2012年06月30日

なんとなくスペイン決勝進出

ポルトガル対スペイン 0-0(PKでスペインが勝利)

 スペインはチャビを経由してボールを展開するが、チャビからは決定的スルーパスでなく、ただのパスしか出ない。しかも、珍しくボールをロストする。全般的にポルトガルの前線からのチェックに押されて、ロングボールを放り込み、跳ね返されて二次攻撃を受けるという悪循環。今回初先発したネグレドは、ポストプレーやクロスボールに威力を発揮するFWだが、単純なクロスが入らず、DFからの苦し紛れのクリアボールでは中央でのポストプレーの機会も来ないため、活かされない。また、シルバはまたもや途中交代でヘススナバスに替わるが、ダイレクトパスサッカー志向のスペインにおいて、ボールを長く保持するシルバが活きる道は見えてこない。決勝ではマタが替わっても良い。
 ポルトガルはFWのウーゴアウメイダがとにかく追い回す。そしてコースを限定したところで、ボールサイドに人数をかけたディフェンスを行う。それはまるでバルサのサッカー。攻略法としてはサイドチェンジして攻めるのが定石だが、ボランチの3人が逆サイドの穴を体力でカバーする。オフェンスでは、クリロナがスペインDFが待ち構えていても突破できる。しかし、自分で決めたい病がクリロナ以外にも発症し、ミドルシュートを連発してしまった。フォローもいたので、もう少し時間をかけて、あと1回だけパスを回せば崩しきれた可能性があった。ポルトガルは大会を去るが、コエントランにベンフィカ時代の輝きがなくなってしまったのを目の当たりにしたのが悲しい。
 しかし・・・、0-0のPKはサッカーではないべ。

コメントする

コメントの投稿方法はこちら

トラックバックURL
トラックバックは「スポーツナビ+」内の記事からのみ受け付けております。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/pide0412/tb_ping/74