日々戯言 ~Road to invincible Baystars~

検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM

このエントリーをはてなブックマークに追加

高田繁・・・ 巨人史上最高の黄金期であるV9時代のレギュラーであり、引退後は日ハムの監督、GM、巨人二軍監督、ヤクルト監督などを歴任して、現在は ベイスターズのGMを務めている。

ベイスターズは基本的にはGMが編成・補強の権限を一手に握っており、球団社長はどちらかと言えばファンサービスが主体業務である。 そして、監督は編成と補強には他球団ほどには口を挟めない。というより、高田GMが監督の性格を考慮してドラフト時には「かん口令」を敷くぐらいだ。

そんな高田GMにはポリシーがある。「情報を漏らさない。生え抜き選手主体のチーム構成にする。金に物を言うチーム構成をしない。」

高田GMは選手の選択が非常に優れており、昨年のオフ獲得したいと思っただろう(ベイファンからして)金子、松坂、成瀬、ミコライオ は思ったほどの活躍は出来ていない。さらに言うなら、ロペスの獲得成功、ブランコとグリエルの放出。

獲得を見送った選手、自由契約の選手があまり良いニュースを聞かないだけあって高田GMの凄さがより分かったというところだ。 また、ファームでは勝敗も大事だが一人ひとりの選手にプランが策定されている。だから、砂田支配下には慎重だった。

スポーツ紙に情報が漏れてしまうと、フロントの能力を疑われてしまうということもあるからだろう。 ただ、ちょいと前までは選手もスポーツ紙で知ったというから・・・ 余談だが、坪井コーチも日ハムに移籍する際テレビのニュースで知ったという。

補強、ドラフトに関しては非常に的確になったという声もよく聞く。

さて、本題。高田GMがトレード、外国人選手獲得、コーチの配置転換というシーズン中の3大テコ入れを実施するか。

自分の予想では、トレード40%、外国人選手と配置転換は5%。

高田GMは日ハム時代は6件、ベイスターズ時代は5件のトレードを敢行している。

これをシーズン途中だけに限定すれば、日ハム時代は3件、ベイスターズ時代は2件である。 ずっと調査はしているだろうが、他球団の事情と合致しないと思う。

あるとしても1対1でしょう。それに、トレードなら伏線が張ってあるケースが多いですが、分からない。

ベイスターズ時代は、どうしようもないチーム事情からコーコラン、グリエル、ルイーズ、クレーマーを獲得したが活躍したとは言い難い。

グリエルは活躍したけど、そのあとが・・・である。

外国人選手を獲得し、それに期待するのは当然のことだがギャンブル要素も非常に強いということを忘れてはいけない。

デニングもあればフランシスコもある。そう思いましょう。 ましてや、この時期はメジャーでもトレードは盛んではあるがウエーバー公示にならないと日本には来れない。 ただ、日本プロ野球の駐米スカウトは日本で活躍した選手がなるケースも多いのでそこは忘れないでください。

そして、配置転換。高田GM,球団の基本方針は「継続性、監督交代に依存しないチーム編成」である。

しかし、これは監督はある程度長期政権が必須だし、コーチも育てなければいけないということが前提にある。 投手コーチを変えろと言われても、二軍の有働コーチはまだコーチ1年目。島田コーチも独立リーグでは経験豊富ではあるが、NPBは一年目。 二軍でやらないといけないこともたくさんある。 学校の先生と一緒で、半年で生徒全員の性格を少しは理解できても、そんなには分かりあえない。 それを急に「一軍だ」と言われても、あまり効果は望めない。

昨年からコーチ陣の脆弱さは指摘されているので、個人的には評論活動を優先しつつ、たまに来てもらう「アドバイザー」のような役割は必要だと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

明日、甲子園で1200万円が動く【北のホークスファンの戯言】

ジャイアンツeye開設【ジャイアンツeye】

昨日の試合を簡単に振り返る 63戦目 E4-0D○【頂点めざして】

今週から仕切り直そう!【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

希望の星・砂田毅樹投手が札幌で躍動の巻、やよ!【ベイスたんのブログやよ!】

昨日も書いたけど、こういうことなんですよね【ちょっとだけ考えてみる】

一球の怖さを痛感、チーム状態は⤴︎【I ☆ YB】

交流戦最終日。10連敗を糧に変えるとき【横浜DeNAベイスターズとともに】

ブロガープロフィール

profile-iconpeoplepeople

九州在住のベイスターズファン。
球場観戦も一回だけの関根、砂田世代。



 

  • 昨日のページビュー:104
  • 累計のページビュー:5249252

(11月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 検証 トレード、外国人、配置転換動くか高田GM
  2. 2017個人的セリーグ他球団分析 
  3. ベイファン的に山口の人的補償を考える。
  4. ベイスターズ、来季の処遇が難しい選手たち。
  5. お遊び企画 「史上最強の最下位は?」
  6. FA補強を考える
  7. 検証 CS争いの行方と戦力外報道
  8. 超たられば、カープとベイスターズを分けたもの。
  9. ベイスターズ戦は中止、でも大ニュースが2つ。
  10. 2015完全主観のキープレーヤー セ・リーグ編

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss