日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CS進出が決まったベイスターズ、直後に「三浦狂騒曲」状態に陥り、熱が冷めないものです。

しかし、三浦のように花道を用意してもらって引退できるのは当然ながらごく一部。

前回の外国人編から、来季の契約はロペス以外は厳しいと書きましたが、エレラとブロードウェイ以外はし烈な競争の最中にあります。

まず、最も厳しいと思われたロマックが、二軍で9月に好成績を上げ、今日から一軍に昇格。

井納に関しては、残り試合の関係からシーズンではもう投げないという可能性が高いから、降格したと考えてよい。

山口がいつ戻るかというのもあるが・・・

大体の外国人は主力を除けば、この時期には上がってこないものです。

本当にシーズン終わるまでに、ロペス並みに打たないと、間違いなく自由契約筆頭です。

ただ、守備に関しては難しい面もあるので、それで負けたら2位は諦めざるをえないでしょうね。

ぺトリックは今のスタイルだとハマスタに不向きなのと、スタミナがないのですが、2年目が球団のオプションなので、そこがどうかというところ。

モスコーソはこちらもクビ筆頭候補でしたが、先日の阪神戦で勝利して、ギリギリで踏みとどまったものの、 1億3000万という年俸を考えれば、厳しい情勢には変わりありません。

ザガースキーは、左の中継ぎで速球派ではあるものの、テンパり癖が酷いので、こちらも厳しい情勢です。

エリアンがここにきて、一気に判断難しくしましたね。打率はそうでもないのだが、たまに打つとチームの勝利がぐっと近くなるんですよね。

ベイスターズにおいては、今年はポストシーズンもあるので、そうなるとフェニックスリーグに参加しながら戦力外というケースも複数出る可能性もあります。

ただ、処遇が難しいというのは、戦力外候補という意味合いではなく、おかれた立場が非常に微妙な位置にいるということを意味します。

その意味では黒羽根が一番当てはまります。

今シーズン、ラミレス監督に代わって一度も一軍に上がることもありませんでした。

黒羽根に関しては、配球以上にキャッチングやスローイングを問題視していたのかもしれません。

二軍には、嶺井、西森、亀井もいます。来年になれば、網谷も使われるケースは増えてくるでしょう。

そうなると、二軍でも一軍でも出場機会が今以上に減少するでしょう。

ただ、鶴岡が久保の人的補償で阪神に移籍してからは、阪神はベイスターズをカモにしています。

一度でもシーズン100試合以上出た選手ですから、鶴岡の二の舞になるのでは?という不安もあります。

今の黒羽根は、「切るも地獄、切らぬも地獄」状態です。

そして、投手では国吉と平田です。

国吉に関しては、中継ぎ投手としての才能はかなり高いと思います。

来年も須田、タナケン、三上、ヤマヤスの4人が今年のような活躍をするとは限りませんし、これにもう1枚加われば、4人の負担も減ります。

国吉にはこの4人にはない、速球で勝負できる投手です。

国吉に関してはフォアボールの多さというよりも、方向性の問題な気がします。

力を変に抜いて打たれたりする場面も二軍で先発すると多く見受けられます。

個人的には、ど真ん中めがけて適当に散らばせて行けば国吉の速球や変化球はそう打てない気がします。

そのためには、キャッチャーもずーっと真ん中にミットを構えること、プレートの踏む位置を見直すことも必要です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。

コメント失礼致します。

外国人は特に難しいですね…個人的にはポジションの層と潜在価値と補強可能性によると考えています。

まず内野手のエリアン。DeNAは圧倒的に二塁手三塁手の層が薄く、特に二塁守備においては残念ではありますがエリアン以上の選手は今いません。
そしてFA市場、外国人市場、ドラフト市場どこを見ても二三塁は枯渇しています。
エリアン以上を外から持ってこれる可能性が低い以上、年俸交渉次第ではないかと考えています。

逆に中継ぎのブロードウェイとザガースキーはどんなにいい状態でも勝ちパターンには入ってこれません。
そしてリリーフは一番補強しやすいポジションですので、現在の成績から考えると両者ともに戦力外と見ていいでしょう。
新外国人がどうしてもだめだった場合シーズン中に再度補強という選択肢もありますし。

ロマックはどうでしょう…仮にある程度の打撃を発揮したとして、問題はサード守備です。
一塁と外野しか守れないようではDeNAにおいてはあまり戦力のプラスになりません。そして一塁外野は外国人を探しやすくロマックにこだわる必要性が薄いと感じます。

先発が一番悩みどころでしょうか。モスコーソは実際に一昨年など一定の成績を残しています。減俸を飲むのであればといったところでしょうか。
ペトリックは年齢と年俸からして極端に使えないのでなければ元々切らないように思えます。

その上で補強がどう動くか。おそらくDeNAは今年度の反省を活かしある程度人数を揃えた状態でキャンプインすると思います。
ロペスが確定、仮にモスコーソ、ペトリック、エリアンが残留とすると、リリーフ2人、内野手or先発1人という形でしょうか。
この内野手は当たったら良いな程度にしか思ってません(投げやり)

こんな記事も読みたい

一発の魅力【中京地区を応援】

想定外の2連敗で、ハムにマジック6点灯、しかしまだ希望はあると思いたい【南の島からホークスを応援する】

久しぶりに澤村のことを書きたくなった【NO NAME】

ベイスたんのベイスターズ、しーえすでるやよ!!(きゃぁああああああああああああああああああああ!!!)【ベイスたんのブログやよ!】

2016年クライマックスシリーズ展望予想~「勝ち上がってくるのは、ずばり巨人?横浜?」【関東鯉人、ブログ始めました。】

ベイスターズの雰囲気問題 ~今になって98年と空気感が似てね~【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

今日のヤクルト戦は雨で中止 その影響とクライマックスシリーズへの期待【YOKOHAMA lover】

桑原は勝負強いのか?気持ちで打つ桑原について 勝負強さとは③【いろいろ所持雑感】

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:6728
  • 累計のページビュー:5163222

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss