This is J-league

Jリーグホームスタジアム訪問記~大分トリニータ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 創設から3年目を迎えたJ3の舞台で、今シーズンから規格外のクラブがJ2復帰を目標に戦っている。そのクラブこそ大分トリニータだ。2008年には、J1でクラブ史上最高の4位、さらにナビスコカップでは優勝と、過去に輝かしい実績を持つトリニータ。しかし、「地方クラブの星」とも言われたこのクラブもこのシーズンを境に低迷の一途を辿り、翌シーズンにはJ2に降格。2012年シーズンこそ、J1昇格プレーオフを制し、J1に復帰したものの、翌シーズンにホームゲーム未勝利を記録するなど1年で逆戻り。それからわずか2年でJ3降格という、あまりにも残酷な現実に直面し、J1経験クラブがJ3まで降格する初めてのケースという不名誉な記録を残してしまった。そうした浮き沈み激しいシーズンを繰り返す中、多額の負債を抱え、クラブ存亡の危機に陥るなど、成績面のみならず、あらゆる面でどん底を経験したトリニータ。今シーズンから戦いの場を移したJ3も終盤戦、J3においては規格外の存在とも言えるトリニータの今に迫った。

↑この日は台風が接近していたが、大銀ドームは開閉式の屋根を持つので快適に観戦することができた

 戦いの舞台をJ3へと移すこととなってしまった今シーズン。皮肉にもJ1経験クラブともあって、トリニータはあらゆる面においてJ3において規格外の存在感を放っている。ホームスタジアムである大銀ドームは陸上競技場と併設のスタジアムではあるが、最大収容人数40000人誇り、天井は全天候対応可能な開閉式の屋根を持つ。J2ライセンス基準に満たない収容人数5000人程度のスタジアムを持つクラブが多い中、この設備は圧倒的だ。さらに今シーズンここまでの1試合あたりの平均入場者数が7000人を超えており、J3平均はおろかJ2平均をも超えている。J3に降格したとはいえ、やはりネームバリューは健在で、単純なサポーターの数はJ3の他クラブと比較して群を抜いて多い。このような具体的な数字からもトリニータがいかにJ3にいることが規格外の存在であるかということに加え、J3にいるべきクラブではないことが分かる。

 現日本代表の西川周作、清武弘嗣はトリニータの下部組織出身、さらに森重真人、金崎夢生はプロとしてのキャリアをトリニータからスタートするなど、トリニータの育成は代々定評がある。トップチームは、低迷の一途を辿っているものの、アカデミーは高校年代のトップリーグであるプレミアリーグWESTで安定した成績を残し、トップチームには、アカデミー上がりの坂井大将、岩田智輝、吉平翼という面々が年代別代表に選出されているなど、クラブ代々の強みである育成は、健在と言って良い。そうしたこともあり、トリニータの再建に向けて「こうした育成をより一層の充実させることで、トップチームの戦力底上げを図って欲しい」と話すサポーターもいるなど、育成の充実こそが、再建の鍵であると考える人も多い。若手選手の育成の定評が高いドイツやフランスにおいては、クラブが苦境に陥った時には、育成に力を注いでいくことが、ベストな方法であると考えられている。そうしたことからも、このサポーターが話すように育成はクラブの再建に向けて非常に重要な要素だと言える。

↑J3では圧倒的に多いサポーターも、全盛期からすると減少が顕著に表れている

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ホームスタジアム訪問記
タグ:
大分トリニータ
大分銀行ドーム
債務超過

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Jリーグホームスタジアム訪問記~大分トリニータ~

スタジアム訪問記、すごく面白いです!
特に普段あまり縁のない、J2J3などのクラブの細かい所がわかるのは、物凄く価値のあることだと思います。
これからもがんばってください…!!(^^)

こんな記事も読みたい

頭がこんがらがって、わけわかめ〜相模原vs琉球(9月25日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

この悔しさを力に変えよう(2nd13節・川崎戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

踏ん張りどころ~J1 2ndステージ第13節 ベガルタ仙台vs名古屋グランパス~【ヒグのサッカー観戦日記】

J3第23節 富山 対 大分【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J3第22節 大分 対 C大阪U23【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

Jクラブが世代を超えて伝えいくもの【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J3 頑張れ大分トリニータ !【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

PKとPK戦【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ブロガープロフィール

profile-iconpikahikaru

Jクラブのホームスタジアムを巡って、そこでのサポーターからのお話しを基に記事を作っていきます。
E-mail→pika.pika.hikaru.0402@gmail.com
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:518123

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Jリーグホームスタジアム訪問記~松本山雅FC~
  2. Jリーグホームスタジアム訪問記~サガン鳥栖~
  3. Jリーグホームスタジアム訪問記~ガンバ大阪~
  4. Jリーグホームスタジアム訪問記~アスルクラロ沼津~
  5. Jリーグホームスタジアム訪問記~ブラウブリッツ秋田~
  6. Jリーグホームスタジアム訪問記~ツエーゲン金沢~
  7. Jリーグホームスタジアム訪問記~ジェフ千葉~
  8. Jリーグホームスタジアム訪問記~大分トリニータ~
  9. Jリーグホームスタジアム訪問記~東京ヴェルディ~
  10. Jリーグホームスタジアム訪問記~ヴァンフォーレ甲府~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
2016
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss