日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

月別アーカイブ :2014年10月

ベイスターズニュース 10月31日号

今日、コーチ人事と秋季キャンプ行きメンバーが発表された 一軍監督   中畑清 ヘッドコーチ 進藤達哉 打撃コーチ  大村巌、坪井智哉 投手コーチ  川村丈夫、篠原貴行 内守走コーチ 馬場敏史 外守走コーチ 小池正晃 バッテリー  新沼慎二 二軍監督   山下大輔 チーフ兼外守走二宮至 打撃コーチ  高須洋介、嶋村一輝 投手コーチ  島田直也、有働克也 内守走コーチ 万永貴司 バッテリー  山下和......続きを読む»

ドラフトから見えたベイスターズの戦略そしてDeNAベイスターズ第二章へ・・・

昨日のドラフトベイスターズは野球関連の色んなメディアで一定の評価を受けています。 ただ、こればかりは本当に活躍してみないと分かりません。 これまでベイスターズと言えば「ドラフトの戦略がない」「育成・編成が下手すぎる」 「1巡目が当たらない」と散々な評価でした。 そのため個々では当たる選手がいても「当たり年」といえるものは本当に大洋時代末期の数年くらいでした。 言いかえればマシンガン打線のほとんどは......続きを読む»

ベイスターズ ドラフト分析

ドラフトで指名された選手を書き連ね 個人的願望を書きます ただ、くじ引きは今回も当たらず… 次回から池田社長にお願いできないでしょうか? 当てれば社長グッズは売れに売れますよ。 ファイターズで似たような事はありましたからね。 今回の指名選手  1位 山崎康晃 投手 亜細亜大学 右右 2位 石田健大 投手 法政大学  左左 3位 倉本寿彦 内野 日本新薬  右左 4位 福地元春 投手 三菱日立  ......続きを読む»

ベイスターズニュース 10月21日号

グリエル残留熱望  サンスポや日刊スポーツでの報道では「僕がもし選べるならばDeNAに戻る。選手も通訳もファンも非常によくしてくれた」  とのことで、野球協会会長に直訴したとのこと  ただ、「来年は日本に派遣する選手を増やす」ということも明言するので、外国人枠の問題が本格化しそうだ 2、荒波またケガ   また右ふくらはぎをやっちゃって、奄美行きは流れてしまったようだ   肩はいいかもしれな......続きを読む»

ベイスターズに必要なもの

今日はTBSのS1に元ベイスターズの高森が出演していた。 同期は梶谷である。 彼は戦力外でベイスターズを退団して社会人野球に入り 現場主義のスポーツライターとして活動しているようだ。 こうやって見ると人の人生て分からないなと思いつつ、プロ野球や芸能界は特殊な世界かなと悟る自分もいる。 でも、徳島インディゴソックスの入野 なかなかの逸材と見た。「第二の又吉」にならんかな? 監督はベイスターズOBや......続きを読む»

FA補強を考える

パ・リーグの3球団は既に来季の陣容が決まり、楽天やソフトバンクも組閣が決まるのも時間の問題でしょう。 それが終わると、FAそして新外国人さらにはトライアウトもあります。 ベイスターズは新外国人の獲得はないでしょう。 というより、ジーモやグリエル以上の素材を探すのは難しい。 でも、目玉はFA 今年はかなりの数するのでは?と見るがどうなんでしょう。 一方人的補償もポイントになります。 久保は大活躍......続きを読む»

超ハードな奄美キャンプ

中畑監督は「奄美殺人キャンプ」とか言っていますが まあ本心は死に物狂いでやれと言いたいんでしょう。 やっぱ猛練習は必要です。 今のベイスターズでは全てにおいて。 ケガは最悪シーズンオフで治せばいいと思うので。 ただ、注文をつけるとしたら2点 1点目は意識付け 練習にプラスアルファ個々の意識付けが大事となってくる。 それができないとなると 「練習のための練習」になりかねない。 意識付けしてもなか......続きを読む»

多村、金城残留

いいニュースですね。 多村はちょいとケガが多いのは不安ですが 今シーズンは巨人戦よく打って特に杉内キラーという印象がありました。 金城はすこし打撃が不振かなと思います。 多村はスターナイトでのホームラン 金城はオリックス平野からのサヨナラタイムリーが印象的でした。 来年はレギュラーというのは難しくなるかもしれませんが、貴重なベテランとして 活躍してもらえたらなと。 三浦も含め、この3人はいい形で......続きを読む»

ネガティブキャンペーン

タイトルの言葉は政治の世界でよく使われるもの 意味は「相手の欠点を指摘して、評判を落としそして自分に利益が帰ってくること」だ アメリカ大統領選でよく使われて現在では、政治以外のでもこの言葉が使われる。 カナロコの「中畑政権検証」という名の批判報道がそのように・・・ しかし、このカナロコの報道が批判される遠因には地域とスポーツマスコミとのこれまでの関係性と正反対だからか。 例えば、カープなら中国新......続きを読む»

伸び悩む選手への私的対処法

クライマックスが始まり、 見ていくとどんな選手でもチョー緊張しているんだなと改めて思った。 ベイスターズは来季に向けて始動しているわけだが、「この選手がね…」と思うことはベイスターズは特に多いと思う。 私的に考えてみた。 まず言えるのは走り込み、練習はしている。 当たり前のことでも、何故伸びないか? 答えは「自信喪失」 プロに入り、凄いとばかり思って やっていけるかという不安に陥る。 そして、実......続きを読む»

ベイスターズのドラフトを考える

2週間後に迫ったドラフト 今年は大量解雇ということもあり 指名をどうするのかという考えだが、 高田GMの意向を踏まえれば6、7人というところが妥当なところか。       そして、俺なりに補強ポイントを挙げなおかつ妄想のベイスターズ理想のドラフトを展開する。 補強ポイントは左投手特に先発要員だが、 私が特に補強しなけりゃいけんと思うのは セカンド、ショート。 あとは中継ぎ要員。 キャッチャーは育......続きを読む»

石川雄洋という男

主観で語ります。ご了承を。 この男はとにかく嫌われる。 評価が低い。石川雄洋だ。 2004年のドラフトにてベイスターズに入団 2008年から出場数が増えて 2010年からは高校の先輩である鈴木尚典の背番号7を受け継ぎ 2012年チームはDeNAベイスターズと名前を変えてキャプテンとなった。 しかし、この男はレッテルがよく貼られる。 「チャンスで打てない」「三振が多い」 「顔はいいんだが…」「エ......続きを読む»

来季に向けてその5 高田GM編

シーズンオフになるとベイスターズ以外の趣味を見つけなければいけないと思いつつ見つけられない近頃 そんななか発表されるのが戦力外。 今年、ベイスターズは野球ファンそしてネット上を賑わせてしまった。 いわゆる大量解雇だ。 なかには93年の事を思い浮かべる人もいればそれとは違うと思うこともある。 ただ、共通するのは 「カラー一掃」 大洋色、TBSベイスターズ色一掃してBクラス体質を変えていこうという思い......続きを読む»

お疲れ様でした。

最終戦は勝ってよかったですね。 まあいろいろあるけど、ひとまず今シーズンお疲れ様でした。 筒香が3割乗せて 梶谷が初の盗塁王というタイトルを獲得。 まだまだ越えるべき壁はあるが 同じ88年世代のマエケンや坂本とは違いプロでも もがき苦しみ続けたけどこれでようやく 88年世代の代表的な選手としてやっと言えるようになったかな。 2人は是非侍ジャパンに選ばれて そしてキクマルコンビのようになってもらいた......続きを読む»

順位確定 まだまだ課題は多い

山田に満塁ホームラン打たれましたね 色々あるけどあれは巧く打たれたとしか言えないです。 山口は先発向きというのが何か反証で分かりました。 ただ、モスコーソもあまり今日は良くなかったです。 立ち上がりからランナーよく出すし、雄平に同点のスリーラン打たれるは満塁のピンチ作るはで5回交代は仕方ないです。 それとね、石川ね… 今シーズン散々彼ディスられたねえ。 ああいう場面で打てないから言われるのは本人......続きを読む»

来季に向けてその4 中畑政権の3年を検証する

中畑清監督なってからの3年 チームはどう変わったのかを検証する。 最大に言えることはハマスタに来るお客さんが増えたこと。 そして、2年連続最下位ではなかったこと。 一方で補強してもBクラスという声もあったが、ベイスターズの補強というのは体で例えれば大手術後のリハビリが進んでいるというまだまだな状況だ。 今シーズンを見てもまだ必要と実感した。 ジャイアンツの補強というのは肉体改造に近い。 キャン......続きを読む»

来季に向けて その3 補強編

リーグ優勝も決まったこともあり、スポーツ紙や野球ファンの話題は一斉に「戦力外」や「人事」になった。 ベイスターズも戦力外が出たようで藤江は意外だったな・・・ コバフトは丸の満塁ホームランが決定打となってしまった面は否めない。 しかしでも大ナタ振るったなあ 高田GM 12人よ  中日以上よ今のところいろんな意味でゴイスーだわ。 しかし、2か月前なら田中健二朗の名前を挙げた人もいただろうが、それを自分......続きを読む»

今シーズンは色々ありすぎたなと・・・

今日は須田が藤井のホームランから崩れた。 打線はあと1本が出なかったのが悔やまれますね。 そんななか監督の続投は決まりました。 まあ良かったです。 今シーズンは「希望と課題がはっきり見えた1年」だった 課題をしっかり検証して残りの試合、秋季キャンプ、来季に挑んでもらいたい。 そして今シーズンは私としてはなにかま「負け」が大きくシーズンを左右したように思えます。 それを検証してみます。 その1......続きを読む»

来季に向けて その2 戦力外通告編

戦力外通告 近年TBSでは「クビを宣告された男たち」が視聴率が良いこともなぜか注目度が増している。 プロ野球が地上波で放映されない時代に平均10パーセントは取るからね・・・ ヤフーの急上昇ワードやリアルタイム検索でも「戦力外」の文字が多いこと 今年もすでに10月1日16時現在で来季契約しないと言い渡された選手は45人にも上る そのなかには中日の三瀬のように「引退」というかたちで円満に終われる例もあ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:76
  • 累計のページビュー:5249661

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss