日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

クライマックス改革案。

このエントリーをはてなブックマークに追加

クライマックスシリーズが始まりますが、

近年非常に違和感を覚える面があります。

カープに限ってなんですが、

クライマックスも無料BSや全国ネット地上波の放送がありません。

一番いいのはカープ側が条件を緩和してくれることですが、

それが出来ないのならば、

日本シリーズやオールスター同様NPBに一括管理すべきです。

まず、放映権に関しては

全国一律誰でも見られるようにすべきです。

また、ローカル局には完全中継を認めてもいいかと思います。

現状、カープ以外ではこの展開が出来てます。

ネット配信や有料チャンネル主体なのは理解できますが、

クライマックスはいつも見ない他球団のファンも見る可能性は大いにあります。

なので、手頃に見られる環境を整備することが必要だと思います。

もう一つは、海外展開です。

今すぐにというのは難しいですが、

例えば今年のメジャーリーグのディビジョンシリーズのスポンサーは韓国の斗山です。

海外の企業にとっては日本の野球の魅力と宣伝効果を見込める大チャンスだと思います。

なので、外国の企業をスポンサーにすることも積極的にやってほしいです。

行く行くは、全球団の放映権を一括管理して海外にも売り込むべきですが、

まずはポストシーズンから初めてほしいところです。

収益も、日本シリーズのように半分ずつに分けなくてもいいです。

傾斜配分を採用して、ホームチームの有利さを保証することは必要です。

たとえば、ライオンズが勝ち上がって、ホークスと対戦します。

そのときの分配は、ホークス9:ライオンズ1でもいいです。

日本のプロ野球というのは、実は世界でも8位の市場規模です。

そういう展開を加速させれば、日本の野球はまだまだ発展できると思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「クライマックス改革案。」へのコメント

巨人戦に関しては、かつての名残で

チャンネルも違います。

それに、BSでも放送されます。

今年もそうでした。


二次販売に関しては、キー局にお願いすれば、ある程度は実現可能だと思います。

ないしはNHKに並列放送を認めるかです。


それか、スポンサーであるマツダが説得すると言う手もあります。



「クライマックス改革案。」へのコメント

広島の場合はある意味シンプルなんですよね。
広島地上波はローカル局に、県外はjsportsに。ダゾーンも県外のみの配信です。
財政が苦しかった時に助けてくれたところが最優先なのでそこに迷惑がかからなければ良いのです。
ただその交渉が広島球団、地元局(映像大元)、jsports(全国配信権利購入社)の三箇所と話す必要があるから面倒な訳です。
できれば広島球団主体でファイナルの時の放送基本条件を固めておいてくれればスムーズに行くのでは?と思います。手っ取り早いのはjsportsが無料放送をする、可能かどうかはわからないですが見やすくなるのは二次販売権で放送権を持つところに幾らか払って何処かが放送するって感じでしょうか。
jsportsなんかは契約欲しいんだとは思うんですが、違法配信されるよりは宣伝効果求めて無料放送でもした方が良いかと思うんですけどね。

「クライマックス改革案。」へのコメント

昔ならテレビもスポンサーついたんだろうけど、流石にそれやると放映権の押し売りが過ぎるからできないんでしょうね 有料放送にも高く売れないので。

クライマックス改革案。

何でできないかと言ったら単純な話で放映してくれるテレビ局がないからなんですが
NPBが権利を持とうとテレビ局が放映してくれないとどうにもありません

こんな記事も読みたい

阪神考察~2017年セリーグ2位に貢献した30歳たち~【野球の考察場】

ペナント回顧録 その3 炎獅子連勝 4年ぶりの2位【アナグラム的分析ラボラトリ】

叶うべき夢への道のり【兎と牛は最後の夢を見る】

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:78
  • 累計のページビュー:5251477

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss