東口あるいは万博記念公園の駅まで徒歩15分ほどの距離を要すこととなってしまった。試合前は決して大きな問題は無いのだが、試合後はスタジアム運営を含めたアクセス面は、サポーターが口を揃えて「非常に大きな問題」と話すなど、に観客にとっては、非常に不便を感じさせるものとなっているのが現状だ。万博陸上競技場から吹田スタジアムへと移り変り、収容人数が2倍以上になったことで、観客が増えたことによることもあるが、運営面においても問題があるのではないかと感じることとなった。

実際にこの日の入場者数は、26520人であったが、試合後は、帰路に着くまでやはり一苦労したというのが本音だ。入場時には4つのゲートから入場することが可能なのだが、試合後は2つのゲートしか解放されないことにより、2つのゲートに人が殺到し、まずスムーズに試合後にスタジアムの外に出ることができない。そして車、自転車、モノレールと観客は、それぞれの手段で帰途に付くが、駅まで人の多さで、なかなか辿り着くことができない。そもそも4両のモノレールでは、大勢の観客を捌くことは不可能に近く、それによって試合終了後、スムーズにモノレールに乗車することができないことが混雑を招く最大の要因である。またJRの駅方面へのシャトルバスもあるが、乗り場がスタジアムから10分ほど歩かなければならず、このことも、混雑を招く大きな要因となっている。筆者は、この混雑ぶりをあらかじめ察知していたため、スタジアムから徒歩30分ほどの距離にあるJR千里丘駅まで歩くことにしたのだが、狭い路地に自転車が殺到し、大混雑。おまけに警備員も立っておらず、中々進むことができないと同時に誰かが怪我しても全くおかしくない非常に危険な状況となっていた。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ホームスタジアム訪問記
タグ:
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
吹田スタジアム

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Jリーグホームスタジアム訪問記~ガンバ大阪~

レポートしていただき有難うございます。ご指摘のとおり試合終了後の混雑ぶりには…なんとかならないかといつも思います。ゲートの開放が2カ所のため、コンコースは人であふれ将棋倒しの危惧さえ感じます。スタッフの誘導等もほとんどなくハードのみならずソフト面での改善も考えてほしいものです。スタジアム発大阪市内行きのバスも出ていると聞きましたが「焼け石に水」感があります。ピッチが近いスタジアムの良さを数多くの観戦客と共有するためにも、アクセスについて本腰入れて取り組んでほしいと思います。

ガンバサポですさんへ

コメントありがとうございます。そのような背景があったとは知りませんでした。貴重なご意見ありがとうございます。こう考えるとクラブ単位だけでの問題ではなさそうですね。

お邪魔します

スタジアムにいくたびにブログ主様の指摘している問題点を痛感しています。
万博記念競技場のころは再入場可能でしたが、吹田スタジアムでは不可になった理由はスタッフによると警備の問題ではなくララポートの駐車場の問題だそうです。
サッカー観戦客がララポート駐車場に駐車しないようララポートの駐車券は一定時間毎にララポート内の機械に通すようになっており、再入場可能にするとそのチェックをすり抜けることが出来るようになります。
その為再入場は不可にせざるを得なかったそうです。
長文駄文失礼しました。

こんな記事も読みたい

再浮上【ダブルボギーの憂鬱】

ベガルタ仙台データいろいろ ~J1での年間成績~【せんだいサッカー日和】

平松前大分県知事と大分トリニータ【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

Dream【Planet of BLUE ★ ガンバ大阪】

苦手のサガン鳥栖撃破、…藤春しっかり【青と黒の魂と共に】

ハイテンションな前半と知恵比べの後半〜柏vsガンバ(7月23日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

エースの2度目の挑戦、そして、長谷川監督への見切り【青と黒の魂と共に】

日本代表戦が行われる「市立吹田サッカースタジアム」の認知度調査【スポーツマーケティングレポート】

ブロガープロフィール

profile-iconpikahikaru

Jクラブのホームスタジアムを巡って、そこでのサポーターからのお話しを基に記事を作っていきます。
E-mail→pika.pika.hikaru.0402@gmail.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:604434

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Jリーグホームスタジアム訪問記~松本山雅FC~
  2. Jリーグホームスタジアム訪問記~サガン鳥栖~
  3. Jリーグホームスタジアム訪問記~ガンバ大阪~
  4. Jリーグホームスタジアム訪問記~アスルクラロ沼津~
  5. Jリーグホームスタジアム訪問記~アルビレックス新潟~
  6. Jリーグホームスタジアム訪問記~ブラウブリッツ秋田~
  7. Jリーグホームスタジアム訪問記~東京ヴェルディ~
  8. Jリーグホームスタジアム訪問記~ツエーゲン金沢~
  9. Jリーグホームスタジアム訪問記~ジェフ千葉~
  10. Jリーグホームスタジアム訪問記~大分トリニータ~

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss