日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

月別アーカイブ :2015年08月

8.30 8-4 勝利 凌いで、凌いで、引き離して。

モスコーソはこの投球では次回はきついですね・・・ 須田、三上、エレラ、長田はなんとか踏ん張りました。 須田を見ていると、安心感が漂うようになったのは大きいですね。 個人的には、1年ぶりに抑え・三上を見たかったんですけどね・・・ しかし、試合はカープの方が終始押せ押せの展開でした。 6回、7回連続で満塁のピンチをよく1点で凌ぎました。 打線は、3回の集中打はとても素晴らしかったんですが、それ......続きを読む»

8.29 2-3 敗戦 あのプレーさえなければ・・・

あのプレーさえなければ、延長戦にもつれることもない。 あのプレーさえなければ、砂田に勝ち投手が付いて、山崎が34セーブになった。 あのプレーとは、5回表2アウト3塁 バッターはエルドレッド。打ちあげた。誰もがショートフライかと思った。 しかし、柳田がまさかの落球。 「ベイスボール」の象徴として、悪い意味で注目されること間違いなしのプレーであった。 今年は、エラーの数、補殺、刺殺数も大きく改善さ......続きを読む»

8.26 3-4 敗戦 選手は粘りを持って。

今日の試合は、どちらも早打ちだったんですが、調子の差が出てしまいました。 山口は悪くなかったんですが、2本のソロというよりは、バルディリスのエラーの後にパスボールやフォアボールを出してはいけなかった。 それで、1点で済んだから良かったけど 山口が勝っていくにはこういう部分でしょう。 平田に関しては野次というより怒声が聞こえてしまいかねないピッチングをやってしまった。 もう少し、自分の球に自信を......続きを読む»

ベイスターズ4連敗 必要なもの

まず、あの7回の継投は誰もが疑問に思ったでしょうが、監督が「継投ミス」と認めています。 平田は本当にメンタル面が課題だ。一方で三上はケガでだいぶ出遅れたけど、やはり1年通して抑えというポジションをやったことが大きな自信になっていて、エルナンデスを簡単に切って取った。 平田真吾は毎回こういうピッチングになるのはなぜだろうか? 国吉と同じ防御率も悪くなくて、そこそこ結果を出すし、持ってるものはすご......続きを読む»

8.23 1-3 3連敗 借金10...  心が折れそう、でも諦めてはいけない。

去年同様、横浜は阪神のお得意様になってしまうのか・・・ ベイスターズは投手力が高いチームになってました。 中継ぎがなんとか試合を壊さずには済んでいるのですが・・・ ベンチの仕事は選手を送り出すまでで、そこから先は選手たちの仕事です。打てないことは猛省です。しかし、抱え込んでしまう怖さもあります。 梶谷がセーフティーバントを試みるということからよっぽどなんでしょう。 昨日、プロ野球ニュースで苫......続きを読む»

8.22 2-7 連敗 これもプロ野球。

高校野球では、純粋、青春、諦めない、ひたむきさという言葉で「言い訳」が出来ます。 しかし、プロ野球ではそれが全て「ダメ」その一言でしか言われません。そして、晒しあげられます。 これがアマチュアとプロ野球の最大の違いでしょうか。 ある意味、プロ野球らしい試合だったかもしれません。 2回表、すぐに同点に追いついたまでは良かったが、押し出しだけの1点というのは物足りなさすぎます。 最近、思うことは押......続きを読む»

8.21 2-3 敗戦 目先の勝ちを拾いに行くべき。

オスンファンはこれでもかというくらい、打っているんですが・・・ 今日は、宮崎の記録にならないエラーが非常に痛かった。 2回裏1アウト2塁。バッター江越。セカンド宮崎が捕球。しかし、何を血迷ったのかダブルプレーを狙う。 しかも、2塁ベースを踏んでおらず、送球も乱れ、オールセーフに。その後、梅野に2点タイムリー。 鳥谷のところでも、宮崎の記録に残らないミスが絡み、3失点。 こういうところはまず......続きを読む»

8.20 2-1 勝利 スターナイト2年連続勝ち越し

今日も、石田と山崎ルーキーコンビが躍動しました。 山崎が新人セーブ記録を25年ぶりに塗り替えたことに注目が集まっていますが、これに関しては時間の問題だとも思っていたので自分はあまりどうとは思いません。 彼の凄いところは、1度もセーブ失敗がないところです。 1点差だったら、必ず抑えてくれる。そんな安心感すら彼には漂います。 ちなみに、亜大は与田さんや高津コーチなど抑え投手を輩出していることや、練習......続きを読む»

8.19 3-8 敗戦 三浦、倉本がブレーキ役。

今日は、セ・リーグどこも大味な試合でしたね。 しかし、三浦は2試合連続でこの有り様。 立ち上がりがいいと、4回に崩れて堂上に満塁ホームランを打たれる。 今日のように、立ち上がりが悪すぎると4失点。続く2回にも失点。 これでは、二軍落ちを宣告されても仕方ないかもしれませんが、中日戦には相性がいいので残るかも。 一方、打線では倉本が大ブレーキ。 小川を打てない何かがあるのか? 三球三振、ファー......続きを読む»

8.16 2-7 敗戦 福井に三度やられる。

久しぶりの投稿です。この何日かは、お盆の行事などでいろいろと結構忙しくて、疲れが溜まってました。 今日の試合も、エラーに尽きます。 山下の送球ミス、嶺井の2度の捕球ミス。 これでは勝てなくて当然です。 高校野球や大学野球は、こういう緊張感ある試合があったとしても二週間の短期決戦です。 しかも、特定の球場でしかやりません。 プロ野球は、この戦いがまだ一ヶ月半もあります。 練習するプラス、メンタル......続きを読む»

8.11 3連敗… 『第二の意識改革』を。

今日もマイコラスを打てず… 久保も相手に助けられながらも7回2失点と粘りました。 この時期に相手がどうこうとは言いますが、事実は結果だけ。 相手が悪かろうが良かろうが抑えればちゃんと意味を成します。 打線は大いに反省です。 狙い球を絞っても打てないのなら、悪知恵を働かせないといけません。 ヤジ、デッドボールなどなど… 言葉にしたら酷いものですが、正攻法でもダメならば『ニュース』を生かすべき......続きを読む»

8.10 2-3 連敗 中畑監督・・・

モスコーソに関しては球威は以前と同じくらいに戻ってきているのでそこまで心配はないと思います。 須田は当面この位置での活躍を期待したいと思います。 国吉は・・・書き出すと止まらないので割愛させていただきます。 ただ、今日は監督あるいは首脳陣が決めたオーダーに疑問を抱きました。 1番に桑原、2番にノリハル、7番に白崎。 スタメンを変えることは別に悪いことではありませんが、正直このスタメンでは勝......続きを読む»

8.8 2-5 敗戦 ベイスターズの弱点=ミドルエイジ

尚成が、三上が、大原が、エレラが無失点で切り抜けたのだが・・・ 本当に高崎健太郎が酷過ぎる。 あまりにひどすぎるので、変えてくれと何回思ったか。 ただ、解説の川口和久さんは「変えるタイミングはあったけど、序盤だったので継投が難しい」とも言っていた。 中畑監督も、高崎にはもっと厳しく当たるべき。 いつも見ていて思うのだが、ベイスターズはミドルエイジが不甲斐なさすぎる。 山口、黒羽根、石川、高崎が......続きを読む»

8.7  7-4 勝利 ベイスターズがエキサイトしているぜby乙坂智

9回表の3点は反省しなければなりません。ただ、継投が悪いわけではないのですが・・・ 結局山崎康を出さないといけない状況になってしまいました。 阪神としたら、抑えを引っ張り出せたら御の字という考えに8回裏からはなっています。 そういう意味では、大原の投球は反省だらけです。もしかしたら、明日誰かと変わっている事も可能性もあるかもしれません。 ただ、なんといっても素晴らしかったのは乙坂のあのスリーラン......続きを読む»

8.6 2-1 石田、山崎のルーキーコンビで勝利をもぎ取る。

やっと石田に初勝利。ずっといいピッチングをしていただけにね・・・ ただ、今日はJSPORTSだったのでまだ映像を見ていません。 去年ドラフトでベイスターズが指名した時、「法政か・・・」「左腕だけで獲ったのでは?」「故障持ちだからな・・・」「4年になってから評価落としているから」と不安の声も少なくなかったが、それらの声をこの1カ月で全てかき消した。 8回1失点。課題である立ち上がりを相手が早打ち......続きを読む»

8.5 敗戦 負けたら、全て無意味です。

たとえ、酷い試合でも勝てば意味があります。 しかし、素晴らしい好ゲームも負ければ無意味です。 今日の試合は、まさにそんなゲームでした。 采配批判などがいろいろ渦巻くかもしれません。 監督の問題もあるでしょう。 しかし、これこそ結果論になってしまい、不毛な議論になりかねません。 今いえることは、なんでもいいから勝つこと。そして、まだ8月は五分。 去年の99試合と比べても差はありません。 ......続きを読む»

8.2 敗戦 セオリーは当てにならない?

うーん…負けましたね。 バッテリーエラーや筒香のレフトフライ落球は当然猛省しなければなりません。 ただ、新井さんが三振ゲッツーをやっちゃったので少しは相殺になるのかな… 福井を攻略はしたのですが… 気になったのは、5回表のノーアウト2塁。 福井がなぜかバスター。 結果は、送りバントだった。 が、実は3週間前の中日戦でノーアウト1、2塁でバッター福井の場面で打ちに行かせて三振というケースが......続きを読む»

8.1ベイスターズ連勝。 必死に、粘って、全員野球。

まず、後藤の怪我は心配かもしれません。しかし、それを埋められる人物は必ず出て来ると信じています。 石川の代わりだって、宮崎とムシキング山下が出てきた。井納の変わりはとりあえず高崎が果たした。 きっと、出てきます。 さて、試合。細かなミスも多かったです。四回表同点となった後、なおもノーアウト1,2塁で梵がバントする。しかし、高城は1塁アウトを指示、これにはTVKの解説が「三塁投げてもアウトになっ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:71
  • 累計のページビュー:5249322

(11月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss