This is J-league

Jリーグホームスタジアム訪問記~浦和レッズ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビッグクラブがあるべき姿とは一体どのようなものだろうか。多くの日本代表を輩出しJリーグを代表するクラブである浦和レッズは、常に勝利という2文字が求められるビッククラブだ。選手のみならず、スタジアムを赤く染めるサポーターが、勝利を目指し死ぬ気で声援を送ることによって作り出される相手を圧倒する雰囲気もレッズの強さの一部となっている。しかし、近年は勝利を求めるあまり行き過ぎたサポーターによる不祥事が続き、レッズというクラブのブランドが揺らぎつつある。そんなレッズのホームスタジアムである埼玉スタジアム(以下埼スタ)を訪れ、それぞれのサポーターが抱く価値観、そしてビッククラブとしてレッズがあるべき姿について探っていきたい。

↑埼スタは日本代表戦でも使用されるお馴染みのスタジアムだ

 もはや浦和レッズというクラブがJリーグを代表するビッグクラブであることは言うまでもない。今シーズンこそ監督解任が起こるなど、成績の振るわないシーズンとなっているが、毎シーズンのように優勝争いに顔を出し、長年に渡ってJリーグを引っ張っていっているクラブだ。また、成績面だけでなく、1試合あたりの平均観客動員数3万人越え、営業収入は60億円越えを毎年のように記録しており、名実ともにJリーグを代表するクラブと言える。

 レッズという存在によって、浦和と言えばレッズ、あるいはサッカーの街という共通認識があるが、レッズがJリーグに参入する以前より、浦和の街はサッカーの街と知られていた。“赤き血のイレブン”とも称され、60年代後半から70年代に掛けて、全国高校サッカー選手権を3度制覇した浦和南が活躍したこともあり、古くから藤枝、清水と並んでサッカーの街と呼ばれていた。レッズは、Jリーグ創設に伴い、浦和が三菱自工サッカー部を誘致し、浦和レッドダイヤモンズと名称を変更したことで、この浦和の地にJリーグクラブが誕生することとなった。しかし、Jリーグ開幕当初は万年最下位争いを繰り返し、“Jリーグのお荷物”とまで揶揄されたクラブだった。そうした状況にも関わらず、多くの観客が、当時のホームスタジアムであった駒場陸上競技場に詰めかけ、スタジアムは常に満員に近い光景が広がっていたそうだ。勝敗に関係無く、レッズに対して多くの人が声援を送り続けていたことかも、サッカー街と言われる所以を感じることができる。

 J2降格などを経て今やJリーグを代表するクラブへと成長したことで、ますます浦和と言えばレッズというイメージが多くの人に浸透することとなった。あるサポーターが「街中の至る所にフラッグやポスターなどがあるのを見ると、自然とレッズを応援するような環境になっているような気がする」と話すなど、自然と人々の生活の内にレッズが溶け込んでいることが伺える。また、荒川と鴨川を挟んだ場所に位置する、レッズの練習場であるレッズランドは、一般市民も利用可能でサッカーグラウンドだけでなく、テニスコートなどを完備しており、将来さらなる規模拡大を予定しており、ますますの発展が期待される。かつて、サッカーの街と称された藤枝、清水、浦和という3つの街のうち、静岡県内に位置する藤枝は、サッカーの低迷、清水は街の衰退に苦しんでいるが、今も昔も変わらず浦和という街はサッカーの街であり続けていると言って良いだろう。

 レッズは、Jリーグ創設時のメンバー、いわゆるオリジナル10のクラブの1ともあって、サポーター歴の長いサポーターが非常に多いことはレッズの特徴の1つだと言われている。そうしたこともあり、埼スタが建設される以前のホームスタジアムであった駒場時代からのサポーターも多く、「駒場の頃なんかは家族連れは殆どいなかったけど、今は増えてきたように思う」と時間の経過と共に移り変っていくスタジアムの光景を感慨深げに話す年配のサポーターのような古参サポーターから、「とても熱いサポーターが多いという印象を持っていたので、自分達が入っていいのか不安で最初のうちは端っこで大人しくしていなけど、最近は雰囲気にも慣れてきた」という、サポーター歴2年目という方など幅広いサポーター層によって常時3万人以上の観客を動員させることで相手に脅威を与える独特な雰囲気を作り出している。これだけ、サポーターの数が多いと、それぞれの応援の仕方も多様で、サポーター曰く、北ゴール裏と南ゴール裏の関係は複雑なものがあるそうだ。北ゴール裏はサポーターの中心団体が中央に陣取り試合中は常に立ち続け、途切れることなく選手に声援を送るサポーターが陣取るスペースで、南ゴール裏は、大旗などもあるが基本的には座って声援を送るサポーターが陣取る構図になっている。同じサポーターと言えど、応援スタイルは勿論のこと、応援に対しての考え方も大きく異なっていることが取材を進めていくと明らかに

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ホームスタジアム訪問記
タグ:
浦和レッズ
埼玉スタジアム

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

FC東京U23vs長野(9月17日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

2017天皇杯4回戦 浦和☓鹿島 真ん中の強さと試合運びの差【浦和な生活】

《放送予定》9月23日 J2第33節ツエーゲン金沢vs名古屋結果 柳下監督会見&宮崎・作田・金子・山﨑選手インタビュー、北信越フットボールリーグ最終結果ほか【情熱サッカー@kanazawa】

堀監督になって何が変わったのか【パルシェン】

今更ながらの槙野不要論【赤い日々】

浦和には今を乗り切る駒が足りない パート2!【地球は青い!】

磐田☓浦和 如何に連戦を乗り切るのか【浦和な生活】

浦和には今を乗り切る駒が足りない【地球は青い!】

ブロガープロフィール

profile-iconpikahikaru

Jクラブのホームスタジアムを巡って、そこでのサポーターからのお話しを基に記事を作っていきます。
E-mail→pika.pika.hikaru.0402@gmail.com
  • 昨日のページビュー:702
  • 累計のページビュー:518824

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Jリーグホームスタジアム訪問記~松本山雅FC~
  2. Jリーグホームスタジアム訪問記~サガン鳥栖~
  3. Jリーグホームスタジアム訪問記~ガンバ大阪~
  4. Jリーグホームスタジアム訪問記~アスルクラロ沼津~
  5. Jリーグホームスタジアム訪問記~ブラウブリッツ秋田~
  6. Jリーグホームスタジアム訪問記~ツエーゲン金沢~
  7. Jリーグホームスタジアム訪問記~ジェフ千葉~
  8. Jリーグホームスタジアム訪問記~大分トリニータ~
  9. Jリーグホームスタジアム訪問記~東京ヴェルディ~
  10. Jリーグホームスタジアム訪問記~ヴァンフォーレ甲府~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss