This is J-league

Jリーグホームスタジアム訪問記~モンテディオ山形~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 地方都市におけるスタジアムと周囲の理想的な関係とは一体どのようなものなのか。人口減少、高齢化という問題が進む東北地方の南西に位置する出羽の国山形。この山形をホームタウンとして活動を続けるモンテディオ山形は、新スタジアム建設に向けて動き始めている。そんな山形という地方都市において理想とされるスタジアム像とは一体どのようなものなのか。現ホームスタジアムであるNDソフトスタジアム山形(以下NDスタ)を訪れ、サポーターに話を伺いながら、山形の現状を踏まえながら理想的な姿を探ることとした。

↑NDスタのある山形総合運動公園は陸上競技場だけでなく、野球場や体育館等も併設されている

 モンテディオ山形というクラブ名ではあるが、実際にホームゲームを行っているのは、山形市ではない。モンテディオのホームスタジアムであるNDスタが位置するのは天童市。県の中心部である山形市の北に位置し、山形市の中心部から車で1時間弱と言ったところか。このNDスタを1996年にホームスタジアムとして以降、20年以上に渡って、この天童の地でモンテディオは歴史を刻んできた。  筆者は、この日に行われた東京ヴェルディとの試合に足を運ぶべく、公共交通機関を使ってスタジアムに訪れたが、アクセスに関しては苦労したというのが本音だ。公共交通機関を使ってスタジアムに訪れるには、山形駅からバスで1時間近く掛けて向かうか、山形駅から電車で20分ほどにある天童南駅で下車し、そこから30分弱歩いていくかの2択だ。電車は1時間に1本あるかないくらいで、シャトルバスの本数も少ない。したがって公共交通機関を使う人にとっては、大変アクセスの悪いスタジアムと言わざるを得ない。しかし、これは公共交通機関に限った話であり車の場合は異なる。サポーター曰く、大抵の地元民は車を使うそうで、天童という地は県内各地からアクセスし易いそうだ。さらに6000台も収容可能な駐車場を完備しており、車を使う人にとっては、そこそこ利便性の高いスタジアムと言える。

 「山形という名前が付いている以上、本来は山形市に建てるべきだが、他のことを考えると天童の方が良いと思う」とサポーターは話す。モンテディオは、現在、新スタジタム建設に向けての動きが高まってきたが、具体的な建設地は決まっていない。仮に建設に至った場合、この建設地をどうするかは、山形という土地柄を考えると、非常に難しい問題だ。以前、京都サンガの記事において、多くのサポーターが京都の中心部へ新スタジアム建設を望んでおり、筆者もそうした意見を肯定的に述べていたが、これは京都という大都市における話であって、山形のような地方都市の場合、話が変わってくる。「天童は県内各地からアクセスが良いし、仮に駅前に作ったとしたら渋滞とかの恐れがある」と、このサポーターが、山形駅周辺に建設することが否定的な見解を述べるように、地方都市、車社会ということを考慮すると、中心部に建設するのが必ずしも理想とは言えないのだ。サッカー専用スタジアムにおける究極の理想論は、街の中心に位置し、アクセスし易く、試合の無い日でも多くの人利用されることだが、山形のような地方都市において果たしてそんな光景が実現するのだろうか。

 山形市は山形県の県庁所在地でもあり、県内で最も人口が多い市町村だ。しかし筆者は、試合のあった土曜日から翌日にかけて山形駅近くに滞在したが、昼も夜も街中は、決して賑わっているとは言えないというのが現状だ。週末にも関わらず商店街の人通りは少なく、電車だって各線1時間に1本あるかないかだ。こうした地方都市は車社会であり、首都圏に住むような人のように毎日駅を使う割合は大幅に低い。したがって、仮に山形駅の近くにスタジアムが建設されることが多くの市民にとって必ずしも便利なスタジアムになるとは言えないのではないかと感じたものだ。しかし、こうした意見がある一方で、「確かに僕たちみたいな若い人は車で来る分にはここはベストだと思うけど、車を使えないお年寄りのことを考えたら、どうしても駅から近いところに建設する必要があるんじゃないかと思う」という意見も聞くことができた。このサポーターは、いつもは車で来ているが、今日はたまたま電車で天童南駅から歩いてきたというが、「やっぱ遠かった」と苦笑いしながら、駅近の重要性を述べた。確かに山形のような地方都市は首都圏よりも高齢化の進行は早い。この日のスタンドにも年配の方も非常に多く目にしたが、今後将来、こうした年配の方も今まで以上に顧客として獲得する必要がある。そうした意味でも20年、30年後を見据えるのであれば、駅から近いという要素は必要となってくる。こうしてみるとさらに問題を複雑化しそうな流れだが、「別に山形駅じゃなくたって、駅から近いってのが最重要かな」というサポーターの言葉のように、仮に天童であったとしても、駅の近くならば、十分利便性は確保できる。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ホームスタジアム訪問記
タグ:
モンテディオ山形
NDソフトスタジアム山形
イオンモール天童

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【白鳥城の騒霊】これがアルビの生きる道 ~J1第7節 甲府vs新潟戦~【白鳥城の騒霊】

【ベガルタ】第7節 VS鹿島 同じ風景と違う風景【ことサッカー】

2017:J2:8節:A:vsカマタマーレ讃岐「マルセイユルーレット」【蹴鞠談議2】

200敗した名指導者、石崎信弘。大地を耕す男。【赤の血潮と、青の魂】

Jリーグ青田買いリスト 山形の異能系ドリブラー、汰木康也【赤の血潮と、青の魂】

【白鳥城の騒霊】松本と山形は3連続アウェー? ~Jリーグ規約第55条「同一大会でアウェイゲームが3試合以上連続しないこと」に違反の可能性あり~【白鳥城の騒霊】

モンテディオ山形 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

J1山形のJ2降格について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

ブロガープロフィール

profile-iconpikahikaru

Jクラブのホームスタジアムを巡って、そこでのサポーターからのお話しを基に記事を作っていきます。
E-mail→pika.pika.hikaru.0402@gmail.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:518123

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Jリーグホームスタジアム訪問記~松本山雅FC~
  2. Jリーグホームスタジアム訪問記~サガン鳥栖~
  3. Jリーグホームスタジアム訪問記~ガンバ大阪~
  4. Jリーグホームスタジアム訪問記~アスルクラロ沼津~
  5. Jリーグホームスタジアム訪問記~ブラウブリッツ秋田~
  6. Jリーグホームスタジアム訪問記~ツエーゲン金沢~
  7. Jリーグホームスタジアム訪問記~ジェフ千葉~
  8. Jリーグホームスタジアム訪問記~大分トリニータ~
  9. Jリーグホームスタジアム訪問記~東京ヴェルディ~
  10. Jリーグホームスタジアム訪問記~ヴァンフォーレ甲府~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss