日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

月別アーカイブ :2015年04月

4.30 1-0 勝利 三嶋は言うことなしだが…

今日も勝った。ある意味、カープ戦の2勝は一番ベイスターズらしくない勝ち方ということで少し戸惑ってます。 高城は盗塁一つ刺したのはお見事だった。 結果的に梶谷の今シーズン初ホームランが決勝点になったのだが、ちょっと打線には注文をつける。 三嶋のことはみんな触れるでしょうから… 確かにノムスケは素晴らしい投球をしたのは紛れもない事実。 そう簡単に打てるわけではないと言うことも理解してます。  これ......続きを読む»

4.29 2-9 連勝ストップ 尚成に尽きる…

今日はもう尚成が悪すぎた。 そうとしか言いようがない試合でした。 全部の球が甘いし、バントの処理を誤る。 ちょっと最近、ピッチャーがフィールディングでミスるケースが多い。 もちろん、安部や倉本のように活躍した選手もいます。 ですが、初回5失点喰らったら、マエケンも楽に投げられます。 やる気削がれるのも仕方ない試合でした。 ただ、7回表に2点取って、さらに1アウト2、3塁でさあこれからというとき......続きを読む»

4.28 1-0 5連勝 月間5割以上確定!

いやー本当にヒヤヒヤした。9回の攻防は。 大瀬良の今日の出来は、間違いなく今シーズン最高の出来だった。 久保も回を追うごとにに調子は良くなっており、延長戦にもつれることも十分に予想された。しかし、9回表のワンチャンスを生かしての勝利となった。 ただ、久保は立ち上がりは良くなかった。菊丸に明らかにクイック対策をされており、しかも高めのカウント球を打たれた。 新井はゲッツーかと思いきや、久保が悪送球......続きを読む»

検証 第3回 バルディリスの危険球から本当に全てが狂ったのか?~1つの勝利とその代償~

あの日の私の読みは甘かったのか、去年の4.2 山口と平田が打ち込まれ、大逆転負けを喫した試合。あれでベイスターズの戦い方が全て狂った。 だから、その試合勝てたことは非常に大きな意味があるとブログに書いた。「4.11 8-6 勝利 本当に勝てて良かった・・・」 だが、その代償はあまりにも大きすぎた。それは、黒羽根の大スランプ。 それまでが特に問題はなかったのは、結果が証明している。(4.10時点......続きを読む»

4.26 5-3 4連勝 『前振り』がよく効いた試合

高崎は、本当に酷かった。 期待を裏切るってこういうことを言うのか。 2回にノーアウト満塁で代打に嶺井を送ったとき『山口と井納を長いイニング投げさせたのはこの試合のための壮大な前振り』とも思わざるを得なかった。 前振りとは、ある物事やお約束を終結させるために必要なルーティーン。 ダチョウ倶楽部のギャグ『どうぞどうぞどうぞ』なんかが前振りの典型例。 結果論ではあるが、この前振りが非常に有効利用され......続きを読む»

4.25 5-2 3連勝 バッテリーが大活躍

今日はなんといっても、山口の完投。 投手陣の台所事情が火の車に近いなか、ありがたい完投勝利。 最後の平田に投げたアウトコースの150キロのストレートで見逃し三振を奪った姿は見ていて惚れ惚れした。 しかも、ハマスタのファンの歓声が凄いこと、凄いこと。 おまけに、2時間半で試合が勝って終われるというお客さんも帰りのことをそう気にしなくていいテンポの良さ。 今日は嶺井が今シーズン初マスク。 正直、......続きを読む»

4.24 8-1 連勝 ベイスターズにとってのゴールデンウィークになるのか?

今日は、守備のミスが中日に多かったというのもあるけど、それを効率よく点に結び付けた打線を褒めるべきでしょう。 ただ、守備のミスはベンチからの信頼不足、投手陣の防御率悪化に大いに作用するので、これを反面教師にしてほしいものです。 石川が今日は固め打ち。しかも、彼が1打席目に出塁した試合は全て勝っているからなおさらである。 飛雄馬も、サヨナラエラーを少しは取り返す2点タイムリーを放った。 そして......続きを読む»

4.22 7-4 連敗ストップ とにかく勝ってよかった…

まあいろいろ言われるし、俺もあれこれ言ったけどとりあえず勝ってよかった。 筒香凡退で、『ダメかな』と思いましたがロペスが逆転タイムリー。 そして、極めつけは荒波のスリーラン。 最も、2回の初球ゲッツーは反省してほしいのですが、試合の中で借りを返してくれればいいんです。 ただ、これで長打狙いになって、早打ちポップフライが多くなるのが荒波なので、手放しでは喜べません。 中日戦でも打って、本物で......続きを読む»

4.21 3-5 7連敗 ベイスターズの何がいけないの?

今日は、途中追いついたんだけどね・・・ 完全試合寸前の岩田から7回に2点取ったことはいい材料ではある。 借金も膨らんで3。 打線はそれなりに点取っているし、投手陣もそれなりに粘っているのだが、勝負所で甘くなっているような気がする。 それと、「横浜キラー」を作らない事も大事です。 ただ、横浜ファンではない私の知り合いが「ここまで、接戦に持ち込めている。勝つか負けるかは別にしても。これが、夏から秋......続きを読む»

4.19 8-9 6連敗・・・ 光の射す方は?

ヤクルトにまさかの3タテ 先制されて、逆転して、逆転されて、追いついて、引き離して、また追いつかれて、12回裏にまたサヨナラ負け。 しかも、最後は飛雄馬のエラーでサヨナラになってしまったことから、去年の宮崎のよそ見や、梶谷の「ちょうちょ」に匹敵する位、本人にとっては相当なトラウマになるだろう。 守備に難ありと言われた飛雄馬だからなおさらね・・・ 打線が非常に復調している事だけは判明した。しかし......続きを読む»

4.18 0-4 5連敗… もののけ

なにをやっても上手く行かないってこういうことを言うんでしょうか? 確かにチャンスで打てないし、ピッチャーも打たれました。 それに、審判も味方に付けられませんでした。 ファンがここで言うのは簡単です。 でも、ここまで来たら技術以前の問題のような気がします。 機動力というけど、ランナーも出せない。 『多村を上げろ』と言うけど、肝心の彼は二軍でもスタメン落ち。 私は思う。今のベイスターズの選手た......続きを読む»

4.17 1-3 4連敗 テコ入れだけでなく、データの活用の仕方を変えて見ては。

これで、貯金がなくなった。もしかすると、「今まで、借金でしか生活したことがない」と揶揄されるほどの借金生活が長かったせいか、貯金生活の戦い方を知らなかったというのも痛感した。 でも、もし小川から完全試合喰らったら、その映像がいやほど今夜は目にするだろう。すると、「ああ、また横浜がやられたのか」と嘲笑されたに違いない。 それは、回避された。 最後にエラーであっても1点を取れたということは溜まったうっ......続きを読む»

4.15 0-3 連敗 金城からのきついきつい恩返し

まあ、連敗はどこでもあるのですが、あの場面で金城に打たれるとはね… 6回裏に大チャンスだったけど、あれは杉内が良かったとしか言えない。 石川がいいところに落ちて、ツーベース撃ったけど… この悔しさを次にどう生かすか。 モスコーソは100球を越えるときつくなってしまうところがあり、6回の時点でアップアップだったのは否めない。 ただ、下位打線に回るということを考えて行かせたんだろうが、1本もヒッ......続きを読む»

検証 ベイスターズ good&bad

今後、試合がない日を中心に「検証」シリーズをやってみようと思います。 さて、明日からのジャイアンツ戦は杉内と井納の投げ合いですが、雨で流れる可能性も結構高いです。 杉内キラーは何と言っても、多村とバルディリス。この2人は去年ホームランも打っており、ここに回せばチャンスはさらに広がるでしょう。 たぶん、多村を上げて、桑原は横須賀行きになると思うが・・・ ここまでのベイスターズをgoodな点と、ba......続きを読む»

4,12 2-3 サヨナラ負け 次に切り替えましょう

まあ、バルディリスの穴は大きかったです。 ただ、よく同点に追いつけた反面 延長まで持って行かれるとベイスターズからすると、きつい展開だったので今日の負けは想定内です。 これでも一回りで9勝6敗ですから、開幕ダッシュは成功しました。 三嶋は7回1失点と好投。 まあ、2試合連続でこういうピッチングだったので良しとしましょう。 吉見をもうちょっと攻略して欲しかった。 筒香がツーベース打ったけど、ホ......続きを読む»

4.11 8-6 勝利 本当に勝てて良かった・・・

もう、途中から不安で仕方なくて、radikoですら聞けませんでした。寝ちゃいました。 途中までは、本当に理想的な展開だった。1回の山口のエラーを除いては。 しかし、6回表にバルディリスが頭部死球を喰らってから、流れが大きく変わった。 (救急車、ナゴドだとどうしても筒香のあの例を思い出した人も少なくないだろう。ましてや、その時も山口先発でCBCラジオの実況が若狭アナという一致ぶりに勝手ながらさら......続きを読む»

4.10 2-6 敗戦 紙一重の判断、勝負を左右。

まあ、連勝は4でストップ。むしろ、明日の八木攻略の方が大事だと私は思うので・・・ 点差以上に紙一重だったなと。 久保は6回2失点だったので、即刻横須賀行きは回避されるはず。 開幕投手が未勝利で、8勝5敗という数字でそれ以外の先発ピッチャーが全員勝っているのも不思議ではあるんですよね・・・ そして、今日から荒波が一軍復帰で即スタメン。 山井に関しては、タイミングはほぼあってなかった。黒羽根以外は。......続きを読む»

4.9 2-1 4連勝 高崎、タナケンが時代を終わらせ、時代を変えた。

今日は、金本デ―ということで、金本が始球式に参加した。その金本は2012年10月の引退セレモニーで「DeNAになってから、チームも変わりました。しかし、監督が目立つようではいけません。目立たなくなれば、チームが強くなったという本当の証拠」と言った。 あれから2年半 ベイスターズは、選手が主役になり、序盤ではあるが単独首位に浮上。 そして、今日は「暗黒時代」にベイスターズを生き抜いた高崎健太郎、田......続きを読む»

4.8 6-1 3連勝 よく勝てたな・・・

5点差で勝ったのに、なんでこのタイトルにしたのか。 答えは、序盤のモスコーソのピッチングにある。 まあ、ストライクゾーンにボールは来ないし、黒羽根の構えた所に行かないし、見ていて「大量失点するだろうな・・・」と思っていた。 初回に1アウト満塁からのホームゲッツーを狙い通りに打たせても、2回裏も一向に良くならない。 ピッチャー陣をたくさん投入するのは、いた仕方なしと思った。だから、正直よく5回ま......続きを読む»

4.7 8-3 連勝 ロペスが流れを引き戻した。

今日は、能見と井納の投げ合い。だったのだが、2回で5点も取れたのは正直運が良かった部分もある。 1回表は1アウト1,2塁の場面で筒香がタイムリー。ただ、あれは打球の勢いが殺されたことで石川が生還できたことも否めない。 もし、打球が速ければ福留の肩を考えれば止めていて、1アウト満塁になっていたかもしれない。 2回表も飛雄馬がセンター前で黒羽根がバントかと思いきや、ゴメスがエラーしてノーアウト2塁......続きを読む»

4.5 2-1 三嶋の力投で勝利を呼び込んだ!

私は、正直不安で仕方がありませんでした。 しかし、三嶋は結果で人々を納得させました。 三嶋は、要所を締めるピッチングで8回途中1失点でハマスタでは1年7か月ぶりの勝利投手となりました。 中継ぎ陣をある程度休ませたというのも大きな点です。 打線は、打てませんでしたが、そのワンチャンスをしっかり生かしました。 杉浦はいいピッチングだったので、対策は考えなければならないです。 「打線は水もの」とは本......続きを読む»

4.4  2-6 連敗 テコ入れが早くも必要か?

ちょっと、今日は感情的になっていることをご了承ください。 本当にプロ野球は分からないもので、優勝候補と言われた巨人、広島、オリックスがなにもかも上手くいかないという展開。 それに比べれば、ベイスターズは今日負けても5割だから去年からすればかなりいいです。 打線のテコ入れは難しいが、好不調の波が激しい。 関根も活躍しているので、亀澤や福田のような起爆剤がいないのは確か。 一方、リリーフ陣はフル......続きを読む»

検証 グリエル問題

昨日はできるだけ速くブログをアップしようとしたので、12回表から先を見越して作っていました。 しかし、家の近くは雨と雷が酷い。そんな話はどうでもいいですが・・・ さて、グリエル問題  いろいろ意見があるのでしょうが、これに関しては高田GM色がはっきり出たのかなと。 高田GMはファイターズ時代から一貫して野球選手としてでなく、一人間としての成長も考える人です。 そのため、例外扱いというのはあま......続きを読む»

4.2 高崎に勝ちをつけてやりたかったけど、梶谷のサヨナラ打で3タテ

正直、マエケンと高崎のマッチメイクなので勝てればもうけものと考えていました。 しかし、彼はグスマンと野間以外は完ぺきに抑え7回93球1失点という内容でした。 ただ、投手変わってから攻略されるほうが怖いですから、啓二朗に代打を出してほしくなかったという気持ちも有りました。 出来ることなら完投させてほしかった。 打線も少ないチャンスをしっかり生かして、犠牲フライという形で点を稼ぎ、去年までのベイスタ......続きを読む»

4.1 7-4 勝利 監督の「固執」が勝負を分けるときが来るのかも・・・

人間って、本当に欲深いものでカープに久々のカード勝ち越しを果たしても、満足できないというものです。 それは、9回表の山崎康起用に疑問を持ったからです。 私は采配をどうこうというのはあまり言いたくないのですが、林や加賀の起用でも良かったのかなと。 エレラの8回起用に関しては7ウラに2点が入らないケースも考えるので、これは理解できる ちょうど1年前にハマスタで巨人と試合をしていた夜。5点差という展開......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5249755

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss