日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

月別アーカイブ :2015年09月

戦力外報道にもの申す。

今日は怒ってます。 多村がそういうふうになるかもと。 私も処遇はちゃんとしてほしいですが、怒りたいのはそこではありません。 まず、複数紙出ていない。 去年、ソト退団時にも同じことを書きましたが『飛ばし』という可能性があることを頭に入れてください。 これが、夕刊紙や週刊誌だとわりかし冷静に流せるんですが、大手スポーツ紙の独占報道だからタチが悪い。 事実なら、球団関係者の誰がバラしたんですか? ......続きを読む»

9.28 3-8 敗戦 黒田に完全にねじ伏せられる

6回表、ツーアウトまでは砂田が粘っていたのですが、後藤のエラーがカープに一気に主導権が渡りました。 砂田も、夏場から非常に活躍しましたが、来年への課題としては右バッター対策もそうですが、守備に足をひっぱられることもちょこちょこあったので、感情をむき出す時はむき出してもいいと思います。 今日は、打撃不振でロペスがスタメン落ちしました。 打てない時は、からっきしですが改めて守備での存在感の大きさが非......続きを読む»

2015 ベイスターズキープレーヤーだった人

まもなく、シーズンが終わろうとしていますが、ベイスターズは蚊帳の外。 今年は先発陣が崩壊、センターラインも定まらなかったなかでよくここまで来たなという感想を持ちます。 人員整理、オープン戦、ドラフト、補強は本当に成功しました。だから、前半戦を首位で折り返せたのです。 マイナスもマイナスからスタートしたベイスターズをここまで戦えるチームにしたのは、本当に素晴らしいですが、 ある意味で今年、来年がベイ......続きを読む»

ゼネラルマネージャー

今日は負けました。 ネイラーが良かったとしか見所がないくらいあっさり終わりました。 レギュラーシーズンは濃すぎる試合もあれば、薄すぎる試合もあるので。 しかし、そんななか飛び込んだ訃報。 阪神中村GMの急死。 昔の人ではない。今もこの位置にいる人だ。 まあ、いろいろ言われた人ではあるが こうやって思うのはGMって激務だということ。 監督並の待遇で招聘するべきです。今後は。 どこの球団でも。......続きを読む»

9.22 10-6 勝利 ハマスタでは三浦、4か月ぶりの勝利

三浦は、中日戦は非常に相性いいですね。 まあ、2回のノーアウト満塁を抑えたのはさすがというか、劇場型というか・・・ 三浦の場合は、意外と立ち上がりが完璧すぎると案外そのあとに落とし穴があるんですよね・・・ しかし、その後の修正はさすがでした。 三浦がハマスタで勝ったのは交流戦のオリックス戦以来かな? 神宮、ナゴヤドームでは勝っているんですが。 打線は素晴らしかったです。 筒香、ロペス、嶺井......続きを読む»

9.19 7-5 連勝 シルバーウイークは白星発進

今日からシルバーウイーク。 しかし、井納は点を取ってもらった後に点を取られるのは、ちょっといただけない。 まあ、なんとか最少失点で切り抜けたイニングも多かったので助かった。 ただ、荒波が守備で2日連続でミスをやらかすのは、これは練習をしてください。 そして、走塁死が非常に多いのもいけない。今日だけでも、西森、内村、バルディリスと3回もやらかした。 最も、バルディリスが走塁死したのは馬場コー......続きを読む»

監督交代の絶対要素

これは、監督が変わっても変わらなくても考えなくてはいけないことです。 優勝を決めたホークスは、今年秋山監督から工藤監督に代わりました。 工藤監督は、采配らしい采配はそんなにはしていないと思います。モチベーターに徹したというところでしょうか。 4番内川起用くらいではないでしょうか、工藤カラーが色濃く出たのは。 あとはちょこちょこ変わりましたけど、太い軸があったのでね。 まあ、バンデンハークや寺原......続きを読む»

逆に質問したいです。

今日のネットに配信されたスポーツ新聞の記事に悲しさしか感じませんでした。「中畑監督 罵声と応援」 ファンが二分してしまっている事を象徴してしまっているようで・・・ 「ファンの声」が悪い意味で肥大化しているように思えます。 「勝ちたい」「強くなりたい」という気持ちは一緒なんです。 確かに数字が全てを物語っています。 でも、ネット上で言われている事が「想像」であって「根拠」がないように思えていて、ち......続きを読む»

南場オーナーに、ビデオ判定に言いたいこと

まず、ビデオ判定。私は、ぜひとも来年「チャレンジ」を導入して欲しいものです。 しかし、なぜ田中広輔の幻のホームランが「幻のホームラン」になってしまったのか。 それは、使ったカメラに問題があります。 恐らく、阪神球団の公式映像を使ったのではないでしょうか? CS中継や資料、スポーツニュース用に使われているものです。しかし、この手のものは「二次利用」前提の使用のため、カメラ台数も少なめです。 この......続きを読む»

9.10 1-3 敗戦 3度のチャンスを生かせず

久々の試合でしたが、負けました。 石田はHQS(7回2失点)は達成しましたが、2回裏の大引のホームランは2アウトランナーなしだっただけにな・・・ 本当に、ヤクルト打線を抑えているのだが・・・ ある意味では、1番のヤクルトキラーと言ってもいい。 今日は打線でしょうか。合格点を挙げていいのは宮崎だけです。2年ぶりのホームランがバーネットからということなので、力はあるということでしょう。 1回表は荒......続きを読む»

検証 ベイスターズの何がいけないの? その2

本日も中止・・・まあ、仕方ないでしょう。ビロウはただただ残念としか言えません。 前回書いた、ベイスターズの問題点。多角的に検証しましたが、今回は選手要因に特化して書いて行こうと思います。 1.先発陣 石田と砂田が本当に救世主ですね。他は仕事をしているのかと言いたくなるくらいです。しかも、今年は規定投球回にまだ誰も達していないという有様。投手コーチはもちろん、選手は大いに反省して欲しいものです。......続きを読む»

検証 ベイスターズの何がいけないの?

昨日の敗戦は、一夜明けても未だに悔しいです。こんな感情を抱くのは、今年の開幕戦と、去年の今成のサヨナラヒットの試合以来です。 前々から抱いていた思いを今日は書こうと思います。 ベイスターズは、前にも書きましたが、補強、ドラフト、キャンプ、観客動員は大幅に改善しました。 外国人選手もそれなりには当ててるんですよね・・・ 方向性は間違ってはいません、成果も出ています。そうでなければ、勢いだとしても......続きを読む»

9.4 7-8 敗戦 ミスとミスのシーソーゲーム

打線は機能したんですが… ジャイアンツも勝ったんですけどね、菅野に勝ちを付けなければいけない試合だったと思います。 ただ、言えるのは村田に打たれてはいけない。 村田に打たれた中日と阪神は負けてるし、村田を抑えたヤクルトはきっちり勝ちを拾っている。 改めて、この男がキーマンだということを思い知らされた。 山崎康は一昨日の中日戦は打つべくして打たれたということが、逆説的に証明された。  ついに、......続きを読む»

9.3 1-4 敗戦 とにもかくにも運がない。

石田は良かったと思います。ただ、6回裏の2アウトからの失点は頂けなかった。 2アウト取って、少し気が緩んだのかな? それに、8回裏の交代は昨日の山崎康のことが伏線にあったのでしょうね・・・ まあ、今日は打線です。 乙坂、梶谷2度の盗塁失敗。バルディリスの大ブレーキが、勝負を分けました。 最も、梶谷は4試合連続でマルチヒットなので、調子自体は上がってきているのですが・・・ そして、8回表。ロ......続きを読む»

ベイスターズ 背番号に思うこと

山田哲人は、トリプルスリーを達成すれば「あるもの」も同時に渡される可能性があるという。 それは、「背番号1」 スワローズで背番号1は若松さんが着用されていた番号で、引退するときに永久欠番にする動きもあったようだが、「準永久欠番」で決着した。 それ以降、背番号1は池山、岩村、青木と生え抜きで実績を積んだ選手しか許されない番号になっている。 スワローズでは、「27」も同様だが、こちらはさらに条件......続きを読む»

9.2 3-2 3連勝 ついに、山崎康が・・・を救った大ファインプレー

先発は三浦と大野。 大野に対してベイスターズ打線は、とにかく球数を放らせる作戦を敢行。 結果、8回145球3失点。 2回表のツーアウトからの3連打でのタイムリー、6回表のルナのエラーから始まった2点。 三浦もらしい投球を披露し、6回90球1失点、三上、エレラも三者凡退で切って取って、ベイスターズファンの誰もがあの男が出てきて、すんなり終わるものだろうと思っていた。 (三浦から代わって打たれた......続きを読む»

9.1 6-5 連勝 ロペスが大車輪の活躍

とにかく勝ったことに意味があります。 しかし、そのうえで嶺井の2エラーは猛省しなければなりません。 山口に関しても、ピンチを招くことは仕方ないにしても、フォアボールでランナーが多い場合、初球の入り方は特に重要になります。 その点は、反省です。 打線は、ナゴヤドーム大好きロペスが大活躍。 ロペスは今日3打点。チャンスメイクにも一役買う一日でした。 バルディリスの最後の内野安打は、飛んだコースが......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:71
  • 累計のページビュー:5249322

(11月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss