パッツ サイクル カープ AND MORE

レギュラーシーズンは負けてもイイもんネ!と最大限の負け惜しみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

   WEEK10  31-24●  シアトルatニューイングランド

 2年前のスーパーボウルのリマッチ。それから両チームとも昨年はスーパーに駒を進めな かったが、十二分にNFLの強豪であることを証明した。そして、今シーズンも1敗と2敗 の両チーム。それは一にも二にもやはり両チームには、ブレイディとウィルソンというNF Lで5本指には入る事間違いなしのQBがいるから。そして、この試合もQBにいかに仕事 をしてもらうか、裏返せば仕事をさせないかが勝負の分かれ道となった。

 ブレイディは、サックこそ2回と少なかったが終始プレッシャーを受けていた状況。そし は結局タッチダウンパスが〝0”という結果に繋がっていると思う。    ウィルソンは、サック3回でタッチダウンパスは〝3”。ボールドウィンとのホットライ ンは開通し、カースのスピードに翻弄され、グラハムにいいところでファーストダウンに繋 げられた。新人プロサイスのランも出され、こんだけ書いてるとデフェンスがいいとこ無し と思えてくる。しかし、パッツディフェンス陣は比較的良くやっていたと思う。ウィルソン 率いるシーホークスオフェンスの勝負強さその一点。前半残り1分からの逆転タッチダウン 。スーパーボウルでの記憶が蘇ってきた。この勝負強さを、パッツは最後の最後に引きずる ことに。ラストのゴール前オフェンスに時間を気にした攻撃を展開させられたには、このウ ィルソンのダッチダウンパス“3”が重く圧し掛かっていたと思う。昔のコルツ時代のマニン グの持つ見えないプレッシャーを感じられた。

 そして、ミスもパッツに出た。ゴストコウスキーの2回のキックオフミス(特に先制した 直後のアウトオブバウンズはいただけなかった)、エデルマンのファンブル(こちらはキャ ンセラーが凄かっただけ)、結果オーライだったがサイラス君のファンブル(嫌な流れを作 って前記のエデルマンのファンブルに繋がったと勝手に思っている)、グレートなディフェ ンスと対峙した時に判明したブレイディがホーガンと息が完全には合っていない事(4試合 のサスペンションの影響を初めて垣間見た)。 ただ、負ける時はこんなもの!

 最後に忘れてはならないのが、ジェイミー・コリンズの移籍とその穴埋め。完全にディフ ェンスの穴となった。ロバーツ君では全く無理でした。フィジカルの強さに如何ともしがた いものが。ニッケルやダイムの真ん中を任せられる人材に今後の苦労しそうです。この試合 後に感じた一番の不安材料となった。

QB・・・85点。 今季初インターはやはりシーホークス戦。最後のグロンクのパスもあ           わよくば反則を、というような弱気なプレーは見たくなかった。

RB・・・100点。ブロントの3タッチダウンランも良かったが、ホワイトもいい戦力に           成長してくれた。

WR・・・75点。 シーホークス自慢のセカンダリーにやられた。結局エデルマンとアメ           ンドラだけだと辛い。

TE・・・90点。 アール・トーマスのヒットは見事。グロンクが一時離脱したのが証拠。           その間のベネットはいい仕事をしてました。また、このご両人のラン           ブロックは今シーズン通していい。

OL・・・85点。 模範代。ラストゴール前オフェンスで押し切れないのが、このチーム           の持つ正しいポテンシャルだと思う。でもよくやっている。僕は、ず           っと好感を持ってます。シアトルと同じでビックネームがあまりいな           い中での良いラインを組んでいる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

レギュラーシーズンは負けてもイイもんネ!と最大限の負け惜しみ

お疲れ様です。締まった良い試合でしたね。ビルズとの試合ではいつも悠々プレーしてるブレイディが攻めあぐねているのが印象的でした。実はビルズのディフェンスの能力自体はシーホークスとそこまで大きな差は無いと思っているのですが、点をとってもとっても返されそうという相手チームの自力というか、エリートQB特有のオーラをウィルソンに感じていたんですかね。非常に面白い観点です。

こんな記事も読みたい

KCチーフス 第4Q14点差を大逆転!ベリー、ピータースのDB陣でニュートン&パンサーズをうっちゃる!2敗死守で地区首位浮上!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

WEEK9終了後の自己流パワーランキング【パッツ サイクル カープ AND MORE】

アメリカンフットボール部・関東大学アメリカンフットボールリーグ戦対日体大トライアンファントライオン【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconpatrination

好きなスポーツは、①NFL(NEファン)②サイクルロードレース(趣味でやってもいるので)③カープ、の順で、他にも一年中何らかのスポーツを主にTV観戦している、暇人40代ジジイです。ルーキーブロガーなので、色々ブログ慣れされてる方々の様には絶対ならないでしょうけど、ボチボチやってきます。もう、ここまで読んで下さったら感謝です。
  • 昨日のページビュー:40
  • 累計のページビュー:9444

(02月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さあ、ペイトリオッツがなぜ勝てたかを考えてみよう。
  2. WEEK17終了後の自己流パワーランキング
  3. 速報スーパーボウル!テキサスでグレイトミラクルが起こった!
  4. 一人のお陰で試合がぶち壊しになるところだったの巻
  5. 史上最多9回目のスーパーボウル出場!
  6. ディビジョナルプレーオフ、とりあえず一歩前に進むことに。
  7. WEEK15終了後の自己流パワーランキング
  8. ワイルドカードプレイオフ・日曜日2試合の感想
  9. WEEK13終了後の自己流パワーランキング
  10. WEEK9終了後の自己流パワーランキング

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss