日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

月別アーカイブ :2016年03月

3.31 4-6 敗戦 「あきらめない野球」「凡事徹底」にプラスして必要なもの

疲れた、見てるだけで本当に疲れた。 今日の先発は砂田。5回0/3を2失点で切り抜けたが、早めの継投に切り替えた。 ラミレス監督の采配の意図としては一貫している。 日曜日の試合は石田を降板して、長田にスイッチさせたのも、それまで合ってなかったエルドレッド、ルナに打たれたから。 今日の試合はそれまで打ちにくそうだったギャレットがツーベースを打たれたというところだった。 長野が非常に砂田に相性が合......続きを読む»

3.30 本拠地初勝利。チャンスは、突然訪れる。

今日の試合は6-3で勝利。 モスコーソが7回103球ときちんと試合を作りました。特に、6回表の1アウト1塁で絶好調のギャレットを併殺に抑えたのは大きかったです。 その後は三上様、ヤマヤスが無失点に切り抜けた。 考えて見れば、今永が被安打5、モスコーソが被安打4なので、巨人打線は打てているわけではありません。 しかし、そこは超ヒッターズパークのハマスタ。 その影響をもろに喰らったのが分かります......続きを読む»

ベイスターズ開幕3連戦を振り返って。

思ったことは、「変わる」って想像以上に大変ということです。 ただ、開幕シリーズは1勝2敗。 カープがエース格を週末に全てぶつけたというのと、梶谷不在というのを考えれば、想定内といえば想定内です。 気になったのは白崎とロペスでしょうか。 白崎がサードに来ることによって、内野守備は締まり、先発は試合を壊さずに済みました。 が、打撃では成長した部分を見せた反面オープン戦の出来からすると…というと......続きを読む»

さあ、いよいよ開幕ベイスターズ。

まず、高校野球くじに関してですが、一言「何やってんだ」と思います。完全にアウトです。 これに関してはあることないこと言われます。 ただ、フロント側がやれることは毅然とした姿勢で立ち向かい、納得させるしかありません。 そして、「なぜやったか?」ではなく、「次どうするか?」に意識を向けてほしいと思います。 選手側がやれることは、「これだから、ベイスターズはダメなんだ」と言われないようにすることで......続きを読む»

検証 ここまでのベイスターズオープン戦

まず、今年のベイスターズは「投手力」主体のチームと言えるでしょう。 去年もそこそこはやれてはいたのですが、守備力が内野を中心に軒並み指標が悪かったので、それに足を引っ張られたという面は否めないでしょう。 先発で3失点以上を叩き出したのは3月10日阪神戦での三嶋だけ。その他の投手は非常に素晴らしい出来です。 石田、今永、井納、久保康、モスコーソ、山口は決定的。 中継ぎも三上、ヤマヤス、タナケ......続きを読む»

賭博問題に思うこと。

野球賭博問題。 残念であることは確か。 法律違反であるし、絶対にやっては行けないことだ。 しかし、悲しいことに泥仕合の様相を呈してきた。 そんな中で自分は疑問点がいくつか浮かんできた。 1、感情論に走りすぎでは? ネットの意見を見ていると過激な意見が多い。 「たかがネット」でしょと思うかもしれないが、ネタにしやすい材料は「ネットリンチ」という強い勢力があることを理解してほしい。 お隣の......続きを読む»

3.13 2-3 敗戦。 平田だけで試合を壊してしまった。

うーん、もどかしい・・・ 力の「差」というよりも、投打で足を引っ張った人が物凄く目立った試合でしたね。 内訳を言うと、ヒットは12本。 しかも、下位打線の山下、黒羽根、倉本がマルチヒット。柴田にいたっては猛打賞。ロペス、飛雄馬、松本にもヒットが出た。 (倉本、黒羽根がタイムリーを打っている) 飛雄馬と倉本は久々にヒットが出たので、これを機に調子を上げてほしいなというところ。 その分、荒波とロ......続きを読む»

オープン戦、ここまでのベイスターズ

なにやら、今年のベイスターズを不安視する声が出てきました。 ミスがあるとか、打線が繋がらないとか。 そういう部分はもちろん改善は必要です。 ですが、数字、事実というものを理解してください。 確かに、今2勝5敗1分けで11位です。 では、オープン戦11位のチームはシーズンだとどうなるか? 意外にも過去10年の統計からは、Aクラスの割合は60%でした。 06ヤクルト、09中日、10阪神、11......続きを読む»

3.10 敗戦。 「それなりにやれている」の先を。

今日は阪神と対戦。結果は、2-5で敗戦。 修正も最終段階にそろそろ入るので、そろそろ結果も出さなきゃいけません。 ピッチャーは予想された石田ではなく、三嶋。 結果、三嶋は5回5失点11安打と散々でした。ボール先行で、コントロールを意識しすぎたりといいところは全くありませんでした。 黒羽根とバッテリーを組みましたが、リード以前の問題でした。 今のままだと開幕一軍はかなり厳しいでしょう。 石田、......続きを読む»

3.8 引き分け 投手陣は概ね順調。 守備の良さが際立った試合でした。

先発の久保は、5回投げて無失点。非常に順調でした。 内外、コース共に良く投げ分けられていて、監督のインタビューを聞く限り、先発ローテーション入りは当確でしょう。 3回表のロペスのファインプレーが非常に大きかったです。打てなくても、あれがあるので外せません。 ただ、登板予定だった?熊原は投げませんでした。変わりと言ってはなんですが、三上が今年初登板。 二軍での状態から判断して不安の声もありました......続きを読む»

オープン戦からヒヤヒヤする勝利。

勝ちましたが、平田… 打たれていいけど当てちゃダメ。 これでは一軍で使えないよ。 ペトリックは決め球がなくて、毎回ランナーを複数出して苦しい投球ながらよく1点で抑えたという感じ。 レアードのレフトフライは2回ともハマスタなら…という打球だったので。 対照的に須田と福地が三者凡退と素晴らしい投球。 きちんと改善されていました。 何やかんやで1失点。 もっと取られても仕方ない展開でした。 打......続きを読む»

3月5日 ファイターズ対ベイスターズ

今日も3-5で負けました。 モスコーソ投手は内角攻めは出来ていましたが、それが結果上手いことヒットになったり、ストライクゾーンで助けられた部分であったのでまだ本調子とは言えませんでした。 それでも、きちんと修正はしてきているので次回に期待しましょう。 タナケンはいいボールは投げてはいました。 ただ、牽制の時にロペスが一塁ベースにいなくてボーク取られて、 レアードにも低めに投げられてはいたんです......続きを読む»

ヤクルトとのオープン戦2試合を振り返って。

結果から言えば、昨日は9-0で勝利。今日は1-2で敗戦。 昨日は今永が5回まで完ぺきな投球。さらに、須田も日曜日の試合からきっちり改善してきました。 打撃陣は昨日は言うことありませんでした。戸柱は低めがすごい好きということがわかったこと、関根が復調してきたことがプラス要素でしょうか。 ロマックのホームランは、ハマスタの特性を生かしたものなので・・・ そして今日は山口が先発。5回5安打も無失点に......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5249661

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss