サッカーは”適正配置”と”相手の無力化”

なんとなくスペイン決勝進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルトガル対スペイン 0-0(PKでスペインが勝利)

 スペインはチャビを経由してボールを展開するが、チャビからは決定的スルーパスでなく、ただのパスしか出ない。しかも、珍しくボールをロストする。全般的にポルトガルの前線からのチェックに押されて、ロングボールを放り込み、跳ね返されて二次攻撃を受けるという悪循環。今回初先発したネグレドは、ポストプレーやクロスボールに威力を発揮するFWだが、単純なクロスが入らず、DFからの苦し紛れのクリアボールでは中央でのポストプレーの機会も来ないため、活かされない。また、シルバはまたもや途中交代でヘススナバスに替わるが、ダイレクトパスサッカー志向のスペインにおいて、ボールを長く保持するシルバが活きる道は見えてこない。決勝ではマタが替わっても良い。
 ポルトガルはFWのウーゴアウメイダがとにかく追い回す。そしてコースを限定したところで、ボールサイドに人数をかけたディフェンスを行う。それはまるでバルサのサッカー。攻略法としてはサイドチェンジして攻めるのが定石だが、ボランチの3人が逆サイドの穴を体力でカバーする。オフェンスでは、クリロナがスペインDFが待ち構えていても突破できる。しかし、自分で決めたい病がクリロナ以外にも発症し、ミドルシュートを連発してしまった。フォローもいたので、もう少し時間をかけて、あと1回だけパスを回せば崩しきれた可能性があった。ポルトガルは大会を去るが、コエントランにベンフィカ時代の輝きがなくなってしまったのを目の当たりにしたのが悲しい。
 しかし・・・、0-0のPKはサッカーではないべ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他サッカー
タグ:

こんな記事も読みたい

男子サッカー・ロンドン五輪メキシコ代表をチェック、オーバーエージは元PSVのサルシド【Jリーグやユース代表が中心のブログ】

準決勝2 ドイツ VS イタリア【えせサッカーファン】

ポゼッションする"新型カテナチオ" ―EURO2012決勝プレビュー【Sucker For Soccer】

この記事へのコメントコメント一覧

このブログの最近の記事記事一覧

ブロガープロフィール

profile-iconpide0412

北海道十勝の市町村職員。
サッカーと旅行が大好き。南アフリカW杯も決勝戦を観戦。
日本の世界遺産は暫定リストも含め全て制覇。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:1557610

(06月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ベスト4 ブラジル対ドイツ
  2. 今日の日経サッカー記事
  3. ベスト4 オランダ対アルゼンチン
  4. 決勝 ドイツ対アルゼンチン
  5. ベスト8 フランス対ドイツ、ブラジル対コロンビア
  6. ウルグアイ対イングランド等
  7. E組、F組、G組第一試合
  8. ベスト16 オランダ対メキシコ、コスタリカ対ギリシャ
  9. ベスト8 アルゼンチン対ベルギー、オランダ対コスタリカ
  10. ベスト16 ブラジル対チリ、コロンビア対ウルグアイ

月別アーカイブ

2015
01
2014
12
08
07
06
05
2013
12
11
10
09
08
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
2010
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2015年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ